犬のツボを動画を見ながら探してみませんか?肩コリのツボ「肩井」


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、先日メルマガ上で

「犬のお灸」

について紹介したところ、早速

「今自分が寒さで体調を崩していたので、手軽な貼るタイプの、ちっちゃいお灸を買ってまずは試してみることにしました!

 

自分で試してみて、良さを実感できたら今度は犬と一緒に”棒温灸”も試してみたいです!

 

お灸についてもっと知りたいですし、ちゃんと勉強したいのでメルマガを楽しみにしています!!」

 

というレスポンスを数件頂戴しています。

 

お灸を使用する際、必ず押さえておくべき知識が

●ツボ

になります。

 

ツボは東洋医学では、全身の臓器とつながる「経絡(けいらく)」というエネルギーの流れ上にあり、それぞれ内臓とつながっていたり、ある病気の状態を反映したりする

 

「穴=ポイント」

 

と考えられています。

 

その「穴=ツボ」を狙ってお灸をすえることで、身体にとって様々な良い効果を与えられる、ということなんですね。

 

ツボの刺激法はいろいろあります。

・指圧

・鍼

・お灸

 

鍼は家庭では打てません。

 

(犬の鍼は動物病院でお願いする必要があります。ただ、現役の鍼灸師さんは結構、自分の犬に鍼打ってます、犬鍼打ったら元気になりますよ、っていう方が多いです。まあ秘密ですが・笑)

 

 

そうなると指圧かお灸になりますが、熱による刺激の効果を期待できるので、お勧めの優先順位は2つの中では「お灸」です。

 

風邪予防にツボの刺激を勧める鍼灸師の方もいらっしゃいますが

 

「お灸が無理なら、ドライヤーの熱を当てるだけでもいいよ」

 

とおっしゃいます。

 

「熱」の刺激が皮膚の中の神経や血管を刺激したり、免疫応答反応を呼び起こして、効果があるのではないか?という視点でツボの仕組みをまじめに研究しているグループもあります。

 

このあたりは、科学的な解明も楽しみに待ちたいところです。

 

というわけで、前置きが長くなりました。

 

いい機会なので、我が家のイエローラブ:ニコにモデルになってもらい、今回は初心者の方でも比較的探しやすい犬のツボ

 

●肩井(けんせい)

 

をご紹介する動画を撮りました。

 

動画は後ほどご紹介するので、まず、この

●肩井(けんせい)

というツボが、一体何に良いのか?という話をしていきますね。

 

—————————————————–

●ツボ療法は実は「全身」に作用する:肩井(けんせい)の話

—————————————————–

 

何故今回、この「肩井」を取り上ることにしたかというと、私の周りにあまりに肩こりの人が多いからです。

 

友人も、家族も、軒並み肩こりで悩んでいますし、実は

「犬も肩こりになりますよ」

というと、結構皆さんびっくりされます。

 

犬の身体の構造を良く思い出していただきたいのですが、犬の首って、地面にどちらかというと「平行」に伸びていると思いませんか?

 

地面に対して「垂直」に伸びている私たちの首とは、そもそも伸びる方向が違いますよね。

 

その平行に伸びた首の先に、重い頭が載っています。

 

犬はこの重量のある「頭部」を首の筋肉だけで支えているんですね。

 

ちょっと想像していただきたいのですが…。

 

重い荷物を運ぶとき、頭の上によいしょ、と乗っけて重さを垂直方向に逃がすのと、

 

腕を地面に平行に伸ばして、手の甲に荷物をぶら下げるのとでは、どっちが辛そうですか?

 

断然、後者だと思います。

 

人は頭の重さを垂直方向にある程度、逃がせます。

 

犬の場合は首がほぼ横に伸びているので、頭を支えるのは本当に、首の筋肉が中心です。

 

その上、普段は自分よりうんと背の高い飼い主さんを「見上げる」という姿勢を取ることが多いです。

 

そういう意味で、犬の首筋から肩にかけては、常に負荷がかかっており、凝っている、疲れている、という風に考えられています。

 

試しに犬の首をやさしく揉んでみましょう。

 

多くの犬が、

 

「ふはああわああああ、気持ちいいいいいいいい」

 

という感じで、脱力してくんにゃりした顔になりながら、うっとり首筋を揉まれるままになるはずです。

 

首から、肩、前脚にかけて「マッサージ」しても犬はかなり喜びますね。

 

ここでまず、一つ目のポイントを言います。

—————————————————–

●犬だって相当、首や肩が凝っている

—————————————————–

 

そして、その「首や肩の凝り」を解すのに良いとされている犬のツボが

●肩井(けんせい)

になります。

 

犬の前脚と肩甲骨の間にあるツボですが、

「肩こりといえば”肩井”」

というくらい有名です。

 

さらに、実際には肩こりだけでなく、目や耳、歯の痛み、頭痛など、首から上の痛みのケアにも効果的とされています。

 

全身の血行を改善する効果も期待できます。

 

「えええ、ツボってそんなに色々な使い方ができるんですか???」

 

そんな風にびっくりした方もいるかもしれませんが、実際に、ツボは様々な目的で使用されますよ。

 

以下、WHO(世界保健機構)が認めた
鍼灸療法を受けるのが適切である」として、有効性をある程度認めた疾患のリストです。

 

●消化器系疾患:胃痛、胃弱、胃酸過多、下痢、便秘

 

●神経系疾患:不安神経症、うつ病、不眠症、神経質脳卒中後遺症、自律神経失調症、偏頭痛、パーキンソン病、膀胱神経機能障害、脳血管障害後遺症

 

●眼、耳、鼻、咽喉系疾患:白内障、中耳炎、耳鳴り、歯肉炎、歯痛

 

●生殖、泌尿器系疾患:膀胱炎、尿道炎、性機能障害、腎炎、前立腺肥大

 

●婦人科系疾患:月経前症候群、不妊症、生理痛、月経不順

 

●呼吸器系疾患:気管支炎、喘息、風邪および予防、扁桃炎

 

●その他:薬物中毒のコントロール、更年期障害、術後痛、逆子の治療、血圧コントロール、外傷の後遺症、免疫システムの調整、ストレスの緩和

 

 

人間の疾患リストですが、犬も同様に患う病気がたくさんあります。

 

こうした病気のケアに、病院の治療と並行して「ツボ」「お灸」が有効である、という風に考えられているんですね。

 

こんな風に色々と使える「ツボ」。

 

まずは身近なツボについて知って頂こうと考え、今回は、犬、ヒト共に使いやすい肩こりのツボ

●肩井(けんせい)

をご紹介した次第です。

 

犬の場合の探し方は、さっき動画を撮影しましたので、こちらを参考にしてください。

(位置の確認だけなので、かなりざっくりした動画です)

●犬のツボ:肩井

 

飼い主さんの「肩井」の探し方は「せんねん灸」さんで公開されている動画が、分かりやすいです。

併せてご紹介しておきますね。

●ツボ肩井(けんせい)|せんねん灸公式
https://youtu.be/WXY35fRyEeQ

 

こんな風に、まずは「ツボ探し」に慣れることが、お灸のスタートラインです。

 

お灸は本当に、犬の身体にとって良いものです。

 

ツボの周りには血管や神経が集まっていることが知られています。

 

温熱の刺激で、神経が刺激されたり、血行が促進されることで、痛みが和らいだり、体の不快な症状が緩和されるケースがたくさんあります。

 

そんな「お灸」による、自宅での健康管理とセルフケア。

 

ぜひあなたの愛犬にやってあげたい!と思いませんか?

 

そこで次号のメールでは

 

●シニア犬のアンチエイジングケア

●元気な犬の健康増進

 

に使えるツボをご紹介しようと思います。

 

そこに、どのようにお灸を当てるか?という方法も併せてご紹介する予定です。

ぜひ楽しみにしていてくださいね。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。