あなた自身が愛犬専属の「中医学アドバイザー」になれれば最高


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、前回のメールでは私たち人間や犬が病気になる原因について

————————————————–

●気・血・水が滞っているから=巡りが悪いから!

————————————————–

という、シンプルな理論で中医学は考えている、という風にお話しししました。

 

では、実際に犬にお灸を施すとどうなるのか?

 

何故お灸は効くのか?

 

以下は、中医学でお灸、または指圧によるツボの刺激がもたらすと考えられている項目です:

——————————————————————

●体のバランスを調整し、体調を整える

●自律神経の緊張関係を解きほぐし、ストレスケアに効果を発揮する

●血液循環を良くし、臓器の働きを良くする

●代謝を促し、体の老化を遅らせる効果が期待できる

——————————————————————

 

うーん、実際どういうこと?

 

そう思う方も多いと思うので私が運営する

 

●愛犬のお灸と指圧を学ぶオンライン講座:「免疫力UP」編

 

を受講された、Kさんの事例を今日はご紹介しますね。

—————————————————————-

●当講座を受講したきっかけをお聞かせ願えますか?

「まだ発病していない小さな体調不良=未病も治すのが、東洋医学、というところに、まず惹かれました。

 

愛犬が未病の状態では?と感じるたびに、自宅で食事を工夫したり、アロマやマッサージでストレスケアをするように心がけていました。

 

犬のツボについては以前から興味があり、でも実際、自分にちゃんと理解できるかどうか?が、多少不安だったのですが、諸橋さんのメルマガで以前から犬のツボマッサージやお灸の動画をたびたび拝見していたので、これなら自分でもしっかり理解できるかも?と思い、受講を決めました」

 

 

—————————————————————-

●実際に受講してみていかがでしたか?

 

「我が家の愛犬は比較的お腹が弱く、食事の内容が少し変わると下痢をしたり、あとはストレスにも弱く、すぐに胃腸に影響が出るのが悩みでした。

 

 

東洋医学を学ぶと、胃腸はストレスとの関係が深く、影響を受けやすい、と知り納得です。

 

今迄は食事の内容を変えることに必死でしたが、今ではうちの犬にとってのストレスは何だろう?と考え、それをケアするような目的でツボを選び、お灸、指圧と日によって使い分けています。

 

お灸を始めてから、下痢の回数が少しずつ減ってきて、受講開始から半年経った現在、ほとんど下痢をしなくなりました。

 

折角食事をしても、下痢だとちゃんと栄養を摂れていないのでは?と、心配だったのでこれはとても嬉しかったです。

 

まだ我が家の犬は若いのですが、体力がある今のうちだからこそ、できることを全部やって、元気で過ごせる時間を長く撮ってあげられるようにしたいです。

 

お灸は犬も心地よいみたいで、背中のツボにじんわりとぽかぽか棒温灸をされるのがお気に入りみたいです。

 

その様子を見ていると、私も笑顔になれるのが、お灸のいいところですね」

—————————————————————-

 

いかがでしょうか?

 

中医学の面白ところは、下痢などの消化器系の問題を、

 

・消化器だけの問題

 

捉えないことです。

 

思い悩むくよくよした感情は胃腸に、怒りやストレスは肝臓に影響し、それぞれ食欲を無くしたり、下痢などにつながると考えるのが中医学の特徴です。

 

実際に、Kさんは愛犬の下痢に特に悩んでおられたため、食事についてはこれまで、相当の工夫をされています。

 

 

それでもなかなか改善しなかった下痢が「ストレス」という視点で考えることにより、そこに焦点を当てたツボ選びとお灸・指圧というケアにつながりました。

 

特にKさんの場合、ストレスケアにもなり、胃腸とのつながりが密接な、「あるツボ」を重点的にお灸で温めるようにしたところ、愛犬のお腹の状態の改善を実感できた、とのことです。

 

こんな風に、

 

●犬の心と体に、丁寧に向き合う

●不調の原因を、精神状態まで含めた”身体全体で考える”

●その上で、愛犬にとって「最適」なツボを飼い主さんご自信が選び、お灸する

 

という風に、完全にあなたの愛犬に合わせた

 

「オーダーメイドのホームケア」

 

ができるところが、中医学の「お灸・ツボ療法」の良さです。

 

犬は1匹1匹違います。

 

いくら本に

「こういう症状には、このツボを!」

と書かれていたとしても、根本の原因に目を向けないことには、そのツボは、あなたの愛犬には効かないかもしれないのです。

 

あなたの愛犬を一番よく知ってるのは、飼い主であるあなた自身です。

 

飼い主さんが犬を良く観察し、

 

・性格

・生活環境

・体質

・何が苦手?

・逆に、何が好き?

 

というところまでしっかり把握する。

 

その上で、飼い主さんが犬の小さな不調をみつけて、早めに手当てする。

 

まさに、

 

「上工治未病、上工治已病」

 

「並の医者は既に発病した病気を治す。それに比べて名医は、病気になる前に治すので発病すらさせない」

 

飼い主さんが、愛犬にとっての「家庭の専属名医」のような存在になれたら最高だと思いませんか?

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。