久々に犬のアロマの話をするよ。自然はちっとも優しくないよ。


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、最近アロマ関連の電子書籍請求が増えてきているのと

 

「アロマのお話が聞きたいです。犬にアロマが使えると聞いて、ぜひやってみようと思っています」

 

というリクエストが増えてきました。

 

なので今日から、アロマセラピーの話をしていきますね。

 

まず私自身が犬のアロマセラピーをお勧めする理由を書きます。

 

私自身はもともと、手作り石鹸作っていました。

 

その香りづけに、アロマセラピーを使えないかな?と軽い気持ちで始めたのがきっかけです。

 

ただ、やるならとことん追求したい、という性格なのと、アロマセラピーは植物由来の香り成分を使うとはいえ

 

「安全に使用するにはどうしたらいいか?」

 

という知識はしっかり持った上で使いたいな、と考えていました。

 

なので、アロマを使い始めると同時に、プロフェッショナルなアロマ資格の勉強も始めることにしました。

 

そして取得したのが、

 

●アロマテラピーインストラクター

 

という資格です。

 

以下、資格認定機関である公益社団法人 日本アロマ環境協会のサイトより引用します。

—————————————-

アロマテラピーインストラクターとは

アロマテラピー教育のスペシャリストとして、安全なアロマテラピーの実践方法を一般の方に教授できる能力を認定する資格です。

精油の専門知識に加え、健康学や解剖生理学、メンタルヘルスなどに関する知識を習得し、アロマテラピーの健康維持への役立て方や幅広い利用法を指導できる専門人材です。

https://www.aromakankyo.or.jp/licences/instructor/

—————————————-

 

はい、ここでも書かれていますが、アロマセラピーって

 

「健康維持に役立てる」

 

という目的が掲げられています。

 

世間一般では、アロマテラピーと聞くと、どちらかというと

・美容

とか

・リラクゼーション

とか、そういうイメージで捉えられることが多いです。

 

でも実際は

 

「健康維持に役立てる」

 

という側面が大きい。

 

アロマの電子書籍を請求したのがきっかけで、このメルマガが届くようになりました、という方の多くは

 

「できれば犬の健康維持に、アロマセラピーというものを積極的に役立ててみたいなあ」

 

とお考えなのではないでしょうか?

 

私自身も、アロマについて勉強を進めるうちに

 

「あれ、アロマって美肌とかスキンケアとかどういうのだと思ってたけど、抗菌作用とかあるの…へ?殺菌作用まで??

 

血行促進作用のある成分とか、鎮痛作用とか…へー、がん患者さんの痛みの緩和ケアで、アロマを使えないかって真面目に研究している人たちもいるんだ」

 

などなど、アロマセラピーの応用範囲の広さと、精油の持つ成分の「多様さ」にどんどん引き込まれました。

 

と、同時にアロマセラピーの精油成分は、様々な「薬理作用」を持つと同時に、それは適切で正しい使い方をしないと

 

●皮膚トラブルや不快な症状など

 

望ましくない結果をもたらすことを学びました。

 

まあ、そりゃそうだよね。

 

どんなに良いものだって、使い方を間違えれば害になることもあるさ。

 

ただ、この「アロマセラピーの正しい使い方」や「安全に関する基礎知識」というのは、専門的にアロマセラピーを学ぼう、というのでない限り

 

(例えば、私のようにアロマの専門家を目指して資格試験勉強をするとか言う場合を除き)

 

一般のアロマを楽しもう!というユーザーさんには、なかなかこの

 

「アロマも使い方を間違えると、害になることもあるよ!」

 

という情報が伝わりにくい。

 

さらに言うと、人間向けのアロマの書籍やスクールはたくさんありますが

 

「じゃあ、動物に向けて使用する場合の注意や禁忌は?」

 

となると、全然情報がない!

 

ちなみに動物には

 

●使用しない方が良い禁忌のアロマ精油

 

っていうのも存在します。

 

そういうのはたいてい、人間も条件付きでの使用とか、ごく少量にしてくださいとか、あんまり使わない方がいいですとか

(だったらそもそも、なぜそういう精油が作られて市販されているんだよ!という突っ込みはさておき)

刺激が強い成分を含むものが多いです。

 

ただ、みんなそもそも「アロマにだって禁忌がある」っていう事すら知らないことも多い。

 

これって問題なのでは?

 

まして、人間より体の小さな「犬」に使う場合、アロマの良いところ、正しい使い方を知るのは大前提として

 

「こういう精油は使用しない方がいいですよ」

 

という禁忌や安全情報についても、しっかり学んで使用するべきでは?

 

犬のアロマセラピー、というものに興味を持ち、実践するにあたってまず私が強く感じたのはこのポイントです。

 

アロマセラピーは確かに素晴らしいものです。

 

犬のストレスケアや興奮をなだめる、といった精神への働きかけを始め、マッサージとの併用で血行促進も可能ですし、こうしたケアは特にシニアの犬の生活の質を上げるのに役立ちます。

 

殺菌作用のある精油で、犬の身体ふき取り用ミストを自作することもできます。

 

虫よけ作用のある精油を使えば、ダニよけ、蚊よけ、ノミよけのケアも可能です。

 

良い香りにつつまれて、害虫を遠ざけられるのであれば、これに越したことはないと思います。

 

ただ、相手は犬です。

 

アロマが安全で正しい使い方をされないと、犬が健康上のトラブルに見舞われることだってあるのです。

 

犬は不快でも言葉で訴えられません。

 

なので、もし正しい使い方をされないアロマケアで、嫌な思いをしても、ひたすら飼い主が気が付くまで我慢するしかない。

 

それってどうなの?ということです。

 

よく

 

「アロマって100%植物由来の精油でやるんでしょ?だったら自然のものだし、安全なんでしょ?」

 

ということを言われますが、答えは完全に

 

「NO」

 

 

ドクツルタケ、という毒キノコがあります。

 

見た目は真っ白で、とても美しいキノコです。

 

一見、純白のセーラー服を着た美少女みたいな感じです。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/kinoko/dokutsur.html

 

でも、このドクツルタケ。

 

誤って食べるとたった1本で死に至ります。

 

「猛毒キノコ御三家」のひとつ。

 

英名「デストロイングエンジェル(破壊の天使)」

 

ドクツルタケは100%天然の、自然の産物です。

 

その毒素も100%自然由来です。

 

さて、ここでお聞きします。

 

「それでも自然はやさしくて、100%安全だと言えるでしょうか?」

 

自然は全然やさしくないです。

 

時と場合によってはむき出しの敵意と牙で、私たち人間に襲い掛かって来るのが自然本来の姿です。

 

ただ、自然の中にも恩恵はあります。

 

適切な量を、正しい方法で使うことによって、自然の刃を私たちではなく、他の雑菌やウィルスなどに向けることができます。

 

そうすると、自然の刃は、私たちを守る盾にもなる。

 

アロマセラピーはそういうものだと、今日は理解してください。

 

ちょっと脅かしすぎかな?と書いていて思わなくはないですが、アロマセラピーは、植物由来の成分をたっぷり濃縮した

 

「精油」

 

を相手にするホームケアです。

 

これはそのまま、自然界では通常ありえないくらいの、濃さのものを使用することを意味します。

 

なので、その精油をお気楽なリラゼーション気分だけで使うと、時々痛い目を見ます(めったにありませんが)。

 

折角の健康増進に役立つアロマセラピーです。

 

その内側にはらむ「危険」についても正しく知り、動物への禁忌も知り、安全で楽しく犬に使いましょう、という話です。

 

実は当初、私の場合、この「犬に安全に使用するための知識」にアクセスするのに、かなり苦労しました。

 

勉強をスタートした当時、そういう情報が圧倒的に少なかったからです。

 

だからこそ、犬のアロマセラピーを始めて12年(!)の経験の蓄積と、基礎知識を、必要としている飼い主さんと犬にはしっかり届けたい。

 

そのために、今日から数回に分けて、必要とされている方のために、このメルマガを配信していこうと思う次第です。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。