犬の漢方薬:引き続き「証」の話


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

今日は犬の漢方薬を選ぶ際に外せない「証(しょう)」の話の続き。

 

———————————————-

●漢方薬は「病名」というより「体の状態」で薬を決める

———————————————-

 

病名から逆引きで漢方薬の種類が決まるケースだってもちろんあります。

 

でも、基本はやはり漢方薬は「体の状態」に合わせて処方されます。

 

なので、同じ病名なのに人や犬によって処方される漢方薬が違います、ということや逆に、違う病名なのに同じ漢方薬が処方されたけどなんで?ということが起こってくる。

 

これは何故か?というと、漢方薬は

 

「体の不調を整えて、正常な状態に近づける」

 

という目的で処方されるからです。

 

そういう意味では、高齢者の皮膚の乾燥、かゆみに処方される「八味地黄丸」という漢方薬は同じく高齢者で手足の冷えがあり、夜間の頻尿に悩んでいるケースにも用いられます。

 

これは、2つの異なる症状が

 

●陰(寒)証

 

●虚証

 

●腎虚

 

という3つの同じ原因に由来する不調と考えるからです。

 

ちなみに八味地黄丸はシニア犬によく使用される処方でもあります。

 

今、さらっと「寒証」「虚証」「腎虚」という風に言いましたが、これがいわゆる

 

●証

 

とか

 

●五臓六腑弁証

 

などと呼ばれるものです。

 

うーん、こうして書いていても漢字が多くて、きっと初心者の方にはとっつきにくいですよね。

 

でもまあ、どんなジャンルにも多少の専門用語はつきものです。

 

「専門用語を多用するなんて不親切で説明する側の自己満足!けしからん!」

 

という世の中の風潮もあるみたいですが、ある特定の分野の説明をする際には、やはりその分野で使用されている用語にある程度「慣れる」必要がある、と個人的には考えています。

 

だって、やっぱり「証」は「証」としか言いようがないし、「五臓六腑弁証」は「五臓六腑弁証」なんですよね。

 

というわけで、こうした用語は用語で漢方薬を学ぶ上では避けて通れないので、興味があってこれから犬のための漢方を学びたい、という方はちょっとずつでも良いので用語になれていってください。

 

反復して目にすると、言葉は慣れるものですし、メルマガや、あと近日募集予定の有料講座の方では用語の意味については可能な限りわかりやすく解説をする予定です。

 

あと、わかりのくいなあ、と思う言葉はその言葉が「何で構成されているか?」を考えてパーツに分解してみると案外わかりやすい、ということがあります。

 

例えば、犬や人の「体の状態を把握する」ための「証」は初心者の方であれば以下の4つのパーツに分解するとわかりやすい。

—————-

●陰(寒)証

●陽(熱)証

●虚証

●実証

—————-

 

とりあえず4つのパーツで「証」というものを考えてみる。

 

犬の漢方初心者の方にはこの考え方がおすすめです。

 

ではこの4つのパーツの意味するところは一体何なのか?

 

次号のメールでまた引き続きお話ししていきますね。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。