あなたの手作り食の「不安の種」を摘もう


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日は

 

「自由に犬の食事を作って、バリエーションも増やしながら楽しむ!」

 

ために必須な

 

●3つの知識

 

をどう手に入れるか?についてお話ししますね。

 

と言うのは、私自身過去、犬の手作り食に関する講座を開催した際に、参加される方の動機の中で最も多かったのが

 

「手作り食は自己流なんで自信がないんです!!」

 

と言うもの。

 

「もう手作り食を10年続けています、犬も健康です…」

 

「え、だったら問題ないのでは?」

 

と言うやりとりを何百回やったかわかりません(笑)

 

手作り食は難しい勉強抜きでも、初心者の方でも手軽に始められる楽しいものです。

 

私たちは(特に主婦の方は!)毎日、自分や家族のためにご飯を作りますが、別に調理師の専門学校に通っていた!と言うわけではありませんよね?

 

中には通っていた!と言う方もいるかもしれませんが、それは飲食店に勤務したいとか、将来自分のお店を開きたいとか、いわゆる「プロ」志望の方が、相当の目的を持って通うところです。

 

一方で、調理師の専門学校に通わなくても家族のためにご飯は作れますし、それを食べて、多くの場合健康に、何事もなく穏やかに過ごせています。

 

ところがこれが、こと

 

「犬が相手」

 

となると、

 

「本当に今の手作りご飯でいいのか!?」

 

と心配がむくむくと頭をもたげてくる方が多いです。

 

理由は2つ。

 

「犬と人間は違う動物だから、人間の、しかも素人である私が考えて作った食事で本当にあっているのか?」

 

「犬は食事のせいで体調悪くなっても、言葉で訴えることができないから、間違った食事法で犬が病気になったらどうしよう!!!!」

 

いやいやいや、よっぽど偏った食事をしない限り、犬はご飯が原因で病気になったりしませんよ。

 

今までやってきて問題なければ大丈夫、そのまま続けていって問題ないでしょう。

 

そう言われても、一度頭に浮かんだ不安は、なかなか頑固にこびりついて消えません。

 

真っ白なシャツの醤油やソースのシミを一度つけてしまうと、なかなか漂白してもスッキリ落ちないのに似ています。

 

一度浮かんだ不安はしつこいです。

 

周りがいくら「それは心配しなくてもいいから」と言っても、本人が納得的なければ、それはずっと不安として残ります。

 

そんな経験、今メールを読みのあなたはしたことがありませんか?

 

…。

 

で、話は最初に戻るわけですが、そう言う不安とは無縁になり、なおかつ「犬のご飯作り」を自由に楽しむためには、この3つの基本を押さえておくといいですよ、と言う項目があります。

 

これを知ることで、間違って犬の健康を害するような食事を与えることは避けられますし、それにプラスして、「より体に良い食事」と言う風に、食事を積極的に、健康増進に役立てることができるようになります。

 

じゃあその3つの知識って何?ですが、それが昨日ご紹介した

 

——————————–

 

・犬に食べさせてはいけないもの

 

・犬におすすめでない調理法

 

・栄養についての基本的な知識と情報

 

——————————–

 

です。

 

まず、犬に食べさせてはいけないものですが、代表的なのは、

 

●ネギ類(玉ねぎ、長ねぎ、ニラなど)

→ 溶血を引き起こす物質を含んでいるのでNG。加熱してもこの成分は消えない。ネギの含まれた煮汁でも中毒が起こるケースもあり。

 

●チョコレート

→ 中に含まれる「テオブロミン」による中毒。嘔吐、下痢、死亡例もあるので注意。

 

●鳥の骨

→ 噛んで割けると鋭利なキリのようになり、犬の口の中や消火器を傷つける。

 

ですね。

 

市販の手作り食本には、必ず「犬に食べさせてはいけないものリスト」が載っていますのでそちらを参考にするのがおすすめです。

比較的よく売れていて、人気があり、わかりやすい書籍はこちらです:

●かんたん!手づくり犬ごはん ワンちゃんがよろこぶ健康&体質改善レシピ

まずはここで、最低限「これは犬に食べさせてはいけないんだな」と言う知識を身につけておくと安心です。

 

ポイントとしては、ただ「これは食べていい、これはダメ」とリストを暗記するのではなく

 

「この食べ物は、こう言う理由で犬にダメなんだな」

 

と、必ず「理由とセット」で覚えることが大事。

 

理由を押さえておくと、安心できますからね。

 

と言うわけで、

 

「犬のご飯はもっと自由にやりたい」

 

「でも、自由にやった結果、犬が間違った食事で病気になるのが怖い!」

 

(まあ食事だけが理由で犬が病気になるって言うのは、よほどの特殊事情でない限り、ありえないので大丈夫なんですが)

 

と言う方は、まず「食べさせてはいけないもの」をしっかり把握してくださいね、ということです。

 

いかがでしょうか?

 

ちょっとは安心できる気がしませんか?

 

次号のメールでは、残りの2つ:

 

——————————–

・犬におすすめでない調理法

・栄養についての基本的な知識と情報

——————————–

 

をどうやって身につけるか?の話をします。

是非楽しみにしていてください。

 

Office Guri 諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。