その犬の手作り食、栄養バランス取れてる?に、どう答えるか


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日は「犬の手作り食をもっと楽しむために必要な知識」の話。

 

最終回になります。

——————————–

・栄養についての基本的な知識と情報

——————————–

 

犬の手作り食を続けていく上で、なくてもやってはいけますが、あった方が絶対良いですね、というのが

 

●犬の食事の栄養学の知識

 

です。

 

というのは、自己流で手作り食を続けていく方達の多くが、いくつかのタイミングで

 

「私の手作り食は結構長く続けているし、犬も喜んで食べるけど、栄養バランスがそもそも取れているんだろうか?」

 

という悩みに直面します。

 

この不安を感じる理由ですが、このメルマガでも過去、何回か書いていますが

 

「完全栄養食品と考えられるドッグフード」

 

の存在が大きいです。

 

犬といえばドッグフード!というくらい、犬はフードで育てるもの、というのが世の中の大多数であり、そういう中で

 

「え、犬にご飯を作っているなんて珍しいね!ちゃんと栄養バランスとか取れているんだよね!?」

 

と、この2つの反応を

——————————————–

●珍しい → あなたのやってることはマイノリティだよ!

 

●栄養バランスちゃんと取れているんだよね!? 

→ 変わったことやっている以上、ドッグフード同様、完璧なバランスでやってるんでしょ?

——————————————–

 

と、セットで返されることが多いです。

 

まあ、ある意味重圧を含んだ反応ですよね。

 

ちなみに、家で家族(人)のご飯を手作りしています、と言っても、それは別に珍しくもなんともないので

 

「あっそ(だから?)」

 

という反応しか、普通返ってきません。

 

逆に、インスタントなどの加工食品中心です、といいえば

 

「はあ?!なにそれ、ちゃんと栄養バランス考えているの?子供がかわいそうじゃん!」

 

的な反応が返ってくるのは、ほぼまちがいありません。

 

犬の場合は、加工食品(ドッグフード)だと良くて、手作り食は珍しがられる(怪訝な顔をされることもある)。

 

人の場合は自宅でお母さんの愛情手作りご飯が良くて、レトルトや冷凍などの加工食品中心だというと悪い親だとレッテルを貼られる。

 

犬と人、真逆じゃん…その理由は、どちらの食事が多数派で、自分の採用している食事法は
多数派なのか、少数派に属するのか?

 

ただ、それだけ。

 

結局、批判されたり、怪訝な顔をされるのって、少数派か多数派か?ただそれだけのポイントだったりします。

 

話が少し広がってきたのでまとめますが、言ってしまうと

 

・手作り食

VS

・ペットフード

 

 

・お母さんの手作り愛情ご飯
(私は個人的にはこの言い方は嫌いですが、世の中の通りが良いので採用しています。今はお父さんも料理する時代ですからねー)

VS

・レトルトやインスタントなどの加工食品

 

 

と、それぞれを「対立関係」で見るから、肝心なことがなにも見えてこないんです。

 

手作り食には手作り色の良さがある。

(色々な食材を偏りなく食べることが、栄養の偏りを避ける、という最大のリスクの回避手段につながります)

 

 

一方で、ペットフードには犬に必要と考えられているエネルギーと栄養素をコンパクトに詰め込んだ食品なので、量を計って食べさせるだけでOKという便利さがあります。

 

フードの原材料について色々えぐいことを言う人もいますが、ああいうのはかなり多くのデマも含まれているので全面的に信じるのはおすすめではありません。

それであれば、原材料のラベルの見方をマスターして、自分で客観的にフードを評価できるようになる方が断然おすすめですね)

 

 

お母さんの手作り愛情ご飯も、精神的な満足を食べる側が得られるとか、作っている側も満足できる、という点では評価されるべき点があると個人的には思います。

 

但し、お母さんが作った、と栄養学的に優れているかどうか?はまた別の話。それは材料の選び方とか、調理法に左右される事柄です。作り手が誰か?はぶっちゃけあまり関係ないですね)

 

レトルトやインスタント食品も、昔は体に悪い、みたいなイメージを持たれていることが多かったですが、現在は味も質も格段に進化、その上便利!なので仕事をする人の食事の強い味方です。

 

(加工食品だからと言って、栄養学的に劣っているとかそういうのはありません。要は使い手の使い方の問題

 

どの食事法を選ぶか?と問われれば、どの食事法でもいいのです。

 

大事なのは、食事法そのものではなく「中身」の問題。

 

 

どういう種類の食品を、どのくらい食べて、それは結局、あなたの犬の活動に必要なエネルギーを満たし、体の機能を維持するのに十分な栄養素をちゃんと含んでいますか?

 

 

食事で大切なポイントって、結局のところ、これにつきると私自身は考えていますが、今メールをお読みのあなたご自身はどう考えますか?

 

手作り食をある程度続けている方で、慣れてきたしバリエーションも増やしたいけれど、レシピ本から外れると、栄養バランス崩れちゃうかも?と悩んでいる方。

 

そもそも、私の自己流の手作り食で、本当に犬の健康に良いんだろうか?と疑問を感じている方。

 

自己流でOKだし、周りに手作り食の人が少なくても大丈夫です。

 

今にご飯で犬が元気で暮らしているのであれば、その食事は間違っていません。

 

ただ、そうは言われてもどうしても「栄養バランス」については気になってしまう、という場合は、栄養学の基礎知識を身につけるのがおすすめです。

 

栄養について悩むのは、原因は究極のところ一つです。

 

それは栄養について、ただ単純に「知らないから」。たったそれだけ。

 

なので、栄養について知れば、犬の手作り食、本当にこれでいいのか?の悩みはまず解決しますし、そもそも栄養についての理解が深まると、それを生かして犬の健康管理に最大限に活かせます。

 

次号のメールでは、「犬の栄養学」を身につけると、どんなメリットがあるのか?について具体的に紹介していく予定です。

 

是非楽しみにしていてくださいね。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。