我が家の犬のベストな食事、それは 「楽しむ」こと:あゆみさんのストーリー(3)


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、これまで2回に渡ってご紹介してきた

 

「なかなか体重が増えない愛犬の食事について、外野からとやかく言われすぎて嫌気がさし、基本に立ち返って、本当に我が家の愛犬にとって良い食事とは?を冷静に考えてみよう」

 

と決めた、あゆみさんのストーリー。

 

 

 

●うちの犬は可哀想なんかじゃない!あゆみさんのストーリー(1)
https://www.officeguri.com/archives/7734

 

 

●うちの犬にとって、本当に良い食事って?あゆみさんのストーリー(2)
https://www.officeguri.com/archives/7736

 

今日はいよいよ最終回です。

 

無責任な情報をあれこれ押し付けてくる友人知人とは、一旦距離を置き、冷静に

 

「犬の食事と健康について」

 

一度考えてみる、と決めたあゆみさんは、その後どのように考え、何を実行したのでしょうか?

 

——————————————-

●我が家がたどり着いたベストな食事、それは

「楽しむ」こと。

——————————————-

 

「我が家の犬がガリガリに痩せて太れないのは、ストレスが原因ではないか?と獣医師の先生には言われていました。

 

既にお話しした通り、我が家の愛犬は飼育放棄されていた元保護犬です。

 

どのくらいの期間、そのような扱いを受けていたかははっきりしないのですが、その時受けた精神的、肉体的苦痛というのは、長く犬の心に影を落とします。

 

特に精神的な影響は、そう簡単に回復するものではない、ということに思い至りました。

 

そりゃそうですよね。

 

食事も満足に与えられない、ケージに閉じ込められたまま、時には暴力も振るわれていた形跡のある我が家の犬。

 

いくら環境が変わり、我が家ではもう食事も十分に与えられるし、自由に歩き回って良い、となっても犬側にして見れば、言葉で事情を説明しても分かるはずがありません。

うちに来たからといってすぐに、もう安心していいんだよ、と言っても、それを犬に理解してもらうためには、当たり前ですが時間がかかります。

 

犬はストレスがかかると、胃腸が早く食べ物を通過させてしまい一見、健康そうに見えても栄養をちゃんと吸収できず、痩せてしまうことがあるよ、と動物病院でも言われました。

 

胃腸には特に病気があるわけではないし、犬が私との信頼関係を時間をかけて作り、心から安心できるようになれば、体重が増えない、という、問題も好転するかもしれない。

 

それであれば、私の責任は重大!がんばらなくちゃ!と思えました」

 

 

 

「思えば、私自身が、周りからあれこれ言われすぎて焦っていたんだと思います。

 

 ”病気のことは獣医さんが専門家。

  犬の健康で気になることがある場合、まずは獣医師に相談すべき”

 

 

 ”病院でできること、家でできることをまず整理整頓して、

  家庭での役割は何か?をはっきりさせましょう”

 

 

ちょうど色々な悩んでいるときに、諸橋先生のメルマガにこうしたことかが書かれていて
うんうん、そうだそうだ、と頷きながら読んでいました。

 

我が家の場合、食事を

 

”楽しむ”

 

ことを愛犬に伝えてあげられるといいな。

 

それが家庭で、私自身ができること。

 

そんな風に考えていた時でした。

 

食事を”楽しく””美味しく”食べさせてあげたい。

 

旬の食材も、色々味わわせてあげたい。

 

うどんとか、パスタとか、色々な食感のものも食べさせてあげたい!

 

誕生日は不明だけど、我が家にやってきた日を誕生日としよう!その日には犬用のケーキも作ってあげたいし…。

 

そういう楽しみを自由に味わうためには?

 

やっぱり食事の基礎、栄養の基礎を学ぼう、と決めました」

 

あゆみさんはこのタイミングで、私が運営する

 

—————————–

●愛犬のための栄養学オンライン講座

—————————–

 

を受講されました。

 

実際に受講後にあゆみさんが教えてくれた感想をご紹介しますね。

 

「栄養学講座を受講する前は、栄養についてものすごく難しく考えていました。

 

…でも、実際勉強しても見ると”そうだったのか!!”と目から鱗の中身でびっくりしました!

 

 あと、私は結構テレビの健康情報を信じてしまうタイプなんですが、テレビも嘘が多いと知り、衝撃を受けています(笑)

コラーゲンはいくら食事からとっても、肌でコラーゲンになるわけじゃないんですね…納得!

正しい栄養学を学ぶことで、これまでの食事との付き合い方、健康情報との付き合い方もガラッと変わりそうです。

 

何より我が家の愛犬のこと。

 

”良い食事とは、体に必要な栄養素とエネルギーがきちんと満たされていること”

 

この意味が、栄養学を学んでみてようやくちゃんと理解できた気がします。

 

大事なのは、食事に含まれる栄養を緻密に計算することでもなく、調理法を生とか加熱とかにこだわることでもなく、

 

”ここまで極端な偏りがあると、栄養バランスが崩れて健康被害が出るよ”

 

という範囲を知った上で、色々なものを食べること。

本当にこれに尽きると思いました。

 

最後になりますが、私自身が愛犬の体重を気にしすぎなくなり、食事についても楽しく、旬の素材や今日はパスタだよ~!とあれこれ作っていたら、約半年で、我が家の愛犬は標準まで体重が増えました。

 

 

あんなに体重のことで悩んでいたのって、一体何だったんだろう?と今は振り返ってみて不思議な気持ちになることもあります。

 

私に必要だったのは、無責任なアドバイスや、根拠のない雑多な犬の食事情報ではなく

”正しい栄養学の知識”

だったんだなあ、と。

 

良いタイミングで講座を受講できてよかったです!

 

 

あとオンライン講座は時間の縛りもなく、私のように通学が厳しい環境の人にはありがたかったです。

 

犬のご飯作りは楽しいので、引き続き薬膳講座の方でもお世話になります!

 

先生、これからもよろしくお願いします!」

 

今回、あゆみさんの事例をご紹介したのは、以下の1点をお伝えしたかったからです。

 

 

 

「犬の食事で悩んでいるなら、まず基本的な基礎知識を勉強することから始めましょう」

 

雑誌やテレビなどの食事情報は、正しいものもあれば明らかに間違っているものもあります。

 

良くも悪くも、テレビや雑誌では

 

「面白そうなもの」

 

「話題性のあるもの」

 

が紹介されます。

 

これはテレビや雑誌は、話題性のあるものを紹介して、注目を集めるのが仕事だからです。

 

だから、報道されたことへの正確性が担保されているわけではありません。

 

そこを差し引いて情報を利用しないと、とんでもないことになる。

 

大事なのは、そういうことを分かった上で、周りの情報とあなた自身は付き合っていますか?ということなのです。

 

基礎を知らずに、枝葉の情報だけを集めて振り回されるのは、海路図とコンパス無しで、泥の小舟で海へ漕ぎだすようなもの。

 

それでは犬の食事についての方向性を見失い、迷うのは当たり前です。

 

大切なので繰り返しますが、犬の食事であれこれ迷ってしまう場合、必要なのは

 

●犬の食事に関する基礎知識

 

です。

 

この基礎中の基礎にあたるのが「栄養学」です。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。