犬の受ける「医療」がわかると安心できる!:血液検査(4)


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日は

———————————————————-

●めちゃくちゃ犬の健康に気を使っていたのに血液検査で肝臓の数値に異常が!!

 ショックを受けて茫然自失…から冷静さを取り戻したMさんの話(1)

→  https://www.officeguri.com/archives/7784

 

●その2:犬の体と病気の理解に欠かせない知識って?

→  https://www.officeguri.com/archives/7790

———————————————————-

 

の最終回です。

 

大切に育てていた愛犬(ラブラドール)の血液検査で初めての異常値。

 

自分の育て方、食事法にどこか間違いがあったのでは??と悩みつつ、検査数値や動物病院での説明を、出来るだけ冷静に理解できるよう自分に足りない知識を学ぼう!と決めたMさん。

 

その後、どのようにMさんは考え、行動したのでしょうか?

 

「我が家の愛犬の血液検査で異常値が出たのは”肝臓”に関わる数値でした。

 

その数値の意味を調べたのですが、説明が全然わかりません。

 

そこで初めて、自分は”肝臓”っていう臓器について何も知らないのだな~と実感できました」

 

 

「メルマガで何度か、先生が”この本は初心者向けに、体の働きがざっくりわかるのでいいですよ”と、勧められていた

 

●目でみるからだのメカニズム
 

という本も買って読みました。

 

あ~、これって学校で昔習ったことあった!と懐かしい気持ちで体のことを勉強できて、この本はすごく良かったです。

 

ただ、やっぱり私には難しく感じるところも多く、こういう体の基本的なことを、ゼロから勉強できる機会があればな~というのも感じました。

 

そういうタイミングで、先生が”犬の検査数値の読み方を、体の仕組みと合わせて学べる講座を製作中です”とメルマガで書いていらっしゃったので、あ、それならその講座を待とう、と思いました」

 

 

「講座の募集開始と同時に、講座に申し込んで検査数値の見方を学び始めました。

 

おかげで

 

肝臓ってどんな臓器なのか?

 

 

肝臓に関わる数値は、肝臓のこういう状態を現しているんだ!

 

というのがセットで理解できました。

 

特に、肝臓は”沈黙の臓器”であり、症状が出る頃には病気がかなり進行しているケースが多い、というところはちょっとゾッとしました」

 

 

「我が家の愛犬は、まだ具体的な症状が現れる前に、血液検査で異常が見つかったのでラッキーだった、というのも理解できました。

 

もし、血液検査を定期的に受けていなかったら…と思うと怖かったですね。

 

あと、私の周りには”病院嫌い”の犬つながりの知人も何人かいますが、そういう人たちは、血液検査で異常が出ても、

 

”数字だけでうちの犬の健康の何がわかるの?だって今こんなに元気なのに薬を勧めるなんて…”

 

病院や薬を飲むことに対して否定的な人もいます。

 

これについては、他所様のご家庭のことだし、口を出す気は毛頭ありません。

 

たまたま私は、犬の体と検査数値について、基本的なことを学ぶ機会があり、数値が示す意味も、犬の体に何が起こっているか?も動物病院での説明を聞いて、客観的に正しく理解できていると思います。

 

そのことを、よかったな、ありがたいな、と感じています。

 

わからないことがあれば、動物病院で獣医師の先生に質問できるようになりました。

 

質問をすることを恥ずかしいとか、怖い、と思う気持ちもなくなりました。

 

今では犬の治療に、自分も参加している、と実感できますし、薬の事、今後のことも、納得のいくまで考えて、話を聞いて決めることができています」

 

 

「たかが数値、されど数値、だと本当に思います。

自分は医学用語は知らないから、ではなく最低限、自分の犬に関わる箇所だけでも予習して診察に臨む姿勢って本当に大事だと思いますし、何より安心できますね

 

 

「おかげさまで我が家の犬は、検査で異常を指摘されてもう4年ですが、肝臓の炎症を抑える薬のおかげで、いたって普通の生活を送ることができています。

 

我が家の犬は、薬でもなんでもご飯の乗っかっていればバクバク気にしないで食べるので、投薬も楽ですし、こういうところは先生のお宅のぐりちゃんと同じですね。

 

検査数値の見方講座を受講させていただいたことで、私自身、犬の体のことをよく知ることができました。

何より、数値を通して犬の体の状態を把握でき、すごく安心できます

 

これからもまた、定期的な検査があるごとに、講座のテキストを見直して行きます。

 

ああ、この数値はこういう意味…という風に、せっかくの検査結果ですから、愛犬の食事に、生活習慣にと生かしていこうと思っています」

 

Mさんの体験談は以上です。

 

>特に、肝臓は”沈黙の臓器”であり、症状が出る頃には病気がかなり進行しているケースが多い、というところは

>ちょっとゾッとしました

 

犬は特に、以前もこのメルマガでも触れましたが、不調は隠そうとする動物です。

 

なので、目に見えておかしい、という症状が出る頃には、すでにその前から病気が静かに進行しているケースも多いです。

 

定期的な血液検査を受けていることで、その病気が「小さな芽」のうちに発見できるケースも多々あります。

 

一方で

 

「え?数値の異常?

でも、今目の前の犬は元気だし、本当に薬なんて必要あるの?」

 

とあまり深刻に受け止められないケースも残念ながら、あります。

 

目の前の犬が今の所元気、というのが、その

 

「あまり深刻に受け止めなくてもいいでは?」

 

に拍車をかけてしまうんですね。

 

犬の体についての基本的な知識がほんの少しあるだけで、こうした「誤解」は回避できるのにも関わらず。

 

犬の血液検査の数値が示す意味

 

について、本当にごく基礎的な知識があるだけでも、正しい現状理解につかがることができるのに、です。

 

こうした状況は、本来であれば簡単に摘めたかもしれない病気の芽を、せっかく見つけたのに野放しにすることにもつながる場合があります。

 

それが後々の後悔に繋がるとしたら、とても残念に思います。

 

では、どうしたらいいのか?

 

普段から

 

・犬の体の基礎知識

 

 

・検査数値の見方

 

をセットで学んでおくことですね。

 

こうした普段の学びが、犬の健康を守るベースを作ります。

 

—————–

・犬の体の基礎知識

+

・検査数値の見方

—————–

 

この2つを必ず「セット」で学ぶことが重要です。

 

今日の重要ポイントは「この2つの知識をセットで学ぶ!」ですので、これだけ記憶していただければOKです。

 

具体的な学び方については次号のメールでご紹介します。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。