シニア犬の食事(4)最適なアミノ酸バランスの食材とは?


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日は「食事のタンパク質シリーズ」の最終回です。

 

これまでの過去記事はこちら:

 

 

———————————————–

 

●シニア犬の食事(1)特に大事な栄養素ってなんですか?
https://www.officeguri.com/archives/7813

 

●シニア犬の食事(2)質の良いタンパク質ってどう言うもの?
https://www.officeguri.com/archives/7815

 

●シニア犬の食事(3)犬の必須アミノ酸を知ろう+勉強大事という話
https://www.officeguri.com/archives/7817

———————————————–

 

まずは昨日の「重要ポイント」の復習です。

 

犬の必須アミノ酸をバランスよく含むタンパク質を摂取することが大事ですよ、という話をしました。

 

犬の必須アミノ酸は以下の通り。

————–

●イソロイシン

●フェニルアラニン

●ロイシン

●スレオニン

●バリン

●トリプトファン

●リジン

●アルギニン

●メチオニン

●ヒスチジン

————–

 

で、今日の重要ポイントとしては「必須アミノ酸」が「バランス良く含まれている」食材を選ぶことが大事、という点。

 

というのは、必須アミノ酸って、ある種類だけが突出して多く含まれていても逆に、別の必須アミノ酸が極端に少ない場合、体内での利用効率が「下がる」という特徴があります。

 

そういう意味で、必須アミノ酸を「体内で利用しやすいバランスで含むことが大事」になります。

 

もっというと、いくらタンパク質を豊富に含む食材でも、この「アミノ酸のバランス」が悪いと、せっかく食べても体の中で利用できる量はわずか、という話。

 

だから「質の良いタンパク質」を吟味して摂取しましょうね、という話になる。

 

この辺り、興味のある方は「アミノ酸スコア」という単語でGoogleで検索してみてください。

 

(アミノ酸スコアは、人間の必須アミノ酸を基準に考えられているので、犬の必須脂肪酸である、アルギニンまで考慮されていません。

でもある程度の参考にはなります。

そこからさらに、詳しく調べたい、食品のアルギニン含有量も知りたい、という方は最新の食品成分表を参考にするのが良いでしょう。

●食品成分表 2019 )

 

特にシニア犬の場合、ただでさえ食欲が減退するケースも多いですから、その少ない食事量の中で、いかに体が利用しやすいタンパク質を摂るか?という話になります。

 

では、どういう食材がシニア犬、そして全てのライフステージの犬たちのタンパク源としておすすめか?

———————————————————–

 

●魚類(イワシ、カツオ、鮭、サワラ、鯛、鱈、ぶり、ホッケ、マグロ)

 

●獣肉類(牛肉、特に赤身肉、鶏肉、豚肉で特に赤身の部分)

 

●卵類(鶏卵、うずらの卵)

 

———————————————————–

 

はい、魚類、肉類、卵類をしっかり摂っておけば間違いがありません。

 

最近は、人間の世界でも「シニア世代ほど肉をしっかり食べて!」と健康番組などで取り上げられています。

 

これも、シニア期に入ると筋肉量の減少は加速するのに食欲は減退し、しかも「お肉とか脂っこいのはちょっと…」と肉を遠ざける人が増えるのも原因の一つです。

 

タンパク源として考えた場合、脂身よりも赤身の方が、体内での利用効率は上がりますから、犬も同様に、もし脂っこいものが苦手であれば、赤身肉をチョイスすればOK。

 

魚でも質の良いタンパク源になりますから、魚を食事に取り入れるのもいいですね。

 

これで「シニア犬のための質の良いタンパク質の選び方」についてシリーズは終了です。

 

いかがでしょうか?

 

タンパク質、と一口に言っても、中の成分の組成とか、どういう比率で含まれていると体で利用しやすいのか?までは普段あまり気にすることは、ぶっちゃけないと思います。

 

でも今、こうした知識を知った上で、今夜の犬の食事に使う材料を、今日、スーパーに行って眺めてみてください。

 

「そうだ、サワラは犬にとっても質の良いタンパク質で、体内で利用しやすいんだな。筋肉維持に役立ちそうだな。

よし、今夜はサワラだ!」

 

 

そんな風に、食材の選択ひとつとっても「栄養学的な裏付け」があると、なんだか心強いし、選ぶのも楽しくなって来ないでしょうか?

 

そんな風に、犬の健康に関する知識を

 

役に立つ!

 

しかも楽しい!

 

という風に、読者の皆さんの生活の中で活用していただけると私自身、とても嬉しいです。

 

本日は以上です。

 

次号から、また新しいテーマでお届けしますね。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。