旬の犬ごはん:春のアスパラ卵炒め。


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、前置きも何もせずにあれですが

 

旬の食べ物

 

はお好きですか?

 

質問する以上、私の場合もお伝えするのが筋かと思うので言いますが、私は旬の食材は好きで、スーパーや地元の道産食材を売る専門店などで色々な野菜や果物、魚介類をチェックするのが好きですね。

 

今は流通網も食品輸送の技術も発達し、冬でも新鮮な野菜がたくさん食べられるとか、缶詰を利用すれば、1年中美味しいトマトソースを味わえるとか時期を問わず、色々なものが食べられます。

 

これは、摂取する食材に「偏り」をなくすという意味ですごくいいことだと個人的には思います。

 

(便利なものは上手に利用したいので、保存食に対する抵抗は個人的にはありません)

 

その一方で、その時期にしか出回らないもの!とか、やっぱり旬なので、旬の時期に手頃な値段でたくさん食べたいよね~という食材もある。

 

我が家の場合、今の時期だアスパラがちょうど、それですね。

 

私が住む地元:北海道はアスパラの一大産地です。

 

一般的なグリーンアスパラはもちろんですが、ホワイトアスパラに、紫アスパラなどカラーも豊富で見た目にも楽しい。

 

(紫アスパラは加熱すると綺麗なパープルは消えて、ただの緑になりますが)

 

で、一般的に入手しやすいのはやっぱりあの、緑のアスパラ。

 

炒めても美味しいし、軽く茹でて、マヨネーズと一緒に食べるのもいい。

 

そんなアスパラガスですが、犬の手作り食にも取り入れることで、犬も春の美味しい旬を一緒に楽しむことができます。

 

アスパラは、意外かもしれませんが「薬膳」では、消化器系の働きを高め、疲労回復を促す薬膳食品の一つという扱いです。

 

アスパラに含まれる各種ビタミン類や食物繊維は犬の健康維持に役立ちますし、何より

 

 

を犬も楽しめるのがいい。

 

なので我が家では、旬の時期には犬たちにも、適度にアスパラを食べてもらっています。

 

今朝は、卵と一緒に炒めて食べてもらいました。

 

 

●アスパラと卵の炒め物ご飯:

●食べる様子を収めた写真はこちら:

 

この投稿をInstagramで見る

 

アスパラご飯も良く食べます。アスパラ大好き、うちの犬。 #犬  #ラブラドール  #犬のいる暮らし #シニア犬

Naoko Morohashiさん(@officeguri)がシェアした投稿 –

 

アスパラガスは一部で「犬に与えてはいけない野菜では?」ともネット上で書かれていますが、私が主催する講座では、常識の範囲内で食べさせる分にはアスパラガスには犬にとって健康に良い成分の恩恵を受けられる野菜、という認識で紹介しています。

 

例えば、玉ねぎのように、明らかに「溶血」につながる成分が含まれているので、食べさせると赤血球が破壊され、貧血になるような事故も起こるし実際、そういう誤食事故が起こっているため注意喚起されている!という野菜もあります。

 

これは当然ですが、犬に与えてはダメですね。

 

一方で、じゃあ犬に与えて良いとされている野菜の成分が、100%安全なものだけで構成されているか?というと話はまた別です。

 

体に良いとされているトマトでさえ、微量の発がん性物資を含んでいます。

 

でもそれは、常識的な摂取量(トマトばかり毎食山盛り食べることを半年続けるとか、そういう極端でない量)であれば、トマトから得られる栄養学的なメリットの方が上回るので、トマトは人気があるし、トマト料理もよく食べられています。

 

大事なのは「」の概念なんですよね。

 

ぶっちゃけ、私たちが普段食べる食品の構成成分も

 

・体にいいもの

・体に悪いもの

・どっちでもないもの

 

の3つで成り立っていますし、体に悪い成分がゼロっていうものの方が少ないです。

 

野菜は何かしら、大量摂取すれば毒になる成分を含みますし

 

(ジャガイモに含まれるソラニンがいい例です。ジャガイモの緑色の芽を取らないと、お腹壊しますよね?

 

でもそのお腹壊す成分は、真っ白なジャガイモ本体にだって微量に含まれています。

 

ただお腹壊すほどの量には通常の食事で食べる分には達しないので、気にならないだけ)

 

野菜だって、動物に食べられるために生きているわけではないので、自衛手段として 何かしら「」になる成分は持っているのが普通です。

 

それを、アク抜きなどの調理法の工夫、適正量を食べる、という工夫で、私たちは害なく普段野菜を食べている。

 

え!?野菜って体にいいと思ってたのになんかショック!

 

という方もいるかもしれませんが、現実はそういうものですよ、という話と常識的な量を、一般に広く行われている調理法で調理している限りは大丈夫ですよ、という話。

 

というわけで犬のアスパラガスに話を戻します。

 

初めてのアスパラを食べる犬の場合、体重10kgの犬で1~2本程度が目安です。

 

我が家の犬たちは大型犬で(それでも大型犬にしては小柄ですが)24kgの犬と、20kgの犬がいます。

 

なので、1匹あたり2本ほど食べられるように、調理の際は調整することが多いですね。

 

アスパラを与える際は必ず加熱。

 

繊維質が多いので、初めて食べる犬、野菜でお腹の調子を崩しやすい犬は量を減らすなど、犬に合わせて、様子を見ながら必ず微調整をしてください。

 

と言うわけで、今日はこの辺で。また次回。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)


【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。