シニア犬の体重を増やしたい。→どう増やすかが問題だ。


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

動物病院で

 

体重を増やしましょう

 

と言われました。

 

我が家の14歳の黒ラブ:ぐりの話です。

 

今日は、犬の健康に関する決定の主導権を自分が握るのか、それとも他の誰かに委ねてしまうのか、というテーマの話です。

 

このメルマガを通して、私自身が読者の皆さんにお伝えしたい大切な部分でもあるので、興味のある方はお付き合いください。

 

 

体重を増やしましょう

 

土曜日の動物病院で、我が家のぐりが言われた言葉です。

 

「ご飯を増やして体重を増やしましょう」

 

獣医さんは言いました。

 

ぐりの体重が、1年前と比べて1キロほど減っていたからです。

 

「増やすというのは脂肪でしょうか?」

 

「食事の脂肪を増やすのはおすすめではありませんね。脂質を増やすしぎると膵炎になる場合もありますから」

 

「いや、食事の脂質量を増やす、という話ではなく、体重を増やすにあたり、それは体脂肪で増やすのか、筋肉量で増やすのか?という意味です」

 

「それでいうと、筋肉ですね」

 

「筋肉を増やすとなると、運動も併用しないとダメですね」

 

「そういえば、以前ぐりちゃんは歩くのが遅くなってきているので、ニコちゃんと一緒の散歩だと、リズムが合わないと言っていましたよね。

できれば散歩も分けてあげた方がいいですね」

 

「わかりました」

 

私は夫と一緒に、ぐりを連れて診察室を出ました。

 

ふーむ。これは結構大変なことになってきたなあ。

 

これがその時の私の感想です。

 

体重を増やしましょう

 

という一言には、実は様々な意味があります。

 

成長期でない場合の体重を増やすには3つのパターンがあります。

 

1:水分の増加

2:体脂肪の増加

3:筋肉の増加

 

1はむくみ、2は摂取カロリーを増やすことで比較的容易。

 

問題は3です。

 

3が一番難易度が高い。

 

筋肉を育てるのは難しいのです。

 

何歳からでも筋肉は育ちます。

 

でも、育てるためにはトレーニングと、あとは筋肉をつけるためのタンパク質摂取が大事です。

 

そういうバックグラウンドがあるため、思わず私は聞いたのです。

 

増やすというのは体脂肪でしょうか?

 

と。

 

増やす、と一口に言っても「何で体重を増やしたいか」次第で、食事も生活習慣も、どう変えるべきか?が変わるから。

 

もしここで、私が「増やすというのは体脂肪でしょうか?」という質問をせず

 

「体重を増やしましょう」=単純にご飯の量を増やしましょう

 

という理解で、動物病院を後にしたらどうなっていたか?

 

多分、その後に犬に、どういう食事を与えるか?も、現在私が考え、計画しているものとは全く変わっていたと思われる。

 

だから大事なのです。

 

自分から獣医さんに質問することが。

 

 

質問したおかげで、我が家の14歳の黒ラブ:ぐりの今後の食事方針が決まりました。

 

ただ単純に、今までの食事をそのまま増量、というのとは、180度違う方向で。

 

その食事というのはこちらです。

●シニア犬の体重を増やすぞ。
https://officeguri.com/BLOG/archives/5716

 

ポイントは以下の3つ。

 

・利用効率の良いタンパク源の確保(シニア犬はどうしてもタンパク質の利用効率落ちる)

 

・脂質の量は抑えて(我が家の場合、高脂肪食で胆泥症や膵炎を誘発する可能性を指摘されているため)

 

・食べやすく!(大事!)

 

それを考え合わせると、今回「シニア犬の体重を増やすぞ。」でご紹介しているようなメニューになります。

 

今後はバリエーションをいろいろ考えて、メニューを組んで行く予定。

 

後、散歩は完全に2匹分けて行くパターンになりますね。

 

14歳のぐりが歩きやすいペースで歩けるように、7歳のニコとは別々で行くことにします。

 

歩いて筋肉を鍛えます。育てます。

 

体重を増やす、という一言でも

 

何で増やすか?

 

で食事内容から生活習慣まで全部変わります。

 

大事なのはここなのです。

 

「体重を増やしましょう」

 

と言われた時、「あー、そうか増やすんだ」とぼんやり受け流して、単純に食事量を増やす、という選択に流れるか。

 

「増やすって、何で?体脂肪?筋肉?」

 

と一歩突っ込んで質問して、より犬の健康を守る方向での対策を自分で立てるか。

 

私は断然、後者です。

 

大事な情報は、自分で引き出さないと。

 

言われるがまま、では大事なことは引き出せません。

 

犬は家族です。犬のことを決めるのは、家族のことを決めること。

 

家族のことを決めるのに、その主導権を自分が握るのか。

 

それとも他の誰かのいうことをそのまま「はいはい」と聞いて、まるっきり委ねてしまうのか。

 

今メールをお読みのあなたご自身は、どちらがいいと感じるでしょうか?

 

 

犬の世界に管理栄養士はいません。

 

人の世界だと、病院に栄養士さんがいます。

 

入院中の食事管理や、日常生活の栄養指導まで細かなフォローが受けられます。

 

人間の世界で、お医者さんと管理栄養士さんがいるように、お医者さんは病気を治すプロですが、食事のエキスパートではありません。

 

犬の場合はどうでしょう?

 

病気の相談は獣医さんにできます。

 

でも、食事や日常生活での細かな改善ポイントについては?

 

犬の管理栄養士がいない分、そこは飼い主が個別に、親身になって犬のために考えてあげるのがベストです。

 

犬のためのベストな食事。

 

犬のためのより良い生活習慣。

 

犬のために、獣医師とも積極的に同じ立場で、犬の健康管理について相談し、決めて行く。

 

私が考える最強飼い主、というのはそういう姿です。

 

皆さんはどう考えるでしょうか?

 

このメルマガを通して私自身がお伝えしたいことは

 

自分で考え、自分で決めることができる飼い主さんを増やしたい

 

です。

 

自分で決める、というのは「独善」という意味ではありません。

 

十分な知識と精神的余裕を持っていること。

 

だからこそ、必要に応じて、その道の専門家のアドバイスも柔軟に聞き入れ、ベストな道を模索できること。

 

自立していて、基礎知識がある。

 

専門家の意見も聞き、理解する臨機応変な姿勢を持つ。

 

そんな飼い主さんですね。

 

そのために必要なのは

 

・犬の体のこと

・食事のこと

・栄養のこと

 

といった基礎知識です。

 

何をおいても「基礎」は大事。

 

そうした「基礎」をコツコツ積み上げて、大事な犬の元気な毎日を守りたい。

 

そう願う飼い主さんに必要な知識が届くように、という思いで、このメルマガを書いている次第です。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。