シニア犬はモリモリ食べることにした→筋肉量維持に鶏レバー


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

今日のテーマは

 

食べ方は生き方

 

です。

 

何を食べるか?は、どう生きるか?を選択することでもあります。

 

何を大げさな…と感じる方もいるかもしれませんが、今日はその話をします。

 

 

犬の食事は100%飼い主に依存します。

 

だからこそ、飼い主が「犬の食事内容を考える」ことが大事です。

 

 

間違った食事が長く続けば、確実に体を蝕みます。

 

多少のカロリーオーバーの食事は、毎回の食事で特に苦痛や体調の変化を感じることはありません。

 

でも長く続けると、確実に肥満につながります。

 

また、食事は「状況に応じて調整」が必要です。

 

体の調子が悪い時、病気の時、それに合わせて食事は変える必要があります。

 

人生のどの位置に自分がいるか?=年齢でも、食事内容は変える必要があります。

 

成長期。青年期。それを経てシニア期。

 

例えばシニア期を迎えた犬であれば、

 

サルコペニア

 

 

フレイル

 

対策として、良質のたんぱく質を積極的に摂る必要があります。

 

サルコペニアは加齢により、「筋肉量が減少」した状態。

 

フレイルは「体の機能低下」による虚弱状態を指します。

 

体を作るのは、食事から摂った「栄養素」です。

 

「栄養素」が体を作ります。

 

そういう意味で「食べられればとりあえず、何でもいいや」ではないのです。

 

大切なのは…。

 

 

 

 

 

 

 

————————————————————-

体と食の関係を知ることは、その犬がその犬らしく、健康に生きていくことを助ける

————————————————————-

 

 

何を食べるか?は、どう生きるか?を選択すること、というのはそういう意味です。

 

犬の体に向き合い、それぞれの状態に合わせた食事を選択する。

 

犬の生き方と食事は直結している。

 

それが私自身、犬の食事と向き合う際に考えていることです。

 

 

さて、先日より「体重を増やしましょう」と動物病院で言われた我が家の黒ラブ:14歳のぐりですが今朝はこんなメニューを食べました。

●臓物スペシャル:

 

シニア期に入るとどうしても筋肉量が落ちます。

 

筋肉量の維持には「良質のたんぱく質」が欠かせません。

 

そこで今回、

 

・鶏レバー

 

 

・鶏ハツ

 

の登場です。

 

鶏レバーは低脂質、高タンパクで我が家のぐりにとっては理想の食材。鶏ハツも同様です。

 

これを野菜と合わせて最後にとろみをつけて、ご飯にのせて食べさせます。

 

シニア犬は飲み込む力もどうしても弱くなりますから、食べやすく「とろみ」をつけることも、めちゃくちゃ大事です。

 

とろみをつけるとつけないとでは、食べる様子を観察していても、明らかに差が出ます。

 

とろみは水溶きカタクリ粉で軽くつけます。

 

犬が食べやすくなるんですから、このひと手間を惜しんではいかん、と自分に言い聞かせ、毎回とろみをつけています。

 

おかげで片栗粉の消費量が半端ない。

 

 

栄養素の視点で見てみます。

 

鶏レバーは良質のたんぱく質の他に、何と言っても「ビタミンA」が多いです。

 

粘膜を健康に保ち、感染症から守るのに欠かせないビタミンです。

 

目、のど、皮膚の健康にも欠かせません。

 

鶏ハツにはビタミンB群も豊富です。

 

糖質の代謝にビタミンB群は欠かせません。

 

食べた糖質からスムーズにエネルギーを取り出すのも、健康維持では大切です。

 

せっかく食べても、エネルギーに変えられないと、意味ないですからね。

 

 

こんな風に、我が家では

 

犬の年齢と体の状況

 

に合わせて食事を変えています。

 

犬に合わせて細かなアレンジが聞くのが、手作り食のいいところですね。

 

どうせ食べるなら、私たちが日頃手にする食材に、どういう栄養があるのかを知った方が良いです。

 

その栄養が、体にどう影響を与えるかを知る。

 

そして、美味しく食べて元気になる。

 

犬の食事の「栄養」に少しでも興味を持ってくれる方が増えると、私もとても嬉しいです。

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。