まだの方は是非、「シニア犬に悪いことを教えて甘やかす」アンケートにご協力ください!寝たきり予防に犬も「トレーニング」の話


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

昨日は筋肉痛で前腿が痛くなり、それを休めるために寝転びながら

 

体力の正体は筋肉

という本を読みました。

 

うん、やっぱり筋肉は鍛えて、同時に食事も意識しないとだめですね。読みながら納得です。

 

 

さて、先日メールでお知らせした、

 

件名:「シニア犬に悪いことを教えて甘やかす会」について。アンケートにご協力ください。

 

ですが、かなりクリックアンケートへの回答が集まってきています。

 

もし回答がまだ、という方がいらっしゃいましたら、以下のクリックアンケートにご協力ください。

 

シニア犬のケアの仕方で、これはちょっと興味あるとか、知りたいなあ、というものを、クリックするだけ簡単なアンケートです。

 

興味のあるものは複数選んでいただいてOKです。

 

 

 

1:筋肉のコリ・緊張をほぐし血行を良くするシニア犬マッサージ
https://www.instagram.com/p/B2qfPbgAPbJ/

 

2:シニア犬のためのストレスケア、ボディケアのアロマセラピー
https://www.instagram.com/p/B2vhR1dgs0o/

 

3:シニア犬は毎日押したい!老化防止、健康増進のツボ
https://www.instagram.com/p/B12_XitgitZ/

 

4:シニア犬に適した栄養管理と食事法
https://www.instagram.com/p/B2VHL-sAPSq/

 

5:寝たきり防止のための「筋力キープ法」
https://www.instagram.com/p/B17S-KIgYKM/

 

 

リンク先は全て、Office GuriのInstagramです。クリック数を計測するアンケートです。

 

気に入ったもの、興味のあるものをクリックすることで、私の方へ「ああ、こういうことに皆さん興味があるんだ」というのがわかります。

 

興味の多いものについては、後日メルマガで、やり方などをご紹介できればと思っています。なので、少しでも興味のあるものはクリックしておいてくださいね。

 

 

 

で、「やっぱり」…なんですが、現在のところダントツに多い回答が

 

5:寝たきり防止のための「筋力キープ法」

 

なんですよね。

 

うん、それはそうだ。誰でも犬に出来るだけ自立した状態で生活させてあげたいって思うはずです。

 

もちろん、寝たきりになったらなったで、介護のノウハウも今はたくさんありますし
面倒を見れば良いです。

 

一方で、「健康寿命」という言葉が浸透して久しいですが、最近は「自立寿命」という言葉も出てきています。

 

これはシンプルに「自立した状態で生活を送れるか」が基準です。

 

犬も老化と共に病気を抱えることが多くなります。

 

我が家の14歳の黒ラブ:ぐりも肝炎の薬を飲み続けていますからね。

 

そんな風に病気を抱えつつも、それなりにうまくやっていけている、という老犬は私の周りでも多いです。

 

ガンを抱えているけど、歩行に支障はなく散歩行ってますとかですね。自立できることの良い点は「日常生活」を制限されることなく送れること。

 

少々病気を抱えていたとしても、自分の足で散歩にいける、食事を自分で摂ることができる。そういう、当たり前だけれど自由度の高い生活を、できれば犬に送らせてやりたいなあ。

 

それが私個人としての、飼い主としての願いですね。

 

以前からそういうことを意識して、色々情報を調べてはいますが、世の中の傾向として

 

「介護の方法」

 

についてはかなり情報量があり、資格も整備されていますが

 

要介護にならないための、予防法

 

については、いまいち確立されていない、という印象です。

 

これが人間だと、要介護にならないための食事や運動を指導する資格などもあって、学んでいる人もたくさんいます。

 

うーむ、犬については正直、この分野はまだ遅れているのかなあ、と思います。

 

もちろん、そういうことを考えている人が全くいないわけではなく、少しづつですが、そういうやり方も大事ですよ、という声も上がっています。

 

個人的に「まずは予防だろ」と思いますし、そのためには何はさておき「筋力のキープ」です。

 

本当に、筋肉は財産ですからね。

 

あと、筋肉に限っては病院で「治療」してもらってつく、というシロモノではありません。

 

こればかりは「鍛える」しかない。

 

幸い、筋肉だけはシニア期に入った犬でも「鍛える」ことでちゃんと育つし、維持も可能です。

 

これは私自身も40代に入ってから筋トレを始め、それでもちゃんと筋肉が増えたので実感できています。

 

我が家の14歳の黒ラブ:ぐりも、左後ろ脚の反応がだいぶ弱っていますね、と動物病院で指摘されました。

 

それから、散歩方法を変えました。

 

それだけでも、引き気味だった足が回復してきています。

 

今は結構ぽんぽん歩く。引きずる度合いも減ってきました。

 

100%引きずらない、というところまで言っていません。でも確実に回復してきているので、我が家ではそれで良しとしています。

 

老犬ですからね、少々体にガタがくるのは仕方がないこと。それは自分も同じですからね。

 

そういうわけで、筋肉は大事。

 

犬も少しの工夫とトレーニングで、筋肉は増やせます。

 

もっといいのは、そろそろシニアにさしかかる時期かな?というあたりから、犬もトレーニングを意識し始めることです。

 

とはいえ、犬がダンベル持って…というわけではなく、犬には犬のやり方があります。

 

あと外せないのが「食事法」。

 

「食事」も意識して組み立てないと、トレーニングの効果をうまく生かせない。

 

そういう意味で、「トレーニング」+「食事」の2本立てがオススメです。

 

というわけで、今日は筋肉について語ってみました。

 

大事なので繰り返しますが、筋肉維持には食事も大事。

 

そういうわけで、こちらの講座もいい感じでお席が埋まってきています。ご検討中の方はお早めに。

 

 

 

————————————————-

●手作り食の飼い主さんのための「犬を元気する栄養学講座」
https://redoeiyou.inu-gohan.com/

*募集人数:20名
*募集期間:2019年10月2日(水)23:59まで

————————————————-

 

食事と栄養の知識は、健康管理に本当に大事です。

 

自分と犬が、トレーニングしていて、しみじみ実感。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。