犬の寝たきり防止(1)筋肉は裏切らないが、ものすごい怠け者


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

昨日は朝から暖房を入れて、老犬を温めています。老犬は冷やしたらダメですね。

 

ついでに私も冷えると機動力が落ちるので、室内ではフリースを着て、犬と一緒に暖房の入った部屋で過ごすことにしています。

 

 

さて、今日のテーマは、

 

——————————————-

●犬の寝たきり防止のための「筋力キープ法」

——————————————-

 

大前提として、今日はものすごーく大事な話をしますね。

 

それは何かというと…。

 

 

 

 

:::::::::::::::::::::::::::

「筋肉は怠け者」

:::::::::::::::::::::::::::

 

ハイ、筋肉は使わなければどんどん衰えていく「怠け者」です!

 

特に「歩く」ことに関する筋肉…犬の場合は背中の筋肉と、腰、お尻の筋肉ですが、これらの筋肉は使わないとどんどん「弱る」一方です。

 

それなのに、シニア期に入った犬に対し

 

最近、うちの犬歩きたがらないな。散歩減らそうか

 

という風に、「歳だから」を理由に散歩、運動量が減らされるケースが少なくない。

 

ハイ、これは問題です!

 

なぜか?

 

運動量が減ると、筋肉が減ります。

 

 

体を動かさないようになると、血行が悪くなります。

 

 

体を動かさないと、関節や腱が硬くなる原因になります。

 

 

関節が思う等に動かない、腱がこわばると、体がカチカチに硬くなります。

 

 

結果、「寝たきり」へ向かって加速します。

 

 

これを「悪循環」と呼ばす、何と呼ぶのか?っていうくらい、悪いスパイラルですね。

 

大事なのは、「最近、うちの犬、歩きたがらないんだけどどうしてかな?」と理由を考えて、犬をこと細かく観察してみることです。

 

歳だから仕方がないか

 

で、済ませるのではなく「なぜ、犬が歩くのを億劫がるか?」を犬の体をチェックしながら、考えてみる。

 

これがすごく大事です。

 

なにせ「筋肉は使わないとどんどん衰えてしまう”超怠けもの”」です。

 

理由はどうあれ、使わなければ「お、ラッキー」とどんどん怠け、最終的にはやせ細っていくのです。

 

筋肉は付けるのには本っっ当に苦労しますが(1日置きにジムに通ってトレーニングして、1ヶ月でようやく300g増えるとかそんなレベルですよ)衰えるのは、本当にあっという間。

 

本当に手のかかる、面倒くさい、いったん手にしたら維持費ばっかりかかる、シルクのオートクチュールドレスみたいなものです(着たことありませんが)。

 

 

でもやっぱり、大事なんですよね。筋肉。

 

だったら、今ある筋肉をできるだけ減らさないよう「維持」が、まず大事。

 

あと、幸いなことに筋肉は、何歳になっても

 

トレーニング

 

することで「鍛えられる」という性質を持ちます。

 

なので、衰えてしまっても悲観する必要はありません。

 

また鍛えればいいわけですしね。鍛えれば、ちゃんと筋肉は育ちます。爺さん犬でも、ばあちゃん犬でも、ちゃんと育ちますよ。

 

 

なので、「犬を寝たきりにすることなく、できるだけ元気でいてほしい」と願う飼い主さんは

 

「筋肉はとにかく、怠け者っ、ダア!」

 

ということを、両手を握りしめながら今日は覚えてください。ココ、本当に大事です。

 

犬の寝たきり防止のために、基本中の基本事項なんですが、この大事なことを、きちんと専門家から教えてもらえる機会はほぼないです。

 

なので、今日は「そっか、基本事項が知れて得したな」と思っていただけると私も嬉しい。

 

 

 

————————————

●筋肉は、使わないとどんどん衰える怠け者

————————————

 

繰り返しますが、大事です。

 

これだけまずは、今すぐ頭にメモってください。

 

*次号「犬が歩きたがらない理由を探れ」

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。