犬の寝たきり防止(2)俺が散歩に行きたがらない理由を聞いてくれ、飼い主


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

今日も北海道の我が家は朝から暖房をいてれぬくぬくです。

 

老犬14歳は、よく温めないとダメですからね。

 

 

さて、今日のテーマは:

 

———————————–

「犬が歩きたがらない理由を探れ」

———————————–

 

うちの犬、散歩を億劫がるようになったなあ。もう歳だから散歩減らすか

 

という風に「歳だから」で片付けられ、結果「動かない生活」に突入する犬が多いですよ、という話を前回のメルマガでしました。

 

 

●犬の寝たきり防止(1)筋肉は裏切らないが、ものすごい怠け者
https://www.officeguri.com/archives/8097

 

活動力の低下は、そのまま「筋力」の低下。

 

「筋力」の低下は、寝たきりの入り口です。

 

なので、「犬が行きたがらないから散歩やめる」は不正解。

 

なんで行きたがらないんだろう」と理由を考えてみる、が正解です。

 

 

俺が散歩に行きたがらない理由を聞いてくれ、飼い主

 

と、犬は言えない。

 

だからこっちが考えます。

 

今日はその話。

 

 

 

 

 

 

犬が散歩に行きたがらない理由はいくつかあります。

 

●心臓が弱ってきて、歩くのが辛い

●足腰が弱ってきて歩くのが辛い

 

個別に見ていきます。

 

——————————–

●心臓が弱ってきて、歩くのが辛い

——————————–

 

 

 

シニア期に入って、心臓病が明らかになるケースは多いですね。

実は若い頃から心臓疾患ではあったけど、シニア期に入ってそれがいよいよ「分かりやすい不調」として現れてくることが多い。

 

 

なので、犬が歩きたがらない、という場合、まずはメディカルチェックを病院で受けましょう。

 

 

もし、心臓が弱ってきていても薬で対応することで楽に過ごせることもあります。

 

 

何より今後の生活をどうしていくか?を獣医さんと話し合って、決める、というのが大事。

 

 

心臓が悪いから散歩させない、ではなく

 

弱ったなりに、犬が苦しくない範囲で散歩を楽しめるようにするのはどうしたらいいか?

 

を考えるのが、飼い主の「お仕事」です。

 

具体的には「心臓に負担がかかる坂道を避ける」とか散歩コースを「短め」にして、その代わり「バリエーション」を増やして組み合わせる、などですね。

 

持病を抱えたなら、抱えたなりに運動をする方法はちゃんとあるんです。

 

 

亜健康

 

という言葉をご存知でしょうか?

 

 

歳をとってくると、犬も人も何かしら持病を抱えていることが多いです。

 

でも、入院するとか、仕事ができない、とかそういうほどでもなく、日常生活の中では病気と上手く付き合って、そこそこ健康に生きている、という人は多いですよね。

 

犬もそれは、同じです。

 

持病を抱えていても、自分の足で立って、歩けるし、ご飯も食べる。

 

日常生活を自立して送れる、行動も制限されない。

 

こんな風に「完全な健康体でもないけれど、そこそこ元気」=「亜健康」となるわけです。

 

シニア期の犬が目指したいのは、ここではないでしょうか。

 

心臓に病気を抱えているような場合、薬を飲みながらも散歩は短時間でもいいので楽しむ。

 

それによって体を支える大事な筋力鍛えてキープする。

 

大事なのは

 

歩きたがらない理由を見つけて、それに合わせて対応する

 

ということです。

 

病気だからといって、家の中に閉じこもりすぎは、筋力キープの視点から見ても、よくありません。

 

獣医師と相談しながら、その犬の負担にならない範囲で、散歩をアレンジする。

 

これが寝たきり防止のために、私たちができることです。

 

皆さんの愛犬の場合は、この点はいかがでしょうか?

 

今日はぜひ考えてみてください。

 

*次号「足腰が弱ってきて歩くが辛い犬の散歩をどうするか?」

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。