予告:予防って地味なんです。「犬の寝たきり防止講座」明日募集開始します。


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

今日は予告です。

明日18時よりこの講座の募集を開始します。

 


●シニアになっても自分の足で歩きたい!
 シニア犬の寝たきり防止「トレーニング+食事+マッサージ」オンライン講座

【2019年11月5日(火)18時より募集開始決定!】


 

これに関連して、今日見つけた印象に残るツイートをご紹介しますね。

 

そう、予防って「地味」なんです。

 

●●を食べたら病気が治った!みたいな奇跡の方が、感謝されたりします。

 

(本当は、病気にならないのが一番なんですけれどもね。もちろん、予防策を講じていても防げないものもあります。ここをきちんと知っておくことも大事)

 

寝たきり防止の対策も同じです。

 

一見地味ですが、とても大切なことです。

 

大事なのは「ことが起こる前に、手を打つこと」。

 

では何をしたらいいか?ですが、大切なのは「犬の老化にいち早く気づくこと」です。

 

今回は簡単なチェックシートをご用意したので、やってみてください。


【犬の体の老化チェックシート】


  1. 後ろ足を引くようになってきた(後ろ足、腰の老化)
  2. 後ろ足だけ歩幅が狭い(後ろ足の老化、関節痛の可能性)
  3. 呼ばれても反応しないことがある(聴力低下)
  4. 物にぶつかることがある(視力低下)
  5. 息切れを起こすようになった(加齢、循環器の病気の可能性)
  6. トイレの失敗が増えた(泌尿器の老化)
  7. 遊びやおもちゃへの興味を失い、静かになった(精神的な老化)

 

 

当てはまるものが多いほど、加齢が進む老化傾向にあります。

 

「老化の傾向を見つけた」

 

特に足腰の老化のサインを見つけた場合、まずは動物病院で関節の異常がないか?などのボディチェックを受けましょう。

 

その上で、シニア期を快適に過ごすための「寝たきり防止トレーニング」の開始がおすすめです。

 

犬のトレーニング=散歩です。

 

そして、シニアにはシニアの、散歩があります。

 

この辺りのことを、講座ではじっくりお話ししています。

 

このメルマガ経由で申し込みされる方には、特別なプレゼントもご用意しています。

 

お楽しみに。

 

(明日の午前中にもう1通メルマガ配信するかもしれません)

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。最新号の配信を希望される場合は、下記よりご登録ください。無料でご購読いただけます。

下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、配信いたしません。事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。