犬の皮膚トラブルに漢方薬(1)


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、前回までのメールで

 

「犬の漢方薬を選ぶ際、証をきちんと見るのが大事ですよ」

 

という話をかなり詳しくしてきました。

 

ではその「証」を実際にどういう風に見て、どう使うの?という話を今日から少しずつしていきます。

 

「犬のための漢方薬講座」

 

は今月下旬を目標に、講座として募集を開始できるよう準備を進めているので、興味のある方は今しばらくお待ちくださいね。

 

今日のテーマは多くの犬が悩む「皮膚トラブル」と漢方薬です。

 

—————————————-

●皮膚トラブルって言っても色々ありますよね?という話

—————————————-

 

皮膚トラブルで悩む犬は本当に多いです。

 

しかも、結構長引いて犬も飼い主さんも困っているケースが多い。

 

まず大切なのは、「長引く」からと言って、今受けている西洋医学的治療をやめたり、薬がよくないので減らしたい!という考えはおすすめではありません、ということ。

 

漢方薬は、皮膚トラブルに対し「西洋医学的治療」と併用で使用することで効果を発揮しやすいです。

 

決して「西洋医学的な薬が信用できないから」という考えが理由で、その代わりとして漢方薬「のみ」を使用したい、というのはおすすめしません

 

もっというと、そういう方については、このメルマガの情報は今後一切お役に立てません。

 

そういう方へのミスリードとして漢方薬を使用される、というのは、私も本意ではありませんので

「西洋薬が嫌いだから漢方を」

とお考えの方でこのメルマガの情報を参照している、という方は今すぐご自身でメルマガを解除していただくようお願いします。

 

 

私自身は、西洋医学的な治療で辛い症状を一時的に抑えながら、体自身が皮膚の健康を回復するのを待つ、というのが基本の考え方を支持しています。

 

なのでもし、現在の投薬や治療方針に疑問があるなら、まずは担当の獣医師と話し合うべきですし疑問や不安について質問をして、納得のいく治療方針を飼い主さん自身も参加して決定すべきでしょう。

 

大事なのは、感情的に不満をぶつけるのではなく、より良い治療のために、建設的に話し合いをすることです。

 

これは犬の健康を守る上でとても大切なことです。

 

そのために飼い主側もある程度、自分の犬が抱えている疾患については勉強が必要です。

 

これは、犬の漢方薬について学びたいと思っている方にとって、とても大切な基礎前提になるので、ぜひ覚えておいてください。

 

今は一般飼い主向けにこういう書籍もありますから、まずは手にとって勉強してみましょう。

 

個人的にはこの書籍はカバーできる範囲が広いので、犬飼いの家庭には是非一冊と常備薬的に置くことを超絶おすすめしたいです。

●イヌ+ネコ家庭動物の医学大百科改訂版

 

 

ようやくここから本題。

 

皮膚トラブルといっても色々あります。

 

———————————-

・皮膚の乾燥で困っているのか?

・皮膚がジュクジュクして熱を持っているのか?

・かゆみが強くて辛いのか?

・炎症がひどいのか?

———————————-

 

皮膚トラブルにも色々あって、例えばこれらざっと挙げた4種類にトラブル対し、それぞれ適切な漢方薬があります。

 

まずはこうした「一番困っている症状」から漢方薬を探します。

 

そしてその方剤が、

 

「我が家の犬の証とあっているか?」

 

を見る。

 

基本の作業はここから始まります。

 

では実際にどうやってみていくのか?

 

次号のメールではまず「ジュクジュクと分泌物の多い皮膚トラブル」の場合の漢方薬とその証の味方を具体的にお話ししていきますね。

 

興味のある方は是非楽しみにしていてください。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)


【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬の漢方薬:「証」の話、最終回


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

愛犬のための漢方薬講座テキスト作成がいよいよ追い込みです。

 

講座の製作で、一番大変なのが私の場合はテキスト作成です。動画撮影の方は、それに比べるとまだ楽しく進められますね。

 

今月中に必要とされる方にお届けできるよう、今日も作業を進めていきますよ。

 

というわけで、今日も「証」の話です。

 

「証」については、わかりにくいけど、でも犬に漢方薬を使ってみたい!という方はどうにかついてきてくれている、という感じですね。

 

(メルマガの反応を見た上での感想です)

 

「証」の解説は今日で一旦終了です。

 

「証」というものの概念が分かっているだけでも、犬の治療に漢方薬を選択したいという飼い主さんは、犬の体調で、症状で、どこをみて獣医師に伝えたらいいか?がわかるはずです。

 

 

——————————————-

●実証と虚証

——————————————-

 

漢方では、病気の原因となる様々な要因を「邪気」と呼んでいます。

 

「邪気」って、名前からしてすごく邪悪な感じがしますね。

 

例を挙げると、例えば今流行のインフルエンザはインフルエンザウィルスが引き起こす病気です。

 

この場合は、ウィルスが「邪気」に相当します。

 

一方で、体はこうした外部から侵入してくる病気の原因に対して防衛を行います。

 

免疫細胞が集まってきて、ウィルスと戦うことで私たちの体を病気から守ろうと働くわけですね。

 

(この辺りが知りたい人は、漫画:はたらく細胞を読むとすごくわかりやすいです。白血球さんやキラーT細胞さん、樹状さん、マクロファージさんあたりが活躍してくれている様子がまさにそれです)

はたらく細胞
http://shonen-sirius.com/series/sirius/saibou/

 

この体自身が病気と戦おうとする力を「正気(せいき)」と呼びます。

 

この「正気」と「邪気」の戦いを表すのが

 

・虚証

 

・実証

 

です。

 

「へ??た、戦いの様子???」

 

という風にびっくりする方もいますが、要はこういうことです。

 

——————————————-

●強大な邪気(インフルエンザウィルウスとか)VS 強い正気(旺盛な免疫反応)
→激しい症状(高熱、体全体の痛みなど)→ 実証

——————————————-

●弱い邪気(軽い風邪を引き起こす程度のウィルスなど) VS 弱った正気(弱々しい免疫反応)
→ 長くダラダラと何となく続く不調 → 虚証

——————————————-

 

体が丈夫で免疫応答が盛んであれば、強力な邪気が侵入してきた際、激しい反応が起こります。

 

高熱が出る、という場合の「熱」は体自身が出しています。「熱」で病気の原因を死滅させようという体自身の反応です。

 

でも、熱が出ている体の意識を司る私たち自身は辛いわけですよね。

 

病気のせいで体に辛い症状が起こる…ということで私たちは病気の原因について腹を立てたり、怒ったりするわけですが、実際に辛い症状を引き起こしているのは実は私たち自身…という何ともパラドクシカルな(逆説的な)状況に陥るわけです。

 

 

そういう「実証」の反応が見られるときは、そうした熱や痛みといった反応に対し、発汗を促し、早めに反応を終わらせる手助けをするような漢方薬が用いられます。

 

逆に、免疫応答が鈍く、ダラダラと症状が長引き完治しない、というような「虚証」の場合は
体を温め、免疫が働きやすいよう促すことで病気の治癒に向けて、体に働きかける調合になることが多いです。

 

まとめると、漢方薬を選ぶ際、

 

・体の抵抗力の状態はどうか?

×

・敵となる病気の原因はどのくらい強いのか?

 

を見て、その反応から適切な方剤を選ぶ必要がある、ということですね。

 

そんなわけで、漢方薬選びは結構深いのです。

 

選ぶ側にも、丁寧に体と向き合う姿勢が求められます。

 

そこが、漢方薬の面白いところでもありますし、犬におすすめしたい理由でもあります。

 

次号では、こういう場合には犬にこんな漢方薬という選択肢もあるよ!という話をします。

 

犬に多い皮膚トラブルや、あとは膀胱炎にはこの漢方、といったものもあります。

 

漢方を学ぶことを検討中の方は、是非楽しみにしていてくださいね。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


あなたの愛犬に本当にあった漢方薬を選ぶには?


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日も犬の漢方薬の話です。

 

漢方薬はいろいろな種類がありますが、

 

「今のあなたの愛犬にぴったりな漢方はこれ!」

 

というものを選び出すためには

 

「証(しょう)」

 

というものを理解しないといけない。

 

例えば、犬や人の「体の状態を把握する」ための「証」は、初心者の方であれば以下の4つのパーツに分解するとわかりやすい。

 

—————-

●陰(寒)証

●陽(熱)証

●虚証

●実証

—————-

 

とりあえず4つのパーツで「証」というものを考えてみる。

 

犬の漢方初心者の方にはこの考え方がおすすめです。

 

という話を前回のメールではしました。

 

なので今日は1つ1つをみていくことにします。

 

——————————–

●陰(寒)証と陽(熱)証

——————————–

 

一言で言うと、

 

「今目の前の犬の体に異常を起こしている原因は何か?」

 

と言う尺度の一つが「陰証」と「陽証」になります。

 

具体的にみていきましょう。

 

——————————–

【陰証】
体が冷えることで異常を起こしている状態を指す:

——————————–

 

悪寒、頭痛、全身の疼痛、お腹の冷え、温めると症状が和らぐタイプの寒気など

 

「体が冷えて病気の原因」

 

になっている状態を指すのが「陰証」です。

 

 

——————————–

【陽証】
体に熱がある状態:

——————————–

 

発熱、喉の渇きや痛み、冷たいものを欲しがる、のぼせなど。

 

これは

 

「熱が体の不調を引き起こしている状態」

 

です。

 

これが「陽証」。

 

 

わかりやすい例でいうと「風邪」という病気を発症し、ドラッグストアに風邪薬を買いにいくところを想像してください。

 

「風邪」の漢方というと「葛根湯」が有名です。

 

でもこの有名な葛根湯、

 

「全然効かなかった!!」

 

という不満が実に多く聞かれる薬でもあります。

 

これを、「証」という概念が理解できていると「ああ、そういうことかも」とその原因が予想できます。

 

「葛根湯」

 

は、何を隠そう隠しませんが「陽証」「実証」向けの方剤です。

 

(実証については次号のメルマガで詳しく紹介します)

 

「陽証」ということからわかるように、基本的に「熱」に体が侵されている場合に用いる薬なんですね。

 

このことは、葛根湯が中耳炎、扁桃炎、乳腺炎などの「炎症によって熱が出る」タイプの疾患にも処方されることからもわかります。

 

 

では比較として「陰証」の場合の風邪ってどういうの?ですが、例えば:

 

・頭痛と寒気があり、顔色が悪い

・背中全体が寒い

・食欲がない

 

といった症状が主な風邪の場合、

 

「麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)」

 

という漢方薬の方が適します。

 

これは「陰証」「虚証」向けの漢方薬です。

 

色々と長く書いてきましたが、要はこういうことです。

 

「葛根湯は風邪のひき始めで熱に体が侵されている風邪に向いているが、そうでない風邪もあるので、そういう場合は葛根湯は効果をあまり発揮しない」

 

「風邪」という病気の名前だけで、その代表的な薬である「葛根湯」を飲んでも、自分の風邪がそのタイプと合致していなかったら効果がありません、ということです。

 

だから「証」を合わせるのが大事。

 

よく見ると、ドラッグストアの葛根湯のパッケージにも、ちゃんと

 

「風邪の初期症状、頭痛、発熱、喉の痛みに」

 

という風に、「証」に合わせて薬を選べるよう、書いてあります。

 

ただ、やっぱり「証」を知らないと、自分に合っている漢方薬を選ぶのは難しいですね。

 

「寒証」の風邪でも「頭痛」がある場合もありますし、このあたりはやはり、漢方薬についての基礎知識があった方が自分にぴったりな風邪の漢方薬を選びやすいです。

 

最近はドラッグストアでも、いろいろな種類の風邪向け漢方薬を売り出しています。

 

ざっと例を挙げると:

 

・麦門冬湯(ばくもんどうとう)

・小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

・小柴胡湯(しょうさいことう)

・柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)

 

などなど。

 

これらが同じ風邪コーナーに「ドーン!」と売られています。

 

これらを目の前にして、果たしてどれだけの人が、自分にとって本当にあった風邪のための漢方薬を選べると思いますか?ということです。

 

今メールをお読みのあなたご自身はいかがでしょうか?

 

漢方に興味があって、犬のための漢方もちょっと学んでみたい…と思っている方でさえも、たくさんの風邪向けの漢方薬を前にして、自分に合っている方剤を選ぶというのは、至難の技ではないでしょうか?

 

自分のことでさえそうなのです。

 

これが増してや、物言わぬ犬であれば、言わずもがな、ですよねという話。

 

だからこそ、飼い主さんが漢方の「証」については基礎知識を持って、犬の普段の生活の様子や体について、よく観察し、それを獣医師に情報として伝え、一緒に犬に最適な漢方薬を選ぶ必要がある。

 

今日の重要ポイントはそこになります。

 

ちなみに私は、かれこれ5年ほど前に本格的に漢方薬の勉強をして

 

「ああ、ノリだけでドラッグストアで漢方薬を選ぶと損するのか!!!」

 

と衝撃を受けたのを覚えています。

 

私自身は、それまで自分については医師の診断と処方でしか漢方薬を利用したことがなかったのですが、その診断と選び方がいかに適切であったかを、過去の処方を振り返ってみて実感しましたし、

 

以前、自己判断でドラッグストアで漢方を買ってみようかな?と購入を検討していた方剤が
実は全然、とんちんかんなセレクトだった、ということにも気がつきました。

 

ああ、やっぱり基本は大事なんだな、と思った次第です。

 

なので折角、このメルマガを読んでくれている読者の方で「犬の漢方利用」に興味のある方には回り道をせず、犬の体にあった漢方を選べるよう、しっかり基礎を知っていただければ、と思っています。

 

そういう思いで、今日もこのメルマガを書いているわけです。

 

次号のメールでは引き続き「証」の話で

 

●虚証と実証

 

について解説予定です。

 

是非楽しみにしていてください。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。