なぜ私たちは犬を飼うのか?


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

2018年最後の配信です!

 

*2018年のOffice Guriの営業は昨日をもって全て終了となりました。

製品や講座へのお問い合わせなど、昨日までにいただいた分については、事務局より全て返信済みです。該当される方はメールをご確認ください。

 

これ以降のお問い合わせなどへの返信は2019年1月4日以降となります。

 

(メルマガは年末年始の休業とは別に配信しています)

 

 

さて、今日は年末年始の読書におすすめの書籍を紹介する第三弾ですが、その前に昨日読んだ本で、かなり良いフレーズがあったのでそちらを先に紹介しますね。

 

私たちはそもそも、なぜ動物を飼いたいのだろう?という疑問に一つの考え方を提示してくれる言葉です。

 

ああ、確かにそういうところあるかも、と個人的に感じたので紹介します。

 

いや、そういう人に限らず、人間にはイヌネコが必要なのではないか、と思うわけですよ。
なぜなら、人間はパーフェクトではなく、何かが欠けていると考えるから。
生き物を飼いたがるのは人間だけだし、我々は生き物に接することで何かを補完しているのではないかと思うから。

それは同じ人間や、富や名誉なんかじゃ絶対に代用できない欠落で、
その部分を埋めてくれるのが、イヌやネコと行った”小さきもの”たちだと思っている。

出展:やっぱり友だちはいらない。(押井守著)

 

 

動物と一緒に暮らすと世話が必要です。

 

動物も年をとってくると体の色々故障が出てきて、病院代も薬代もバカになりません。

 

動物と暮らすことに興味がない、という人から見ると

 

「なんでわざわざそこまでして面倒(あえて面倒、という書き方をします)を抱え込むの?」

 

と思われるかもしれませんが、まあ私たちは、それを嬉々としてやっている、ということですよね。

 

我が家は13歳のシニア犬を始め、6歳の犬、カブトムシの幼虫12匹を飼っています。

 

カブトムシは完全に私の趣味ですが、だいたいにおいて「気持ち悪い」と言われます。

 

確かに好きじゃない人から見ると、あんなでっかい芋虫をわざわざお金を出して飼ってきて、飼育するって変わってる…としか言いようがないと思いますが、私は犬も好きだし、虫たちも好きです。

 

要は、生き物に囲まれて暮らしているのが好きなんですね。

 

なぜなんだろう、とそこを深く考えたことが今まであまりなかったのですが

 

(ただ単に好きだから、というところで止まっていました)

 

確かに、生き物と暮らすことで何かを補完してもらっている感じはすごくあるし、それはもし、生活の中に生き物が一緒に暮らしていなかったら?と想像するとかなり味気ない世界になるだろうなあ、と容易にイメージできるところからもはっきりしています。

 

そういう意味で、私の足りないところを補完してくれる存在である犬(やカブトムシ)については、その健康と、生活の質についてはやっぱり全責任を負わないと、と思います。

 

(まあカブトムシには世話をされているという感覚すらないと思いますが、それでも良い土やゼリーを買ってきては、せっせと世話をしています)

 

 

私は「犬の健康をまず家庭で守る」をテーマにずっと仕事をしてきていますが、生き物を飼う以上、その生き物の健康と、その生き物が幸福であるように全力は尽くさないと、という考えが根底にあります。

 

 

まあ我が家の犬たちが現状で幸せかどうか?は本人たちが喋らないのでわからないのですが、概ね満足できるような生活環境と、健康管理と、あとは心の交流はできているのではないか?と考えています。

 

とりあえず2019年もベストを尽くします、ということで今年最後のメルマガは締めくくりたいと思います。

 

最後のおすすめ書籍は、「犬に漢方薬を飲ませてみたい、すでに飲ませている」という方向けにこちらの本をご紹介します。

——————————————————————

【3】NHKきょうの健康漢方薬事典改訂版 医師からもらう全148処方最新完全ガイド

——————————————————————

 

 

犬に漢方薬を飲ませる場合は、副作用の危険も考えなくてはいけないので、必ず獣医師に処方してもらうのが基本です。

 

で、そういう風に処方された薬についてもっと詳しく知りたいとか今後、漢方薬を処方してもらえるよう獣医さんに相談したいんだけど、事前に我が家の犬にも使えそうな漢方薬があるかどうかを知りたい、という場合にこの本は字引き的に使えます。

 

人間向けの本ですが、副作用について処方ごとにくわしく書かれているのでおすすめですね。

 

昨日紹介した書籍:

——————————————————————

【2】獣医版フローチャートペット漢方薬 実は有効!明日から使える! / 新見正則

——————————————————————

と併せて活用すると、より漢方薬の犬への使用について理解が深められるのでおすすめです。

 

というわけで、年末年始におすすめの読書ガイドはここで一旦終了となります。

 

今年一年、メルマガをご愛読いただきありがとうございました。良い新年をお迎えください。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


参考書籍紹介:犬の食事の栄養バランスが気になる方へ「栄養学」の基本


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

今日から年末年始のお休みに入った方も多いと思います。

Office Guriは明日12月30日まで営業しています。

通販部門のOffice Guriストアは昨日より一足早く年末年始休業に入りました。

今年最後のオンライン講座の募集も明日いっぱい受付していますので、ご検討中の方は、お早めにお申し込みくださいね。

——————————————–

●ペットのための東洋医学講座:オンライン版

https://aj-dogcare.info/toyoonline/D/

*募集期間は2018年12月30日までです。

*募集人数は30名限定です。

——————————————–

年末なので、今年読んでみて参考になった、役に立った!という本をご紹介しようと思います。

興味のある方は書店などでチェックしてみてくださいね。

——————————————–

【1】マンガでわかる 栄養学 / 足立香代子著

——————————————–

 

栄養学の基礎から、目的に応じた応用までざーーーっと急ぎ足で知るにはよい本です。

 

犬の手づくり食に興味に興味をお持ちの方は、

「栄養バランス」

をとても気にされる傾向にあります。

 

なので、手づくり食を実践して、色々栄養についての疑問がわいて来たらまずは栄養学の基礎をざっとでいいので学ぶのがお勧めですね。

 

その際、犬向けの栄養学の書籍…という風に探すと、先ず種類がありません。

 

あったとしても専門書すぎて、入手が難しかったり、価格が非常に高価だったり、一般の飼い主さんが手を出すにはちょっと…と躊躇してしまうものが多いです。

 

 

そういうときは、人間向けの書籍でまずは栄養学の

「アウトライン」

を、ざーーーとでいいので、テレビのザッピングの要領で見てみるのがいいです。

 

特に「栄養バランスが…」と悩んでいる方ほど栄養ってそもそも何??というところを知らずに悩んでいるケースが私の経験上、多く感じられます。

 

(分からないから悩んでしまう、という考えも成り立つと思います)

 

食物に含まれる栄養の働きや、体の中での動きを知っておくことは、人・犬の健康を考える上でとても役に立ちますからまずは人間向けの、入門書で基礎を学ぶのがお勧めですね。

 

 

そこに、犬に食べさせてはいけない食物の知識とか、そういうのを「犬のための書籍」で勉強して知識を積み上げていくとよいでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

【1】マンガでわかる 栄養学 / 足立香代子著

 

 

書籍シリーズが好評であれば、明日、お勧め書籍その2をご紹介予定です。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


お勧め書籍:もっともくわしい動物医薬の本


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日は本を1冊ご紹介しようと思います。

 

「動物病院でもらう薬が今ひとつわからない!!」

 

という飼い主さんにお勧めです。

————————————

●もっともくわしい動物の薬の本
錠剤・液剤・滴下剤から注射剤まで
https://amzn.to/2C5cdyf

————————————

 

かなり良い本ですが、残念ながら現在絶版です。

 

定価3,800円(税別)が中古本で5,000円程度で売られていますが、まずは図書館などを当たってみることをお勧めします。

 

この本の何が良いか?というと、

 

●病気別の薬のインデックス

 

が掲載されているところ。

 

同時に、後半には薬剤名検索がついていて、薬の名前からも勿論調べられます。

 

動物病院でもらった薬が、いまひとつ何の目的で出されているかわからないし、副作用のことなどももっと良く知りたいのだけれど診察時間は短いので、あまり長く獣医さんに時間を取らせるのもなんだか気が引けて…。

 

 

という風に、漠然と不安を抱えたまま、とりあえず言われた通り薬は飲ませています…というような飼い主さんには非常にお勧めです。

 

この本の前書きに、とても良いことが書かれているので一部引用します。

 

——————————————————–

 

このプロセスのなかで獣医師は「説明」をとても重視しています。

 

動物の病気やケガを治療するには飼い主の協力がなくてはならず、そのための知識と心構えを、いくつかの可能性や選択肢を示しながら説明するのです。

 

治療の方法はさまざまですが、その中心は何といっても薬による治療です。

 

ただし薬の効果には限界があり、また副作用もつきものです。

 

獣医師は薬の説明にも十分時間をさくように心がけていますが、限りはあります。

 

動物の病気やケガの治療は獣医師と飼い主の連携プレーでなされます。

 

飼い主が十分な知識をもとに治療に望むことが大切です。

 

そのとき、飼い主が薬についての知識を身につけておくと、治療に大いに役立つだけでなく、副作用から動物を護ることにもつながります。

 

(もっともくわしい動物の薬の本:まえがきより引用)

 

——————————————————–

 

個人的にはここに強く共感しましたね。

 

>動物の病気やケガの治療は獣医師と飼い主の連携プレーでなされます。

>飼い主が十分な知識をもとに治療に望むことが大切です。

 

「難しいことは分からないから」

 

「専門家じゃないし」

 

という風に、薬や治療についてはお医者さんに丸投げ、というのは、治療成績にも微妙に影響します。

 

なので私自身はおすすめの姿勢ではありませんよ、というのはこのメルマガで繰り返しお伝えしていることでもあります。

 

獣医さんは「飼い主さんと連携プレー」で動物の治療に当たりたいと思っている。

 

だったら飼い主の側も、自分の犬の病気やケガに関わる範囲については勉強する。

 

要は、少しの努力で互いに同じ土俵に立ちましょう、ということ。

 

そうすることで、獣医師と一緒に動物の健康を守っていく。

 

大事なのはそこだと思うのですが、今メルマガをお読みのあなたご自身はどう考えますか?

 

 

「そうだよね、別に動物薬全般に詳しくなる必要はないわけで、せめてうちの犬が飲んでいる薬についてくらいはちょっと自分で勉強して、把握しておこうかな?」

 

そういう風に考えてくれる飼い主さんが一人でも増えると、私自身、とても嬉しいです。

 

興味のある方は是非、今日ご紹介した書籍をチェックしてみてくださいね。

●もっともくわしい動物の薬の本:錠剤・液剤・滴下剤から注射剤まで
https://amzn.to/2C5cdyf

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。