シニア犬のケアどうしたらいい?→シニア期を迎える前から準備する、という考え方もおすすめです。


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、先週の土曜日は札幌で

●ペットのための東洋医学アロマセラピー

講座でした。

 

精油を11種類ご用意して
その中から愛犬の状態に合わせて

「東洋医学的な視点で」

精油を選び、マッサージオイルを作成していただきました。

 

例えば、「」をケアするのにこの精油、
」をケアするのにこの精油、
」のケアをするにはこの精油、という具合です。

 

また、内臓同士はそれぞれ影響し合うので
ケアしたい臓器を中心に「相性・相克」の考えを活用し
トライアングルでアロマレシピを決める方法もご紹介しました。

 

こちらは明日から動画編集がスタートしますので
ぴん!と来られる方はぜひ動画配信を楽しみにお待ちください。

 

今日はよくある「シニア期の食事をどう考えたらいいのか?」という
ご質問を取り上げていこうと思います。

 

先日、「薬膳で出来ることとできないこと」というテーマで配信したこの記事に対し
かなりの反響がありました。

●犬の薬膳でできること、出来ないことの「ボーダーライン」を知る
http://www.officeguri.com/archives/5544

 

話を要約すると

「犬がシニア期に入り足腰が弱ってきている、体力的な衰えを感じる。
 食事を工夫することで何かできることがあるか?」

というご質問に対し、

「足腰の衰えなどは、筋肉の衰えに原因があるケースがほとんどなので
 食事だけで何とかしようと思うと無理がありますよ」

というのが回答でした。

 

 

以下、その際に回答を下記に引用します。

—————————————————————————–

そのため、それを食事「だけ」で何とかしようとすると
それには無理があります。

 

筋肉は使うことで張りや量を取り戻すことが可能ですが
そのためには運動が必要になります。

 

そのため、シニア期である愛犬に無理のない範囲で運動をさせる、というのが
第一選択肢になります。

 

それと同時並行で、タンパク質の摂取量を意識して増やします。

 

シニア期に入るとタンパク質の要求量は青年期に比べて多くなります。

 

これにはいろいろな要因がありますが
そのひとつに、青年期に比べて、シニア期は同じたんぱく質量を摂取しても
筋肉に合成できる率が下がる傾向がある点が挙げられます。

 

なので、気持ち多めに肉類、魚類を増やす、という工夫で
良い結果が出せるケースが多いです。

 

—————————————————————————–

 

そして、「シニア期に入ったので食事をどう変えて、健康管理に生かしたらいいのか?
というご質問に対し
もう一歩深く突っ込んだ回答をするのであれば

シニア期を迎える前から、しっかり体を作っておければベストです

に、なります。

 

それにはやっぱり、運動が欠かせません。

 

定期的な散歩はもちろんですが
時々ドッグランなどで思い切り走らせる、なんていうのもおすすめです。

 

ちなみに我が家のぐりは、
まだ1歳の頃、実家の父が山の斜面からボールを投げて
坂道を走ってボールを追いかけ、
それを取って坂の上まで登ってくるというのを
毎日特訓されていました(笑)

 

なので、散歩から帰ってくるともうぐったりで
でもおかげで筋肉はしっかりとできていましたね。
獣医さんにも「筋肉がすごいです」と褒められていたくらいです。

 

これは完全に父が趣味でぐりの体を鍛えていたので
絶対にそうしなければならない!というものでは
もちろんありません。

 

ただ、若いころから体をしっかり動かす習慣を持ち
適度な筋肉が発達させることは

「シニア期を迎えるにあたり、快適に過ごすための貴重な貯金をしている」

というイメージをしていただくとわかりやすいかと思います。

 

運動の習慣をしっかり取り入れた上で
食事からサポートできることはたくさんあります。

 

良質なたんぱく質をたっぷりと摂り、
エネルギー源となる栄養素や
体の代謝や疲労回復に必要なビタミン、ミネラル類もしっかり摂取すればOKです。

 

 

このように書くと、緻密な栄養計算がいるのでは!?とドキッとする方もいるかもしれませんが
よほど偏食をしない限り、普通の食事から
これらの栄養素は十分摂取できるので
安心してくださいね。

 

こういう食物には、どういう栄養素が多く含まれているか?を
ざっと知るだけでも、安心材料につながります。

 

例えば、人間向けの栄養についてやさしく書かれたこのような書籍を読むだけでも
基礎的なことが学べますので
それをあとは犬に応用すれば大丈夫です。

 

●あたらしい栄養学

また、シニア期に入っても犬の胃腸の消化機能は衰えないというデータもあります。
なので、シニア期だから全部おかゆにしなければだめとか
消化を良くする工夫をして柔らかくしないといけなとか
そういう一律のルールもありません。

 

犬が元気で、普通に食事をしてくれるのであれば
それでOKです。

 

もし、飲み込む力が弱くなって
とろみをつけないと食べにくそうだとか
そういう場合は個別に対応するのがいいですね。

 

「シニア期だから」

というくくりで見るよりは

「現在の我が家の犬の場合は」

という視点で考えるのが、おすすめです。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。