犬の「エイジングケア」を考える(6)薬膳視点の「エイジングケア」食材とは?


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日は犬のエイジングケア最終回です。

 

「腎」をサポートする食事について
薬膳の視点からお話しします。

 

薬膳のベースになっている東洋医学の考え方に基づいてお話をすると…。

 

「腎」を助ける食材というものが存在します。

 

色でいうと「黒い食べ物」は「腎を助ける、補う」と言われていますし
食材の薬効を表す「五味(ごみ)」という分類では

 

●鹹味(かんみ)

 

が「腎」をサポートすると考えられています。

 

例えば「こんぶ」「のり」「わかめ」「ひじき」などがこの
「鹹味」に分類されています。

 

「鹹味」の文字の意味だけを取り出すと
「塩辛い味」になりますが…。

 

薬膳の「味」は舌で味わった際に感じる「味覚」を指すのではなく
あくまでも【薬効】を指すものです。

 

例えば生わかめや味付けをしないひじきなどは
そのままだと特に塩辛い味では無いですよね?

 

「鹹味」にはしこりをやわらかくする作用、
便秘や腫れものを改善する作用があると考えられています。

 

「なるほど、鹹味といっても食べて感じる味のことを指すのではなく
 しこりをやわらかくするとか、そういう”作用とか薬効”の意味なんですね。

 しょっぱいものをあげろっていう意味では無いということですね」

 

はい、そのように理解してください。

 

また、「鹹味」に分類される以外の薬効を持つものでも
「腎」に良いとされる食材はたくさんあります。

 

以下に挙げる食材は「腎」をサポートするのによいとされる物の中で
特に犬の食事に取り入れやすいものです。

・くこの実
・白きくらげ
・黒ゴマ
・くるみ
・黒豆
・ひじき
・キャベツ
・やまのいも
・しじみ
・えび
・レバー

 

例えば、いつも食事にちょっと黒ゴマをプラスしてみようか、とか
しじみを足してみようとか
そんな感覚でOKです。

 

今日は人間の晩御飯にエビを使うから
犬の食事にもちょっと入れてあげよう。

 

こんな風に手軽に取り入れてみてください。

 

犬のエイジングケアについての話は
今回で一旦終了します。

 

本日は以上です。

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

 

●5/11(日)札幌市白石区で犬の薬膳講座開講!
詳細の確認とお申込みはこちらから。
http://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=27

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!