シニア犬介護~犬の関節の固まりを防ぐ(6)グレープフルーツ精油の活用


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日も「犬の関節の固まりを防ぐ」をテーマにお届けします。

 

前回は「関節マッサージにお勧めのアロマ精油」として

●ラベンダー・スーパー

をご紹介しました。

 

関節ケアに最適な成分がバランス良く含まれたこの精油ですが
てんかんを持つ犬には慎重に用いるべき成分「ケトン類」を少量ですが含みます。

 

シニア犬は、他の年代の犬より敏感で反応が出やすいケースが多いです。

 

そのため、安全面を考慮すると、
てんかんを持病に持つ犬の場合「ラベンダー・スーパー」の使用は
念のため控えることをお勧めする、というお話を前回はしました。

 

では、そう言う犬の場合でも安全に使える精油は無いのか?というのが
今回のテーマです。

 

てんかんを持病に持ち、なおかつ関節のケアをしたいと言う場合は

 

●グレープフルーツ(プラナロム社)

がお勧めです。

 

 

理由は、この精油には「血流促進」「血管拡張作用」を持つとされる

●リモネン

という成分が約95%も含まれているからです。

 

*成分分析表(ロット、メーカーによって成分は異なります)
http://www.pranarom.co.jp/product/essential/essential024.html

 

 

実際に、人間の整形外科において
アロマテラピートリートメントを行い
(精油を希釈したマッサージオイルを使ったマッサージなど)
いくつかの精油で評価の測定を行ったところ…。

 

 

グレープフルーツの評価が最も高いという結果がでたという
実験データがあります。

 

 

●理由としては:

グレープフルーツの爽やかな香りが
鼻から吸収され、脳を刺激することにより
リラックス効果が高まったという要因がひとつ。

 

もうひとつは、血管拡張効果の期待されるリモネンを
多く含むグレープフルーツを希釈して作った
マッサージオイルでマッサージを行い、
皮膚の表面温度をチェックしたところ
温度が他の精油と比べて有意に上昇したと言う結果が得られた。

 

 

 

何だか難しいことを…と思う方もいらっしゃるかもしれないので
まとめると

 

「グレープフルーツを用いたアロママッサージでは
 香りもいいのでリラックスを誘うし
 実際に皮膚の表面温度が上がるのが確認できるほど
 血流を良くする結果になった」

 

ということです。

 

てんかん持ちの犬の場合は、グレープフルーツを用いて
マッサージオイルを作り
関節をマッサージしてみてくださいね。

 

「シニア犬の関節の固まりを防ぐ」というテーマは
今回で終了します。

 

次号より、また別のテーマでお届けしていきます。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!