食糞についての悩みのその後をお知らせいただきました。


おはようございます。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、今日はメールを1通ご紹介させていただきます。

————————————————————–

諸橋直子様

この度は、講座のご案内をいただいてありがとうございます。
思いがけないプレゼントをいただいた気持ちで、とっても嬉しいです。
当時のことを思い出しながら、もう一度勉強します!

もう一つ、お礼申し上げたいことがあります。

以前、アロマで食糞が治りますか?という質問をとりあげていただいたことがあります。

そのときに、いただいたアドバイスの中に

「何か犬に問題があって、その問題が今すぐぱっと解決!!
と言う風に行かない場合には、
飼い主さんの気持ちの上での負担が軽い事、が
最終的に良い結果に結びつくケースが多いです。」

というのがありました。

これが、すごく響きまして。。。

この子に対して出来るだけイライラしないように、
気をつけるようになりました。

そして、薄皮をはぐように、食糞の回数が減ってきているのです。
この子は興奮症のようでもあり、散歩もあまり上手にできず、
色々困っていますが、勉強して対処しつつ、でもイライラしないように!
という方針を軸にしようと思いました。

「子育て」のアドバイスまでいただいて、ありがとうございます。

長くなりましたが、本当にありがとうございます。
これからも、よろしくお願いいたします。

(ほのままさん)

————————————————————–

ほのままさん、メールありがとうございました。

食糞に関するご質問をいただいた際の回答ですね。
懐かしいです。

当時のメルマガの内容がお役に立てて私も嬉しいです。

我が家のラブラドール:ニコも
かなり手に負えない子犬時代でかなりイライラが募った経験があります。

 

座れができない、マテもできない、
じっとしていない、トイレはめちゃくちゃ…と
唯一救いだったのは当時は盲導犬協会所属のパピーでしたので
定期的に専門の職員さんが訪問していろいろとチェックしてくれることでした。

 

専門職の職員さんですら
ニコのしつけには苦労していましたので

「ああ…もうこれはこういう犬。
 私のしつけ力不足云々を超えた問題なんだ…」

と、早い段階で諦めといっては何ですが
諦めが付いたと言う経験があります(苦笑)

 

結果として、ニコは盲導犬にはならず
「やっぱりね」と言う感じで我が家の犬として正式に迎えましたが
そのニコが、今ではかなり「いい犬」になっています。

本人の成長もあると思いますが、
トイレがめちゃくちゃで、毎日自家製のアロマクリーナーと
トイレシートを片手に床の掃除をしていたころも

「クリーナーがアロマ精油を使った香りだから
 まあ、床掃除のたびにラベンダーで床を殺菌しているようなものだ」

とか

「クリーナーがラベンダーの香りなので
 まだそんなにすさんだ気持ちにならないで済むのが救いだな!」

とか、あまり落ち込んだり、怒ったりしないようにしていました。

 

まあそれでも…イライラが重なると「もういい加減にして~!!」と
なることももちろんありましたが
どこかで、

 

「ニコは今結構どうしようもないところがあり、育てるのもハードな犬だが
 基本的にはいい犬だし、そのうち落ち着いていい犬になるだろう」

 

と、楽観的な見通しを持っていた気が
いま振り返るとします。

そして、今年の5月で2歳を迎えるニコですが
最近は本当に「いい犬」になりました。

我が家では歴代の犬たちに

「いい犬だ!」

「素晴らしい犬たちだ!」

「こんな素晴らしい犬たちは見たことが無い!」

と何かにつけて言う、という
傍から見るとちょっと変な話しかけ方をするようにしています。

 

 

「いい犬だ!」

と言われているとき、犬たちは若干「そうでしょう、ふふふ」と
ドヤ顔になっている感じがしますし
実際には犬たちがどう感じているかはわかりませんが

「何か褒められてる?私たち?」

と言う感じで、悪い気はしていないようです。

犬に対して「素晴らしい!」と言っていると
自分も気分が良くなるので
結構毎日言っています。

できるだけ、ストレスが無く
毎日楽しく過ごせれば、こんないいことはないですね。

ということで、メールありがとうございました。
また何かありましたらお気軽に
メールフォームよりご連絡くださいね。

今回ほのままさんからのメールにある「講座」ですが
本日いっぱい、4月6日(月)23:59いっぱいで募集を締め切ります。

愛犬の東洋医学ケアにご興味がある場合は
ぜひチェックしてくださいね。

●ペットのための東洋医学基礎講座:オンライン版
https://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=34

次号より、また新しいテーマでお送りします。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


東洋の予防医学~犬の病気を予防するために私たちができること


おはようございます。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、先日より募集を開始した

●愛犬のための東洋医学の基礎知識

●薬膳の基礎知識

●ツボマッサージ・お灸の基礎知識

を3つまとめて、ご自宅で愛犬に「東洋医学のケア」を行うのに必要な

●基礎

を自宅で効率よく学んでいただける講座ですが
その後も続々とお申込みをいただいています。

 

今回の講座はインターネットに接続できるPCさえあれば、いつでもどこでも
好きな時間に学んでいただける

●オンライン教材

としてご提供ですので
東洋医学について、自宅でじっくり自分のペースで学びたい、と言う方には
ピッタリな講座です。

「やあ、待ってました!早速詳しいことが知りたいです!」

と言う方に、くだくだしい説明も不要でしょうから
とにかくどういう中身か知りたい!と言う方は
今すぐ下記より詳細をご確認ください。

●ペットのための東洋医学基礎講座:オンライン版
https://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=34

今回は「東洋医学が重視する”予防医学の重要性”」について
お話しして行こうと思います。

————————————————

●予防医学~病気を予防するために私たちができること

————————————————

先日、「ウイリアム・オスラー博士」という人の伝記を読んでいました。

この人はカナダ、オンタリオ州生まれの医学者で
1849年生まれ、1919年まで活躍した人です。

かなりの人格者で、患者さんのため、医療のため、
医療の発展のために尽くした人なのですが

「薬を過信するのはよくない!
(確固たるデータもなしに製薬会社を肥えさせてどうするのだ!的な感じの発言)」

「予防が大事だろ!」

と、この時代にしては
結構ファンキーなことを言っています。

 

もちろんオスラー博士は薬も必要に応じて使いましたし
決して医薬品自体を否定している人ではありません。

 

ただ、「最終的に病気を治すのは薬では無い、体自身だ」ということを
信条としていた人でした。

 

なので、薬の使用は必要最低限にとどめ、
患者さんの気持ちが晴れるような冗談をいったり
心から患者さんの境遇に同情し
力になるよう心を砕くことを重要視した医師として知られています。

 

ここで大事なことは、

●西洋医学

●東洋医学

は対立して、正反対と言うイメージを持っている人が
世の中では結構多いみたいなのですが…。

 

実際のところ、東洋医学では「予防医学」の部分を非常に重要視しますが
西洋医学のお医者さんだって、やっぱり「予防医学が大事だろ」と
考えているということです。

 

つまり、西洋医学、東洋医学を問わず

「病気にならないよう、普段の生活を気をつけたり
 食生活を気をつけたりすることが大事だ」

ということに変わりはない、ということです

 

そしてこれは、犬も人間も同じです。

 

東洋医学では「未病」と呼ばれる
発病前のグレーゾーン、いわゆる「病名付かないけどなんか調子悪い状態」も
ケアの対象として考えます。

 

「未病」の状態から
お灸やツボマッサージ、生活習慣を改める
食事に気をつけるなどの指導をします。

そして、普段の健康維持のために
お灸等も勧めています。

「病気にならないに越したことは無い」

「病気になる前に予防できればそれがいい」

「そして万一病気になっても、
 体のバランスを取り戻すために出来ることはたくさんある」

それが東洋医学のベースになっている考え方です。

 

愛犬の健康を守るために
普段からこつこつできることはたくさんあります。

 

食事、生活習慣に気をつけて免疫力を正常にキープしておくこと、
万一、細菌に感染したなどの場合でも
速やかに戦えるよう体の基礎を整えておくこと。

 

そういうことに

●東洋医学の基礎

●薬膳

●ツボ(お灸)

がお役に立ちます。

このような予防医学にご興味がある場合
今回の講座は必ずお役に立てると自負しております。

ぜひご検討くださいね。

●ペットのための東洋医学基礎講座:オンライン版
https://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=34

 

 

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。