犬の薬膳Q&A:フードにトッピングでも薬膳は実践できますか?


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、先日このメルマガでは

 

「ペットフードについて、成分やラベルの読み方など
 客観的な情報を学ぶことに興味がある方いますか?」

 

というアンケートを取りました。

 

すると、かなりの数の方が「興味あります!」と回答してくれました。

 

こういう風にクリックアンケートで反応ががっちりあると嬉しいです!( ´∀`)

 

私自身は犬の食事はほぼ手作り食オンリーです。

 

(用事があって実家に預ける、病院に犬が検査入院などの場合はフードを利用します)

 

一方で、犬にとってペットフードは最も身近な食品のひとつですし

 

・完全手作りだけど、ホテルなどに預ける場合はフードを利用する

・普段は手作りとフード、半々くらい

・フードのみだけど手作りにも興味がある

・フードにトッピングをしている

 

という風に、様々な形でフードを利用している飼い主さんは実際多いです。

 

例えはちょっと変かもしれませんが、
ペットフードは私たちにとっての「米」みたいなものかな?と思います。

 

最も身近な食べもので、それをまったく抜きでは食事について語れ無いような
ペットフードは犬にとって、そんな存在ではないでしょうか?

 

何故今回、そういう話をしたかというと
現在募集中の薬膳講座について

 

「私はペットフードを利用中なのですが、薬膳は実践可能でしょうか?」

 

「ペットフードに薬膳食材をトッピングする、というやり方でも薬膳はできますか?」

 

というご質問が、今回結構多く寄せられているからなんですね。

 

●薬膳=完全手作り

 

と思っていらっしゃる方が結構多かったようで、
その点、私自身もご案内不足だったところがあり、反省しているので
今日は

 

「フードにトッピングでも薬膳は全然大丈夫ですよ!」

 

という話をしていこうと思います。

—————————————————————-

●フードにトッピング…でもそれって栄養バランスが崩れたりしない?

—————————————————————-

 

まず結論から言います。

 

実際問題として、フードに多少トッピングをした、程度では
栄養バランスは崩れませんので大丈夫です。

 

世の中には「フードにトッピング!」というテーマで本まで出ているくらいです。

 

(かなり前なのでもう絶版になっているかもしれませんが、
トッピングをお勧めする内容で、具体的なレシピも掲載されている本です)

 

また、手作り食実者の方の中でもフードにトッピングの方は多いです。

 

忙しいので100%手作り食は無理…という方の場合、
野菜をちょっと煮て乗せるとか、茹でた肉を乗せるとか
そういう方法を工夫されている方も多いです。

 

それで元気に暮らしている犬たちがたくさんいるわけですから
その点は安心してください。

 

余談ですが、最初はドライフードにトッピングだったのが
最終的に、手作りごはんにドライフードをトッピング、に比率が逆転される方も結構多いですね。

 

何故ドライフードをトッピングするのですか?と聞くと、
理由は

 

「まだ手作り食に自信がないので、
 ドライフードをちょっとでも乗せることで栄養不足にならないように!です。

 

 ただ、本当にほんのちょっとなので、どれだけ栄養に貢献しているかは
 実際どうなのかという気もしますが…まあ気休めです( ;´Д`)」

 

という方も多いです。

 

なので、もし

 

「我が家は完全手作り食ではないから、薬膳に興味があるけど
 トッピングで実践してバランスとか崩れたら嫌だな」

 

と心配している方は、いつものフードに犬の身体の状態に合わせた薬膳食材を

 

(体を温めるのには鶏肉、むくみには小豆、貧血気味であればレバー、など
本当に身近な食材でOK)

 

少しずつトッピングするだけでも十分薬膳の効果を期待できます。

 

なのでまずは自分のできる範囲内で
無理せず「トッピング薬膳」からスタートしてみてくださいね。

 

 

 

●はい!まずは手軽なトッピングから薬膳をスタートしてみたいです!
http://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=33

*今回の募集人数は30名です。
*募集期間は2017年11月25日(土)23:59までです。
*定員に達した場合は、募集期間内でも予告なく募集を締め切る場合があります。

 

—————————————————————-

●フードにトッピングしてカロリーオーバーになりませんか?

—————————————————————-

 

フードのパッケージが近くにある方は
ちょっとラベル表示を見てみてください。

 

ラベルにはだいたい以下のことが書いてあります。

 

・ライフステージ(子犬、成犬、シニア、その他)

・体重別給餌量(1日●g食べさせてください、という目安)

 

フードだけあげる分にはこの書いてある量を守っていればいいけれど
そこにトッピングが合わさると、
カロリーが気になる…。

 

こういう場合、私は

 

「一旦、フードの箱に書かれている数値から離れてみましょう」

 

と言います。

 

そもそも、フードの箱に書かれている数値はまず、【絶対】ではないからです。

 

すべての同じ年齢の犬が、体重がだいたい同じ範囲に収まっているからと言って
必要とするカロリーが「同一」である、というのは
基本”ありえない”というのは、ちょっと冷静に考えるとわかると思います。

 

 

人間で例えると、身長158cmで体重52kgの40代女性が
全員、1日に必要とするエネルギー量とか栄養素が同じか?と言われれば
そうじゃない、というのをイメージするとわかりやすいかと思います。

 

平均値とか基準値はありますが、
本来、どのくらいのエネルギーや栄養素を必要とするかは
個体によって違ってきます。

 

なので、フードに書かれているグラム数はあくまでも推奨値なので
絶対視しなくても大丈夫、むしろ一時その数値から離れてみましょう、ということになります。

 

では、何を参考にすればいいのか?

 

目の前の犬を参考にしてみてください。

 

例えば、フードにトッピングといっても
どのくらいの量を乗せるのか?とか、
何を乗せるのか?でどのくらいエネルギー量(カロリー)が増えるかが違います。

 

茹でたもやしを乗せるのと、
茹でたバラ肉を乗せるのとでは、当然ですが同じグラム数を乗せた場合
後者の方がカロリーが高い。

 

そういう部分を見ながらフードの量を適当に加減していくのがお勧めです。

 

適当に、というと

 

「ええええ!そんないい加減な!」

 

とびっくりする方がいらっしゃいますが
こういう適当かげんも結構大事だと私自身は考えています。

 

・バラ肉を今日は乗せた→じゃあフードを1割くらい減らしてみようかな。

・野菜を少量乗せた→さほどカロリーはなさそうだから、フードの量はそのままでいいか。

 

こんな感じでご自身の「さじ加減」というのをマスターするために
色々チャレンジしていただくことが、実際には

 

「そのご家庭で」

「その犬に合わせた」

「ちょうどよい量」

 

が、わかる近道になります。

 

それで2週間くらい様子を見て、もし犬が太ってきたら「ああ、多かったんだな」という風に考え
カロリー調整をする。

 

逆にやせてきたら「ああ、足りなかったかも」とまた調整する。

 

大事なのは、

 

「目の前の犬の状態と向き合いながら微調整をする」

 

ということです。

 

この「微調整」を身に着けるには、とにかくまずはスタートしてみることです。

 

私も最初、手作り食の「量」は本を参考にしてそのまま作ってあげたら
犬がどんどん太ってしまった、という失敗をしています。

 

なので、犬の状態を見ながら
量を減らしたり、中身を変えたりして、
今は犬がやせたりもしないが急に太ったりもしない、健康体重を維持、という食事に
落ち着いています。

 

毎回食材の量をはかったりわざわざしませんが、
それでうまくいっています。

 

自分の家族であるうちの犬の適正な食事量、というのは
ある意味計算ではじき出せる、というほどシンプルではないな、という経験も
結構しています。

 

だからもう、目の前の犬に合わせて調整するしかない。

 

なので、犬の体重や体型をチェックしながら微調整を繰り返すのがお勧めです。

 

体型は、注意してみていればすぐに変化に気が付きやすいので
あ、変わってきた、と思ったらそこで軌道修正すればOKです。

 

なので安心してくださいね。

 

太り過ぎ、やせ過ぎが気になる場合は
動物病院などでも推奨している
ボディコンディションスコア(Body Condition Scoring、BCS)システムを参考に
犬の太り過ぎ、やせ過ぎを判断する指標にするのがお勧めです。

 

(P288-299の図を参照の事。9段階で4から5のBCSが目標とされる)

https://www.aaha.org/public_documents/professional/guidelines/nag_japanese_color.pdf

 

カロリーオーバーや栄養バランスの崩れが心配で
フードにトッピングでの薬膳を迷ってしまっている場合も
犬の体型をチェックしながらしながら進めることが可能です。

 

興味のある場合はぜひ、薬膳にトライしてくださいね。

●はい!愛犬の身体をチェックしながら
 適正体重をキープして、トッピングから薬膳をスタートしてみたいです!
http://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=33

*今回の募集人数は30名です。
*募集期間は2017年11月25日(土)23:59までです。
*定員に達した場合は、募集期間内でも予告なく募集を締め切る場合があります。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

 

(終)

 

■追伸1:

手づくり食にもメリットがありますし
ペットフードにもペットフードのメリットがあります。

トッピングは、ある意味その「両方」の良いところを合わせたものなので
特に手作り食に興味あるけど
100%手づくりにするには、ちょっと大変そうだし難しいなあ…という方に
お勧めの方法になります。

薬膳のメリットは、トッピングという形でも十分享受できるので
迷っている場合はぜひ、気軽な気持ちでトライしてみてくださいね!

http://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=33

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。