薬膳で考える犬の肝臓ケア~薬膳講座、お申込み多数につき募集枠増員決定!


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

先日募集を開始しました

●愛犬と飼い主さんのための薬膳講座入門オンライン版

ですが、メール配信直後よりたくさんのお申込みをいただいています!
ありがとうございます!

 

既にお申込み済みの方で
自動返信メールが届かない等でお困りの場合は
迷惑メールフォルダ等をご確認くださいね。

 

もし、迷惑メールフォルダにも連絡メールが届かない、と言う場合は
お手数ですが下記メールフォームよりご一報ください。
折り返し、事務局よりご連絡を差し上げます。

●メールフォーム:
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2c890eb858701

 

—————————————————————–

●募集枠を30名様→50名様まで増やします!

—————————————————————–

実は今回の薬膳講座の募集は
当初30名様を予定していました。

ところが、実際に募集を開始してみると、
30名様の枠が思ったより早く埋まってしまいそうな勢いです。

 

そこで、今回募集枠を増やすことにしました!

 

50名様までお受けできるよう、体制を整えましたので

「待ってました!!」

「楽しみにしていました!」

と言う方は、今すぐ下記よりお申込みください。

●愛犬と飼い主さんのための薬膳講座入門オンライン版
https://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=33

*今回の募集は50名様限定となります。

*2015年6月7日23:59までの受付となります。

*今期の募集まで「10,800円」で受講いただけますが、
次回募集時には教材自体の大幅なアップグレードを予定しております。
価格も「24,900円」に値上げとなりますので、
現在のお得な価格でお申込みいただくのがお勧めです。

 

さて、ここからは

 

「薬膳を実際に、愛犬の健康サポートにどう活用したらいいのか?
 具体的に知りたいです」

 

と言う方向けにお話しして行こうと思います。

 

現在、薬膳講座を既に受講されている
第1期受講生の方から質問を募集し
それを元にアップグレード教材作成の準備を行っていますが…。

 

どういうご質問が寄せられているか?を一部
ご紹介させていただきます。

—————————————————————–

アップデート楽しみにしております。
ぐりさんで勉強して、手作りご飯に、なつめや、しろきくらげ、
くこのみなんて今まで使ったことない食材を加えるようになりました。
なつめのたねははずしてますが、たべてもだいじょうぶなものでしょうか!?

てんかん様の発作とうによい薬膳とうなんてあるのでしょうか!?
よろしくお願いします。

(gabuさん)

 

—————————————————————–

 

愛犬が約一か月前に、腎不全と診断されまして、
なるべく手作りごはんを続けたくて「薬膳講座」のテキストを読み返しているところでした。
タイプでいえば「血虚」だと思います。
黒豆や小豆を積極的に取り入れています。
他に有効といわれる食材はありますでしょうか?

 

「なつめ茶」や「くこ茶」も水分代わりに取り入れてみたいのですが、
近場のお店ではなかなか売っておらず、
実を煮出してみようと思っていますが、水:実の割合ってどれくらいがいいのか?
実を煮出したものでも薬膳効果はありますよね?

 

質問ばかりですいません。よろしくお願いします。

(のえママさん)

 

—————————————————————–

 

うちの子は身体が小さいこともあり、肝臓自体も少し小さいようです。
そのためか肝臓が強くなく、ALPなど元々高めで、ストレスや疲れなどが貯まると
肝酵素値が一気に上昇し、嘔吐や下痢を起こしてしまうことが過去に何度もありました。

犬も食欲旺盛ですし、痩せているので少し太らせたいという思いもあり、
多めに食餌を与えたくなるのですが、無理に与えると吐いてしまいます。
嘔吐もそうですが、食べ過ぎ自体も肝臓に負担を与えるため、
太らせたいけれどたくさん食べさせられない・・・という矛盾が私の中で戦っています。

肝臓の負担を軽減したいため消化に時間がかからないものを
普段から選びがちで、消化しやすいよう小さく切ったりしていますが、
この考え方は合っていますか?

体力がつき体重増加を見込めるような食材を探していて、
今はお肉をメインにした食餌にしています。

うちの子のような場合、どのような食餌を心がければいいのでしょうか。

(タンタンさん)

—————————————————————–

 

薬膳講座では、愛犬の健康サポートに東洋医学の食餌療法を活かそう!という
多くの飼い主さんが真剣に学ばれています。

 

そのため、このような具体的な
たくさんご質問をお寄せいただいています。

 

それぞれのご質問には、受講生専用メルマガの中で
可能な範囲でお答えしていますが
今日はタンタンさんから頂いた3つ目のご質問に動画で回答したものを
お見せします。

通常は、受講生にのみ公開している特別な動画です。

●愛犬と飼い主さんのための薬膳講座入門:受講生Q&A(1)肝臓ケアの食事について
https://youtu.be/ViUI42v9Hio

 

いかがでしょうか?

 

●肝臓のケア

 

と言うこと1つを考えるだけでも「薬膳」では

・内臓同士の関係

・犬が感じる感情(ストレス等)

というものを、丁寧に探っていきます。

 

その上で、「この場合は肝臓のケアにこういう方法を取りましょう」という
道筋を決定します。

 

また、薬膳の特徴は「食事」だけでなく
「生活環境や習慣の中からも肝臓ケアに活かせる方法を取りれよう」と
トータルな視点で考えることです。

 

動画の最後の方でお話ししていますが
今回のケースでは、食事の工夫にプラスして
ストレスケアに有効なツボマッサージも併用してみてはいかがですか?と言う話もしています。

 

これが「薬膳」、そして「薬膳」のベースになっている
「東洋医学」的な考え方なのです。

 

家庭での「薬膳」はあくまでも予防ケア、家庭でのケアです。
 病気の場合の食事のケアは、必ず獣医師と相談の上、行ってください。

 

—————————————————————–

●現在の価格で受講頂くと、教材アップグレードに伴う値上げ後も
 差額無しで追加分の教材は『無償』で受け取っていただけます。

—————————————————————–

こんな風に、私が運営するオンライン講座では
定期的に受講生の方から質問を募集し
追加教材や動画を作成します。

 

こうした追加教材や動画を作成した後は
講座の価格を改定し、値上げを行います。

 

但し、既存の受講生の方からは
その際追加料金等は一切いただきません。

 

アップデート教材についてはすべて無償で受け取っていただけます。

これは、早い段階で受講を決意し
貴重な時間とお金を投資して、愛犬の健康サポートのために
学ぼう!と言う飼い主さんを応援したいと、私自身が考えているからです。

 

また、アップグレードを行うのは
受講生の方が基礎を学ばれた後には、必ず

「新たな疑問、悩み」

が出てくるからです。

 

学んだからこそ出てくる、理解が深まった上での悩みですね。

 

そうした悩みをカバーすることで
より受講生の方に取ってお役に立つ教材を作成することが可能になります。

 

そして受講料なのですが
アップグレード後は現在の受講料「10,800円」から
アップグレード価格「24,900円」への値上げを予定しています。

 

但し、繰り返しになりますが既存の受講生の方は
アップグレードに伴い追加料金を頂くことは一切ありません。

また、今後のアップグレード、追加教材についても
すべて無償で受け取っていただけます。

 

薬膳を学ぶことにご興味がある場合は
是非現在の、アップグレード前の価格でお申込みいただくことをお勧めします。

*現在の価格でお申込みいただけるのは
 2015年6月7日23:59までです。
 それ以降は「24,900円」となりますのでご注意ください。

●愛犬と飼い主さんのための薬膳講座入門オンライン版
https://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=33

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


7/13(日)東京都渋谷区開講「犬の薬膳講座」「ペット食育入門講座」は満席となりました。


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

7/13(日)東京都渋谷区開講

 

「犬の薬膳講座」

「ペット食育入門講座」

 

は、メルマガ読者の方を対象とした募集で各16席が先ほど満席となりました。

 

たくさんのお申込みを頂きありがとうございます。

 

Office Guriの講座の最新情報は
メールマガジンで優先的に配信しています。

 

今後、セミナーの情報を希望される方は
是非この機会にメルマガにご登録くださいね。

 

 

 

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


犬の薬膳講座、ただいまより募集開始です!


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、お約束の時間となりましたので

●愛犬と飼い主さんのための薬膳講座入門

の募集を開始します。

 

現在私は漢方薬の取り扱いも含めた「薬膳と東洋医学」の学びを
人間の薬剤師資格を持つ方が講師を務める講座で
深めています。

 

その講師の方が、講座内ではっきりとこうおっしゃっていました。

 

「体調が悪くなったからと言って漢方薬を慌てて飲むようようだと
 実は遅いんです。

 それよりもっと大事なことがある。

 それは食事です。

 食事は毎日のものだから、ここをおろそかにすると
 確実に影響が出る。

 だから普段から食事に気をつけることが
 ”未病先防(みびょうせんぼう)”に一番直結しています」

 

これまで漢方薬局で、多くの患者さんを診てきた先生の言うことなので
結構な重みがあります。

 

私は

「食事は食事、当然限界もあるし、できることとできないことがある。

それを踏まえた上で、やっぱり食事は大切」

と考えています。

 

例えば、私は冬の終わりごろになると
大気中に飛んでくる異物に体がかなり反応して咳が出ます。

 

(PM2.5とか、もう確実に反応します)

 

で、これって呼吸器科に行くと「喘息」と診断されて
ステロイド吸入薬や気管支拡張剤などが出るんですが
これが面白いほど効きません(苦笑)

 

要は、私は通常より免疫力が高いので
異物が入ってきたらすぐに反応が出て、それを追い出そうとするんですが…。

 

環境内の異物の量も半端ないので

 

やっつける>また入ってくる>やっつける>また入ってくる

 

以下、ループ、と言う感じです。

 

なので大気中に異物の多くなる季節は極力外に出ません。

 

それでも吸ってしまい、反応してしまう場合はどうするのか?

 

もう免疫力の方のスペックをあげるべく
体温をあげます。

 

体温が一定以上高い方が、各種免疫システムも働きやすくなりますから
お風呂に入るなど物理的にも温めますが
運動量を増やして筋肉を動かし、熱を作るなどの工夫をします。

 

もちろん、食事からも体を温めるよう薬膳の知識をフル活用します。

 

肺の乾燥を防ぎ、肺を潤す食材も積極的に取り入れますし
免疫力を正常に保つために大切なエネルギーを補う食材を食べます。

 

そして、実はこの「異物除去」「体温をあげて免疫力UP」と言うことがらも
「薬膳」とセットになっています。

 

薬膳のベースとなっている「東洋医学」では
病気やトラブルを「トラブルが起こっている部位」だけで観ないのが特徴です

 

●環境を整え

●体のエネルギーの状態を整え

●なおかつ食物の力も借りる

 

これでワンセットです。

 

ただ、これを全部いきなり学ぼうとすると
結構膨大な量になります。

 

特に、初めて東洋医学に接する人であれば「わけがわかならい…」ということに
なりがちです。

 

そこで…。

 

●犬も飼い主さんも毎日取る身近な「食事」

 

を入り口とした「薬膳講座」を今回企画しました。

 

食事は毎日のことですから
手軽にスタートできます。

 

しかも、薬膳は

「難しい、まずい、漢方薬をぐつぐつ煮込んだエキスなどを使用する」

という難解な手間は一切不要です。

 

●胃腸を温め、体全体を元気づけたい=鶏肉

●呼吸器を乾燥から守り、正常に働くのを助けたい=長いも

●シニア犬のアンチエイジングに役立つ食材を取り入れたい=黒豆

 

こんなライトな感覚でOKです。

 

食材を選ぶ際に「今の愛犬の状態に合わせて選ぶとすれば…」と
考えるのは楽しい作業です。

 

また、飼い主さんの美容にも薬膳は役立ちます。

 

例えば、薬膳では「肌のシミ」というものを
「血液のトラブル」「肝臓のトラブル」といった視点でみますから…。

 

美白美容液を使うのにプラスして

 

●血液を浄化するレシピ
●肝臓の働きを正常に近づける為のレシピ

 

などを食事面から取り入れる事で相乗効果が狙えます。

 

「犬の皮膚トラブル…血液の状態と肺のケアで考えてみよう」

 

「シニア犬のアンチエイジング…腎のサポートを取りいれて、
 腎を元気づける黒い色の食べ物を
 積極的に与えよう」

 

「犬の毛のパサつき…体全体の栄養状態をチェックすることから始めよう」

 

こんな風に「通常私たちが考えたり接したりする現代医学や栄養学」とは
少し異なる視点で

●食事
●健康
●日常のケア

を考えたい、と言う飼い主さんにとっては
必ずお役にたてる講座だと自負しています。

 

5月11日(日)、ぜひこうした「薬膳の知恵」を学んで
愛犬の健康サポートの知恵を新しい視点で身につけてみませんか?

 

薬膳講座を受講いただいた方へは
自宅に戻ってすぐに薬膳をスタートできるよう

「1日3粒食べると年を取らない」

とされる、ある【薬膳食材】のプレゼントもご用意しています。

 

是非ご検討くださいね。

 

●5/11(日)、札幌開講「愛犬と飼い主さんのための薬膳講座入門」
詳細のご確認とお申込みはこちらから!

https://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=27

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

 

(終)

 

■追伸1:

犬のデトックスを意識する飼い主さんが増えてきていますが
薬膳でデトックスというと
まず思い浮かぶのが

●ハトムギ

です。

 

ハトムギは、肌荒れや肌トラブルの際に
良く使われる薬膳食材ですが
基本の考え方はこうです。

 

「肌トラブルは体内にたまった毒素を排泄しようとする生理現象。
そのため、排泄をスムーズにし助けるような食材を取り入れる」

 

これは薬膳の本場である中国で、昔から多くの人たちが実践し
効果を体感してきたやり方です。

 

なので、当然私たちにもいいですし
犬にも食べさせることができます。

 

薬膳は長い歴史を持つものです。

 

その間に危険なものが淘汰され、
安全で効果の高い物が現代まで残り、伝わっていると考えることができます。

 

そうした長年のデータと経験値の蓄積の【知恵】を
犬にも応用できるとなると
本当に現代は「いい時代」だと思います。

https://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=27

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。