ベテラン飼い主さんにおすすめ!書籍『犬の医学』


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

先日、たまたま見つけたこんなニュースがあるのですが、ご存知でしょうか?

●ペットにも高度医療を 仙台獣医師会が総合どうぶつ病院 専門性高い2次医療担う
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201804/20180406_13008.html

以下、記事からの引用です。

 

仙台市内の獣医師でつくる協同組合仙台獣医師会は、宮城野区苦竹1丁目に「総合どうぶつ病院」を開設し、1日に診療を始めた。

東北初となる超電導型磁気共鳴画像装置(MRI)などの高度医療機器を備える。

個人開業の獣医師では対応できなかった専門性の高い2次医療を担う。

(中略)

高度医療機器を個人で持つ獣医師は少なく、精密検査の機会は限られていた。

協同組合の小野裕之理事は

「獣医学の進展やペットの長寿命化で、高度な検査や手術ができる拠点が求められていた。仙台以外にも門戸を広げ、多くのペットの命を守りたい」

と話した。

 

MRIやCTといった医療機器は、個人病院だと設置しているところは少ないですよね。

 

私も犬たちは近所の個人クリニックをかかりつけにしていますが、高度な検査になると大学病院で、という話になります。

 

人間の場合だと、MRIやCTを持っている病院は多いですし、大学病院まで行かなくても、家の近所にあるちょっと大きめの病院であれば検査を受けることができます。

 

そういう利便性を動物にも、ということです。

 

例えば、超音波検査だけではどうしても悪性腫瘍なのか、良性なのか診断がつかない、というようなケースでMRIは使用されます。

 

X線検査が「平面の写真1枚」なのに対し、CTなら、体を輪切りにしながら連続写真が撮れます。

 

何百枚も連続して撮影した輪切り写真を合成し体の中を

立体の写真

としてみることができるので、腫瘍や骨折など位置がよりわかりやすくなるというメリットがあります。

 

あとは犬でも最近は「内視鏡」による検査や治療が行われるケースもあります。

腹腔鏡」による検査や治療もあります。

 

「腹腔鏡ってなに??」

 

「内視鏡ってどんなものなの?」

 

と、聞きなれない言葉に目が点になる方もいるかもしれません。

 

しかしながら、犬も人間同様、高度医療が受けられる時代なので予備知識として、

 

●どういう病気の時に

●どんな高度医療が受けらるのか?

 

は、概要だけでもいいので、知っておくのがお勧めです。

 

で、この「犬の高度医療」について、かなりのページを割いて解説してあるのがこちらの書籍です。

 

 

この書籍の前書きには、こう書かれています。

 

家庭動物が病めば、それだけで急に家庭が暗く、不安となり、居てもたってもおられなくなる気持は、いたって当然といえましょう。

人と家庭動物とが安心して暮らしていくには、日頃より動物の飼い方・健康管理と、病気に対する正しい知識に親しむことが、とても大切なのです。

 

健康管理の知識は大切です。

 

犬の生活を知り、犬にとって快適な飼い方を学ぶことも重要です。

 

それと同じくらい

 

●「病気の知識を持つこと」

 

も大切だと私自身は考えますが、これについてあなたご自身はどう考えますか?

 

病気の知識があれば、犬の病気にも早い段階で気づいてあげることができます。

 

そういう意味で、この本は「病気」の知識と、「高度医療の情報」も同時に知ることができるので便利です。

 

特に、犬を飼い始めてもうベテラン、という飼い主さんでそろそろ犬もシニア期に入るから、病気全般について知っておきたい、という方は必読の書です。

 

長年犬を飼い続けていて、犬の病気には詳しい!という方でも、動物医療はどんどん進歩しています。

 

 

最新情報をアップデートしておくことは犬の健康を守るためにも必須です。

ぜひ書店でチェックしてみてくださいね。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


強力お勧め書籍紹介『イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科』


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて

 

医学

 

と聞いて、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか?

 

難しそう…

 

自分はお医者さんじゃないから関係ない

 

そんな拒否反応を起こしてしまう方もいるかもしれません。

 

でも私たち人間も犬も、生きている限り、何かしら身体に不調を感じることがありますよね。

 

そういう時、どのタイミングで病院に行くのか?

 

どういう症状が出たら緊急事態なのか?

 

などがあらかじめ分かっていると便利です。

 

そして、お医者さんをはじめとする医療関連の人たちも、医療関係者ではない

 

「ごく一般の人たち」

 

に、医療について、健康について、体について、もっと知ってもらえると嬉しい、と思っています。

 

 

なので、一般向けにこういう書籍が出ています。

 

 

個人的に強力プッシュ本になります。

(これは絶対読んだ方がいい!というレベル)

 

 

この本の前書きに、こういうことが書いてあります。

 

以下、引用します。

 

そのような環境下のもと、伴侶動物が人間と生活を共にし
共存するためにはまず健康が第一である。

しかし、生命あるすべての生きものは、加齢とともに病気の発生が増加する。

中でも長期間にわたる人間との生活の中で、
人と動物の共通感染症は最も重視すべきものである。

そのため、動物の飼い主は、それらも含めてもの言えぬ動物の病気について
正しい知識を保有すべきである。

 

 

 

もの言えぬ動物の病気について正しい知識を保有すべきである

 

これは非常に大きなポイントだと、私自身は考えています。

 

●病気=専門家であるお医者さんに治してもらう

 

一昔前までは、医療を受ける側にはそんな受け身の姿勢が普通でした。

 

でも今は

 

●病気=患者本人と医療者が同列の立場で考え、協力して病気の治療に当たる

 

という考え方が、かなり一般的になってきました。

 

厳しい言い方をすると、健康については病気になったときに、プロのお医者さんに

 

「おんぶにだっこ」

 

ではもう通用しないですよ、という時代になってきている、と言う事です。

 

病気のプロであるお医者さんもそう考えているからこそ

 

「一般の人たちに、体の事、病気のことを基礎知識でいいから知ってほしい」

 

と考え、このような一般向けの書籍を書いているのだと思います。

 

 

この本の最初の方に

 

この一冊が動物たちの生命を守ります

 

という項目があります。

 

そのめくってすぐのページが

 

●緊急症状早見表

 

になっています。

 

「こういう症状が動物に表れたら、すぐに病院へいってくださいね!」

 

という一覧表です。

 

このページだけでも、この本を読む価値があると思います。

 

気になる方はぜひ、書店などで手に取ってみてくださいね。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


参考書籍『犬の家庭の医学』の紹介


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、前回のメルマガで

 

「どんな講座で学んでみたいか?」

 

というアンケートを取ったところ、多くの方が

 

犬の臓器の働きや体の仕組みなど、基礎を学びたい

 

という風に回答されました。

 

そこで早速、そうした基礎を分かりやすく学べる講座を企画し、制作準備に入っています。

 

その中で、読者の皆さんが気軽に手に取って読める参考書籍をいくつか見つけましたので、今日はそのうちの1冊をご紹介しようと思います。

 

 

 

この書籍は一言でいうと

 

犬の病気と健康管理を、広く浅く

 

という内容です。

 

日常的な体のお手入れ方法から、こういう様子が見られたら病院へ、というチェックポイントの紹介などもあります。

 

犬を飼い始めたばかりの初心者の方であれば、一通り目を通しておきたい内容が網羅されています。

 

犬関係の仕事をしている方であれば、お客さんから健康上の相談なども受ける機会があると思います。

 

そういう時、広く浅く、

 

・病気の兆候

 

・犬種別のよくある病気

 

・体の部位別のよくある疾患

 

の知識があると、早めに病院の受診を勧めるなど、役立つアドバイスにつながります。

 

まずは広く浅く、犬の身体のケアのこと、病気の事を知っておきたい

 

という飼い主さんにはおすすめの書籍です。

 

ぜひチェックしてみてくださいね。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。