水分代謝を良くするデトックス食材「小豆」 夏~初秋移行期の食事(4)


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日も「夏~初秋移行期の食事」ということで
お話ししていきます。

 

薬膳の様々な本を見ていると
それぞれの季節に対してこういうものを食べよう、
こういう風に体の変化に対応しよう、と言うことが書かれていますが

 

「秋」

 

をその後訪れる「冬」を快適に過ごすために
体にしっかりと栄養をつけて、体力をつけるための
準備期間と言う捉えた方をしているものも多いですね。

 

私たち人や犬は冬眠をしませんが
熊等は冬眠をしますし、冬眠前にはたくさん食べて
しっかり体に栄養を蓄えます。

 

「冬」

というのは「春」の芽吹きに備えてエネルギーをじっと蓄積する季節、
と考えられていますから
やはり冬も「春」の備えの側面を持ちます。

 

 

こういう風に、

 

「季節をちょっと先取りし、次のステップを意識して体を整えておく」

 

と言う考え方をすることで

 

「今が快適であればそれでいいや」

 

と場あたり的な食事や生活によって
体力や内臓を損なったり、痛めたりすることがぐっと少なくなります。

 

常に季節の一歩先を見越して
体を整える、損なわないよう守る。

 

そして変化に対応する。

 

こういう考え方が薬膳の根底にあります。

 

そのため、まだまだ暑さが続く!という地域にお住まいの方も多いと思いますが
是非暑いときから次の季節を意識して
体のケアを、という風に捉えてみてください。

 

というわけで、今日は移行期にお勧めの食材

 

●小豆

 

を取り上げます。

 

——————————————————-

●犬に小豆!?~小豆は体にエネルギーを与え、
 解毒を促すパワー食材

——————————————————-

 

小豆には強い水分代謝作用があると薬膳では考えられています。

 

そのため、水ぶとり、むくみなどで悩んでいるケースの
食事に良く用いられます。

 

犬が寝た切りになり、体がむくんで辛そうなときに
犬も小豆を食べられると聞いて、早速小豆粥にして食べさせたら
とっても美味しそうに食べてくれた!
と言うようなメールも最近は頂戴するようになりました。

 

また、小豆は疲労回復にも良いとされており
夏の暑さでぐったり疲れた体に、優しくエネルギーを補ってくれます。

 

実際、小豆を炊きこんだ小豆粥を食べると
小豆特有のぽくぽくとした優しいでんぷん質の味わいが
本当に美味しく感じられます。

 

我が家の犬も時々、飼い主につきあって小豆粥を食べますが
喜んで食べますし
小豆は大豆のように、一晩水につけなくてもすぐに炊くことができるので
扱いも楽ですね。

 

ご飯を炊く際に少量の小豆を入れて、小豆ご飯にしてもいいですし
お粥にして小豆粥にするものお勧めです。

 

暑い時期はとにかくあっさりしたものを、と言う風になりがちです。

 

こういうときこそ、ちょっと秋の気配を感じて
食欲が出てきた際に
エネルギー源となる主食にプラスアルファの食材で
しっかり体に滋養をつけることを意識してみてください。

 

「夏~初秋への移行期」をテーマにした話は
今回で一旦終了です。

 

次号より、「犬の生活を快適にするアロマテラピー」について
取り上げていきます。

 

夏場はアロマの虫よけが大活躍したり
アロマのスプレーなどで犬を雑菌から守るなど
いろいろな使い方がありますが…。

 

もし、アロマ精油の中には

 

「免疫力を活性化させる作用のあるもの」

「関節のケアに用いることで痛みを和らげることが期待できるもの」

 

などがあると言われたら、●●さんはご興味がおありでしょうか?

 

その他にも

「食欲が無い際に、食欲を刺激する作用のある精油を嗅がせる」

「不安分離症に悩む犬のメンタルケア」

「呼吸器のケア」

など、アロマテラピーが犬や私たち人間にもたらしてくれる恩恵は
計りしれない物があります。

 

次号よりアロマテラピーに着いて取り上げていきますので
ぜひ楽しみにお待ちください。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


エイジングケアにもお勧め「黒米」 夏~初秋移行期の食事(3)


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日も「夏~初秋」へ穏やかに移行するための
食事についてお話ししていきます。

 

夏の間は食欲が失せたり、
量が食べられない、あっさりしたものばかり食べたい、ということで
栄養不足になりがちです。

 

ただ、これを長くやっていると、秋がきて涼しくなっても

 

「何だかだるい…」

 

というのを引きずってしまいがちです。

 

そこで、少し気温が下がってきたな、湿度が下がってきたかも!と
感じはじめたら、ちょっとずつ食事の中に

 

「内臓を温めるもの」
「体全体に栄養を補うもの」

 

を意識的に足して行くのがお勧めです。

 

お勧めの方法は

「主食に一工夫」

です。

 

具体的には、ご飯に滋養強壮によい

●豆
●雑穀

などを炊きこんで、少しずつ夏のあっさりした食事から
しっかりとパワーのある、力の出る食事に切り替えて行く感じですね。

 

では具体的にどんな食材がお勧めなのか?

 

今日は

●黒米

を主食に炊きこんで、体を徐々に元気づけるのにいい食べ方をご紹介していきます。

 

———————————————

●穀類は体を元気づける滋養強壮の食材の宝庫

———————————————

 

穀類は糖質が多く、
消化吸収されるとすみやかにエネルギーに変わるので
食べると元気が出る、というのが一般的な栄養学での捉え方です。

 

薬膳でも穀類は「身体を元気づける」「栄養を与える」という風に捉えていますが
面白いのは様々な穀類にそれぞれ個別の

「薬効」

があると考える点ですね。

 

犬の手作りご飯を実践されている方は
主食に白米や玄米、蕎麦、パン、うどん、パスタなど
様々なものをお使いのケースが多いですが
そうした「一般的な穀類」にプラスして

 

●雑穀
●豆類

 

を使っていただくと、バリエーションが広がります。

 

雑穀や豆類を、米と一緒に炊いたり、お粥にすることで
犬にも消化しやすく、美味しくいただけるようになります。

 

もちろん、飼い主さんも一緒に召し上がっていただくことで
健康維持に役立ったり、美容に良いものもありますから
ぜひ今日からご紹介する雑穀・豆類を
使ってみてください。

 

———————————————

●慢性の疲労感、エイジングケアに~黒米

———————————————

 

実は今朝も私は黒米のお粥を食べました。
1回作ると3食くらい食べられる量を毎回作っています。

 

 

https://instagram.com/p/rl8_vTC8EO/

 

黒米は「慢性疲労」「食欲が無い」「元気が出ない」という場合に
お勧めの穀類です。

 

胃腸の働きを良くして、消化吸収を助ける働きがあるとされていますから
夏のじめじめで痛めた胃腸、
冷たい物が多く弱ってしまった胃腸を元気づけるのに最適です。

 

また、黒い食べ物を薬膳では「腎」を補う食物として捉えています。

 

「腎」は東洋医学の世界では、生命エネルギーを溜めこんでおくところと
考えています。
そのため、この「腎」を補う食べ物を摂ることは

 

「エイジングケア」

 

にもつながり、
特にシニアの犬、目が弱ってきたと最近感じられる犬にお勧めです。

 

お粥にすると食べやすく、水分も多く摂取できるのでお勧めです。

白米:黒米=1:1

の割合でお粥にすると美味しくいただけます。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

次号では「小豆」について詳しく解説していきます。
本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。