犬と旅行(3)犬と車での移動の際、注意すべきこと


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

昨日このメルマガで書いた、

 

●新講座:愛犬と飼い主さんのための「食と健康」

 

ですが、たくさんの読者の方が興味を持ってくださったようでうれしいです。

 

「食と健康維持」をテーマに、食品に含まれる栄養素とからだの関わり、免疫、アレルギーとの関連などをテーマにした新講座になる予定です。

 

手作り食を実践中の方で、積極的に食事を健康管理に生かしたい方のための講座です。

 

テキストの表紙画像を公開しましたので必要を感じる方は楽しみにお待ちくださいね!

 

 

さて、今回も夏休み前のシリーズとして

 

●犬と旅行

 

をテーマにお届けしていきますね。

 

————————————————

●犬と車での移動の際、注意すべきこと

————————————————

 

【乗り物酔い対策】

 

自動車が苦手で乗り物酔いをしてしまう犬のためには、以下の対策がおすすめです。

 

・乗車前の食事を避ける

 

・新鮮な空気を吸えるよう、窓をあける

 

・休憩をまめに行う

 

車酔いしやすい犬の場合、車に乗る前にお腹いっぱいの食事を済ませることはおすすめではありません。

 

また、常に新鮮な空気や風に触れられる場所に犬を乗せることも重要です。

 

車の中で揺れが少ない場所は、運転席以外では「助手席」と言われています。

 

助手席にケージを置いて、犬を乗せられるようであれば、助手席を犬の指定席にすることを試してみるのもおすすめです。

 

旅行中のドライブは思わぬ渋滞に巻き込まれて、休憩がなかなか取れないケースもあります。

 

そのため、休憩はできるだけまめにとり、犬が手足を伸ばして自由に過ごせる時間を作ることも、乗り物酔い防止には大切です。

 

乗り物酔い防止にアロマを活用したい場合は、ペパーミント、ジンジャーの精油を乗車前に少量、犬に嗅がせるのも良いでしょう。

 

(ただし、てんかんの持病を持つ犬の場合、ペパーミントはおすすめではありません。ジンジャーを使用することをお勧めします)

 

夏休みは、犬もキャンプや登山等を楽しむ季節でもあります。

 

目的地までの移動も、快適にできると良いですよね。

 

乗り物酔いしやすい犬の場合、酔わないような対策も併せて行ってあげてくださいね。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬連れ旅(2)犬は飛行機に乗せられますか?


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

今日も

 

●犬との旅行

 

を計画する際に、考えておくべきポイントを今日はご紹介しようと思ってメールを書いています。

 

今回は「飛行機の移動を伴う場合(国内)」について書きますね。

 

———————————————————-

Q: 犬を飛行機に乗せても大丈夫??

———————————————————-

 

A:犬は基本的に「受託手荷物」扱いです。その環境に健康上、耐えられるかどうか?を十分考慮する必要があります

 

私たちにとっては家族として普段、一緒に生活している犬ですが、飛行機での移動の場合、基本的に

 

●受託手荷物

 

という扱いになります。

 

盲導犬などの一部の補助犬は、ユーザーさんと一緒に機内に入ることができますが、一般の犬の場合は、貨物室で過ごすことになります。

 

 

そのため、ペットの安全のためにクレートを使用する、貨物輸送に耐えられる健康状態であるかのチェック、万一、犬が輸送中に亡くなった場合でも、航空会社に責任がない旨を了承する書面にサインを求められるなど色々と条件があります。

 

詳しくは、各航空会社のWEBサイトをぜひチェックしてみてください。

●ANA:ペットをお連れのお客様 [国内線]
https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/domestic/support/pets/

 

●JAL:ペットとお出かけサービス(国内線)
https://www.jal.co.jp/dom/support/pet/

 

●SKYMARK:ペットのお預かり
https://www.skymark.jp/ja/baggage/pet.html

 

ペットを飛行機に乗せること自体がNGの航空会社もありますので、飛行機での移動を検討中の場合、そもそも犬を乗せることが可能か?を必ず調べておくことが必要です。

●peach:ペットと一緒に飛行機に乗りたいのですが、どうすればよいですか。

 

さらに「ペットを受託手荷物として預かりOK」の場合でも、犬種によっては預かり自体NGな場合があるので注意が必要です。

 

短吻種(たんふんしゅ)犬と呼ばれる犬たちは、航空輸送中に体調の変化をきたしやすいとされているため、預かりを断られるケースがほとんどです。

 

短吻種犬というのはざっくりいうと「マズルが短い犬種」を指します。

 

・パグ

 

・シーズ-

 

・ボストンテリア

 

・ペキニーズ

 

・ボクサー

 

・ブルドッグ

 

等が該当します。

 

この犬種のくくりも各航空会社によって異なるので、事前に確認をすることをお勧めします。

 

フライトの間、犬は貨物室で過ごすことになり、飼い主さんと離れて、いつもとは大きく環境が異なる中でじっと待つことになります。

 

ご自身の愛犬が、こうした環境でもうまく適応できそうか?健康状態は問題ないか?などを検討した上で航空機による移動を利用するのがお勧めです。

 

飛行機での移動を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬との旅行を検討している方へ。考えるべき基本のポイント(1)


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

夏休みが近づいてきています。

 

そろそろ犬と旅行の計画を…という方も多いと思いますが

 

●犬との旅行

 

を計画する際に、考えておくべきポイントを今日はご紹介しようと思ってメールを書いています。

 

———————————————————-

Q: 犬と一緒に旅行することを決める際にはどうしたらよいですか?

———————————————————-

 

A:犬にとって「旅行は本当に快適か?」をまず考えてみましょう。

 

基本の前提として

 

「この旅行は、犬にとって快適か?」

 

を、先ず確認する必要があります。

 

・病気

・ケガ

・年齢

・生まれ持った性格etc

 

こうした条件によっては、犬が旅行出来ない場合もあるので、まず「旅行が可能か?」を確認しましょう。

 

 

旅行は純粋な楽しみとして、という場合もありますが、親戚の集まりがある、法事などでどうしても泊りがけで出かけなくてはならない、というケースもありますよね。

 

もし、レジャーではないんだけれど、どうしても旅行をしなければならない、という場合は信頼できるペットシッターに世話をお願いする、ペットホテルを検討する、といった選択も必要です。

 

例えば、高齢期に入った犬にとって長時間のドライブは体の負担になり、苦痛になる場合があります。

 

環境が変わるとどうも落ち着かない…という性格の犬の場合、ホテルなど、いつもと違う環境で過ごすことに慣れず、ストレスになる場合があります。

 

こういう場合は、無理に犬と旅行の計画を立てるよりは

 

「人間は旅行に行くけれど、犬は負担がかからないよう、ペットシッターの方にお世話をお願いして自宅で過ごしてもらう」

 

という選択をした方が、お互いにメリットがある場合があります。

 

無理に行動を共にするのではなく、人・犬がお互いに快適に過ごすにはどうしたらいいか?という視点で旅行を検討してみるのがお勧めですね。

 

これから犬との旅行を検討してる方は、参考にしてください。

 

次号のメールでは、「犬との旅行で飛行機での移動を伴う場合の注意点」についてお話しします。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。