犬のマッサージ:飼い主さんだけができる、犬の自然治癒力の引き出し方


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

前回のメールで、

 

・マッサージは病気予防の目的でも効果が期待できること

 

・特に、マッサージは「飼い主さんが行う事」で大きなメリットが得られやすい

 

という話をしました。

●犬の病気予防につなげるマッサージ
https://www.officeguri.com/archives/6996

 

今日はこの部分、

 

——————————————————————-

マッサージは「飼い主さんが行う事」で大きなメリットが得られやすい

——————————————————————-

 

について、解説していきます。

 

これはものすごく単純な話なのですが、誰だって

 

知らない人に身体を触られるのは嫌だ

 

と思いますよね。

 

人間の世界では、基本的にその人の許可なしに相手の身体に触れるのはNGです。

 

(場合によっては、これは犯罪にもなります)

 

ところが、犬の場合、ちょっと散歩しているだけで見知らぬ人から

 

「かわいいですね~!」

 

といきなり頭を撫でられたり、触られる機会は結構多いです。

 

事前に飼い主側に許可を取ってくれる人、犬への接し方を心得ていて、犬に対して警戒刺せないような方法で触ってくれる人はまだいい方です。フレンドリーな犬であれば、あまり気にしない、ということもあります。

 

 

しかしながら、繊細な性質の犬で他人への警戒心が強い場合、子供などがいきなり寄ってきて頭を撫でようとして、ものすごく驚き苦痛に感じるケースもあります。

 

 

これは、何はさておき「見知らぬ他人に突然、本人の許可なしに体に触れられる」ということ自体が、ありえないほどのストレスになるからです。

 

今メールをお読みの読者の皆さんも、街中でいきなり、見知らに人に頭を撫でられたりしたら警戒しませんか?

 

しますよね。

 

大事なので繰り返しになりますが、犬も人も

 

「見知らに相手に触れられるのは不愉快だし、警戒心を起こす」

 

というのが一般的、ということです。

 

一方で、ごく親しい関係、親密な関係であれば「体に触れられる」という事の意味合いは変わってきます。

 

我が家の犬たちは2匹います

 

4歳のイエローラブラドール:ニコは生後50日で我が家にやってきました。

 

その時にはすでに、先住犬の黒ラブ:ぐりがいましたので、ニコはぐりを親のように慕って育ちました。

 

なので大きくなっても相変わらずぐりに甘え、べたべたくっついています。

 

(ぐりはべたべたされるのは基本、嫌いですが、諦めて仕方なく付き合っています)

 

ニコは親と慕うぐりと体を触れ合わせていることで、安心感を得ているんですね。

 

我が家の子供も同じです。

 

うちには小学生の子供がいますが、私の手を取り自分で頭に乗せて、自分の頭を撫でています。

 

頭をゴリゴリげんこつでマッサージされるのも好きで、疲れると「ゴリゴリしてほしい」と要求してきます。

 

(今は小学生も、色々疲れることが多いみたいです。大変ですね)

 

親しい人、家族、親、など信頼関係があって身体が触れることが安心につながる間柄であれば、それは健康上にも非常に大きなメリットをもたらします。

 

知らない人に触れられれば警戒心とストレスを引き起こす「体の接触」が、信頼関係のある間柄だと180度転換して

 

「安心感とストレスからの解放を促し、健康上のメリットを得やすくなる」

 

ものに変わるのです。

 

ここまでお読みいただき、もう勘の鋭い方はお気づきだとおもいますが、こういう理由があるからこそ

「犬が最も信頼を寄せる、飼い主さん自身」

がマッサージを行うのが大切になります。

 

 

信頼関係がある間柄でのスキンシップは、お互いに精神を安定させるホルモン

オキシトシン

の分泌が増加されることで知られます。

 

これはマッサージをする飼い主さん側、マッサージをされる犬側の相互で起こります。

 

オキシトシンはストレスを緩和し、幸福感を感じさせるホルモンとして知られます。

 

ストレスでダメージを受けた身体の回復に効果があると期待されており、医療の分野でも研究が進んでいます。

 

 

マッサージ、という家庭で出来る方法で、犬の心と体を癒し、内側から自然治癒力を高めるセルフケアが行えるのであればやらない理由がないと思いますが、読者の皆さんはどう感じるでしょうか?

 

 

もっというと、飼い主さんだからこそ「マッサージの効果」を犬に対して最大限に引き出せる、とも言えます。

 

そこには、マッサージの血行促進効果や筋肉の凝りを解きほぐすといった生理学的な効果はもちろんありますが、身体に対し「精神」が及ぼす効果は絶大です。

 

そういう意味では、犬にとって最も身近で信頼できる対象=飼い主さんがマッサージを行うことが、マッサージがもたらす健康上のメリットを最大限に引き出す、近道になると言えます。

 

「飼い主さんだからこそ出来るホームケアがある。マッサージはその一つ」

 

ということを、今日はぜひ覚えておいていただければと思います。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。