犬の耳つぼ動画請求受け付けは、本日いっぱいで締め切ります。


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて今日は1点ご連絡です。

先日、犬の耳ケアにお勧めのツボの位置を
動画でご提供します、というご連絡をこのメルマガで差し上げましたが
現在、50名以上の方からご請求をいただいています。

 

この動画ですが、請求受け付けは本日いっぱい
23:59で締め切りますので

「見逃していた!」

「請求しようと思ってすっかり忘れていた!」

という方のために、リマインダーとしてお送りしています。

 

 

毎回必ず、こうした締切有のプレゼント系企画は締切を過ぎたあとで

「忙しくてメールをチェックしていませんでした!
 もう間に合いませんか!?」

というメールを数通頂戴するのですが
締め切りをお守りいただいた他の読者の方に対して失礼に当たるので
例外は一切認めません。

 

なので、必要な方は本日中にご請求くださいね。

 

以下、7/13配信のメルマガをそのままコピペでお届けします。
メール本文の中に
動画の請求方法が書いてありますので
そちらをご参照の上、ご請求ください。

 

さて、今日も

●東洋医学では犬の耳トラブルをどう考える?

というテーマでお送りしていきます。

前回の記事はこちら。

●犬の耳トラブル~耳の薬膳ケアにお勧め食材の紹介
https://www.officeguri.com/archives/5358

前回の記事では「薬膳」という視点で
食事面から家庭でできることというテーマでお話ししました。

 

今回はこのシリーズの最後になりますが
食事のケアと併せて併用するのがお勧めな

●ツボマッサージ

をご紹介しようと思います。

 

——————————————————-

●「耳」のツボと「腎」をケアするツボの併用がお勧めです。

——————————————————-

「え?犬にツボマッサージって、ツボがあるんですか??」

 

犬のツボマッサージという情報に初めて触れる方もいらっしゃると思うので
今回は、そういう方たち向けに簡単にツボについて
お話ししておこうと思います。

 

例えば肩が凝る人であれば
肩の中で押すと気持ちがいい箇所や
押すことで、肩こり全体が楽になるポイントがある、という
経験をした方もいると思います。

 

そんな風に指圧することで体が楽になる、
調子が良くなるポイントを「ツボ」といいます。

 

*厳密にいうと、こうしたツボは「経絡」という
 体の中に独自に張り巡らされているルート上に存在すると考えられており
 ツボの位置というのは東洋医学の考え方では種類と位置が決まっています。

 そのため、押すと気持ちいい体感はあるが、ツボとは異なるものも存在します。

 ここではツボに初めて触れる方のために
 わかりやすく解説するために簡単な紹介の仕方をしていますが
 ツボについて深く学んでいくと
 こうした区別があることが分かってくると思いますので
 ここで書いておく次第です。

 

 

このツボには「耳」に働きかけるツボ、
「腎」に働きかけるツボなどいろいろありますが
今回は代表的なものをご紹介させていただこうと思います。

——————————————————-

【1】腎愈(じんゆ)

——————————————————-

文字通り「腎」に働きかけるツボで
犬の背骨の両側にあるツボです。

「腎」は成長・生殖など生命の根本にかかわる
エネルギーをためておくところです。

その「腎」を元気づけるツボなので
シニア犬のケアにもおすすめのツボです。

 

 

——————————————————-

【2】聴宮(ちょうきゅう)

——————————————————-

聴宮は犬の耳たぶにあるツボで
耳トラブル解消サポートに良く使われます。

人間の場合も、耳鳴りを解消したい際によく使われます。

 

 

さて、肝心の場所なのですが
文字で説明してもなかなかわかりにくいと思いますので
動画をご用意しています。

 

ただ、普段は有料セミナーの受講生の方のみに公開している動画なので
お手数ですが、この動画の視聴を希望される方は
下記のメールフォームより申請してください。

 

https://ssl.form-mailer.jp/fms/4decddca376158

 

折り返し、自動返信メールで視聴URLをお伝えします。

 

尚、この動画視聴受付は2015年7月15日(水)23:59で締め切りますので
必要な方は期限内に登録しておいてください。
延長など例外は一切ありませんので事前にご承知おきください。

 

*現在メルマガ「ぐり通信」を購読されていない方の場合、
申請いただくと後日、メルマガを送らせていただきますので
ご了承ください。
申請いただいた時点で同意されたものとみなします。

 

このシリーズは今回でいったん終了となります。
次号よりまた新しいテーマでお送りします。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


犬の耳トラブルケアに活用したい「ツボ」の紹介


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、今日も

●東洋医学では犬の耳トラブルをどう考える?

というテーマでお送りしていきます。

前回の記事はこちら。

●犬の耳トラブル~耳の薬膳ケアにお勧め食材の紹介
https://www.officeguri.com/archives/5358

 

前回の記事では「薬膳」という視点で
食事面から家庭でできることというテーマでお話ししました。

 

 

今回はこのシリーズの最後になりますが
食事のケアと併せて併用するのがお勧めな

●ツボマッサージ

をご紹介しようと思います。

 

——————————————————-

●「耳」のツボと「腎」をケアするツボの併用がお勧めです。

——————————————————-

「え?犬にツボマッサージって、ツボがあるんですか??」

犬のツボマッサージという情報に初めて触れる方もいらっしゃると思うので
今回は、そういう方たち向けに簡単にツボについて
お話ししておこうと思います。

 

例えば肩が凝る人であれば
肩の中で押すと気持ちがいい箇所や
押すことで、肩こり全体が楽になるポイントがある、という
経験をした方もいると思います。

 

そんな風に指圧することで体が楽になる、
調子が良くなるポイントを「ツボ」といいます。

 

*厳密にいうと、こうしたツボは「経絡」という
 体の中に独自に張り巡らされているルート上に存在すると考えられており
 ツボの位置というのは東洋医学の考え方では種類と位置が決まっています。

 そのため、押すと気持ちいい体感はあるが、ツボとは異なるものも存在します。

 ここではツボに初めて触れる方のために
 わかりやすく解説するために簡単な紹介の仕方をしていますが
 ツボについて深く学んでいくと
 こうした区別があることが分かってくると思いますので
 ここで書いておく次第です。

 

このツボには「耳」に働きかけるツボ、
「腎」に働きかけるツボなどいろいろありますが
今回は代表的なものをご紹介させていただこうと思います。

——————————————————-

【1】腎愈(じんゆ)

——————————————————-

文字通り「腎」に働きかけるツボで
犬の背骨の両側にあるツボです。

「腎」は成長・生殖など生命の根本にかかわる
エネルギーをためておくところです。

その「腎」を元気づけるツボなので
シニア犬のケアにもおすすめのツボです。

 

 

——————————————————-

【2】聴宮(ちょうきゅう)

——————————————————-

聴宮は犬の耳たぶにあるツボで
耳トラブル解消サポートに良く使われます。

人間の場合も、耳鳴りを解消したい際によく使われます。

 

 

さて、肝心の場所なのですが
文字で説明してもなかなかわかりにくいと思いますので
動画をご用意しています。

 

ただ、普段は有料セミナーの受講生の方のみに公開している動画なので
お手数ですが、この動画の視聴を希望される方は
下記のメールフォームより申請してください。

 


https://ssl.form-mailer.jp/fms/4decddca376158

 

折り返し、自動返信メールで視聴URLをお伝えします。

 

尚、この動画視聴受付は2015年7月15日(水)23:59で締め切りますので
必要な方は期限内に登録しておいてください。
延長など例外は一切ありませんので事前にご承知おきください。

 

*現在メルマガ「ぐり通信」を購読されていない方の場合、
申請いただくと後日、メルマガを送らせていただきますので
ご了承ください。
申請いただいた時点で同意されたものとみなします。

 

 

このシリーズは今回でいったん終了となります。
次号よりまた新しいテーマでお送りします。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


犬の耳トラブル~耳の薬膳ケアにお勧め食材の紹介


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、今日も

●東洋医学では犬の耳トラブルをどう考える?

というテーマでお送りしていきます。

 

前回の記事はこちら。

●長引く犬の耳トラブルを東洋医学ではどう考えたらいいか?
https://www.officeguri.com/archives/5356

 

前回の記事では、耳と「腎」という場所がつながっていると
東洋医学では考えるので
「腎」へのアプローチという方法もあります、ということをお伝えしました。

 

では、「腎」へのアプローチとは
具体的には何をしたらいいのか?

 

そもそも「腎」って何ですか?という基本と併せて
今日は話していこうと思います。

 

——————————————————-

●東洋医学でいうところの「腎」とは何か?

——————————————————-

 

まず「腎」とは何か?ということですが
ここでは簡単に

・腎臓および腎機能

という風に理解しておいてください。

 

他にも

・生殖
・成長

等にかかわる働きもしている、と東洋医学では考えられており

 

・成長や生殖、生命活動に必要なエネルギーをためておく場所

 

という風にも考えられています。

 

「腎」というと「腎臓ですか?」とよく聞かれますが
東洋医学で「腎」といった場合、
臓器そのものにプラスして、機能までを含めていくケースが多いです。

 

これが私たちが一般的に考える現代医学とは少し違うところですので
この点を心にとめていただくと
東洋医学についての理解がしやすくなると思います。

 

——————————————————-

●「腎」をケアする薬膳

——————————————————-

では、これらの様々な機能を含めた「腎」にアプローチするための
薬膳食材にはどんなものがあるか?という話をしていきます。

 

・クコの実
・黒ごま
・くるみ
・栗
・黒米
・わかめ
・ピーマン
・しじみ
・あさり
・えび
・たら
・鶏レバー

 

これらの食材は「腎」に働きかける作用があるとされていますので
手作り食を実践されている方は
使いやすい食材を1品、取り入れるところからスタートするのがお勧めです。

 

薬膳は難しく考えてしまう方も多いのですが
初心者の方、初めてチャレンジする方は

「まずは1品、自分の犬の状態に合わせた食材を取り入れてみよう!」

というスタンスでOKです。

 

例えば、「あさり」がいいと聞いたから
今日はあさりをスープにして、犬にはスープがけごはんにしてみようかな、とか
そういう気楽な気持ちでまずはスタートしてみる、という姿勢が
お勧めです。

 

そうして慣れてきたら、
もっといろいろな食材を組み合わせてみようとか
全体のバランスをもっと考えてやってみよう、とか
ステップアップしていけば大丈夫です。

 

普段私たちは、食べ物や食事を

・カロリー
・ビタミン、カルシウムなどの個別の栄養素

といった視点で考えることに慣れています。

 

一方で、薬膳は「犬の体のどの部分に働きかけるのか?」という
ユニークな視点で食べ物や食事を考えるのが特徴です。

 

こうした「新しい視点」が加わることで
犬のための食材選びが楽しくなった!という飼い主もたくさんいらっしゃいますので
ぜひ楽しみながらチャレンジしていただければと思います。

 

「腎」への薬膳を使ったアプローチについては以上となります。

 

次号では、薬膳と併用してお勧めの

・犬の耳ツボ

・腎をケアするツボ

について紹介していこうと思います。

 

ぜひ楽しみにしていてください。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 

 
 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。