予防は最良の治療!「フィラリア症予防」の基本をおさらい


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、多くの犬の飼い主さんにとっては「当たり前」と考えられている

●フィラリア予防

について、今日は今更ですが書きますね。

 

既に投薬シーズンが始まっているエリアも多いと思います。

 

我が家の犬たちも先日、フィラリア抗体検査を受けて薬をもらってきました。

 

私が住むエリアでは、6月から投薬がスタートします。

 

毎年ルーティンになっているこのフィラリアの投薬。

 

正直、お金もかかるし実際のところどうなの…?これって必要??という風に、毎年恒例になると、結構面倒くさいなあと感じる方が多いのも事実。

 

 

そんなわけで今回は、

 

「大事なフィラリア投薬の意味と、重要性の復習!!!」

 

ということで、FDAの記事から抜粋して紹介しますね。

 

*FDA:アメリカ食品医薬品局のこと

—————————————————————-

『ペットをフィラリア症から一年中守ろう!』

—————————————————————-

 

動物病院へ行くと、

 

・犬や猫の心臓から”そうめん”のような長い虫が

 

・うにょうにょと出てきている写真

 

が貼られているのを見たことがあると人も多いと思います。

 

こうした写真は決して気持ちの良いものではないですし、どちらかと言えば不愉快で、気持ち悪いですよね。

 

この写真が発するメッセージは明確です。

 

「フィラリア症は犬にとって、致命的な病気ですよ」

 

ということ。

 

良いニュースもあります。

 

それは

 

「フィラリア症は予防できる病気」

 

ということです。

 

「フィラリア症は予防可能な病気です。

だから、フィラリア症に感染してしまった犬の症例を見ると開業医の獣医師と同じようにいらだちを感じます。

フィラリア症は深刻な病気であり、感染した犬の治療は決して容易ではないからです」

 

FDA(食品医薬品局)の獣医師であるMelanie McLeanは言います。

 

「ペットにとっては、病気を初期の段階で予防する方がよっぽど簡単で、健康的です」

 

Prevent Heartworms in Pets Year-Round

If you’ve been to a veterinarian’s office, chances are you’ve seen the photos on the wall of worms growing from the heart of a dog or cat.

Although these images may be unsettling, the message is clear: Heartworm disease is fatal to pets. The good news: You can protect your pet from this disease.

“It’s a preventable disease, which is why it’s so frustrating as a practitioner when you see a case. Heartworm disease is very serious and the treatment is not very easy on infected animals,” says Melanie McLean, D.V.M., a veterinarian at the Food and Drug Administration (FDA). “It’s much easier and healthier for the pet to prevent the disease in the first place.”

●出典:Prevent Heartworms in Pets Year-Round
https://www.fda.gov/ForConsumers/ConsumerUpdates/ucm371377.htm

 

(わかりやすいよう、本文と少し離れた訳し方になっている部分がありますがその点はご容赦願います。

原文を当たりたい方はURLを載せておきますので出典を参考にご自身で読んでみてください)

 

 

このメルマガでも何度か取り上げていますが

 

「フィラリア症」

 

は、蚊によって、犬に「犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)」という虫が住み着く病気です。

 

この虫、蚊によって犬の身体に送り込まれたときにはものすごく小さいので、急に問題になることはありません。

 

 

ただ、この虫は犬の身体の中で「成長」するので厄介です。

 

メスの成虫は25~30cmほど。

オスの成虫は10~20cmほど。

 

(メスの方が長い)

 

こんな虫たちが体の中にうようよと住んでいると考えるだけでも気持ち悪いですよね。

 

で、この虫。

 

大きく成長して、犬の健康を害する「前」に、できるだけ小さなうちに殺してしまいましょう、というのが

 

●フィラリア投薬

 

です。

 

特に誤解されているポイントでもありますが、基本、駆虫薬なので、効果はその時1回きりです。

 

 

なので、蚊の活動期間中は毎月飲んで、毎月体にフィラリアが住み着いていた場合、こまめに駆除する、という考え方になります。

 

1回飲んだらその効果が半年続く、とか、そういタイプの薬ではないのでご注意を。

 

ちなみに犬糸状虫症、いわゆる「フィラリア症」は全世界で問題になっている疾患で、何も日本だけの話ではないんです。

 

 

北アメリカ、アジア、ヨーロッパ南部、オーストラリアなどでも、大きな問題になっています。

 

 

日本でも全国的に発生が認められ、特に南部のエリアでの発生が多い傾向にあります。

 

 

これは、暖かい地域ほど蚊の活動期間が長いことが、関係していると考えられています。

 

 

冒頭でもご紹介しましたが

「フィラリア症は予防できる病気」

です。

 

飼い主が正しい予防に取り組むことで、ほぼ100%防げる病気です。

 

にも、かかわらず毎年、動物病院には、体の中でフィラリアがすくすく育ってしまい、30cm位のそうめんのようになって心臓に住み着き、犬が呼吸困難などの症状を起こして担ぎ込まれるケースが絶えません。

 

 

だからこそ

 

「フィラリア症に感染してしまった犬の症例を見ると、開業医の獣医師と同じようにいらだちを感じます]

 

というコメントにつながります。

 

予防できる病気なのに、だったら予防しろよ!(゜Д゜)ゴルァ!!

 

ということ。

 

 

このメルマガをお読みの読者の皆さんは、犬のフィラリア予防に真剣に取り組まれていることと思います。

 

 

ただ、毎年のルーティンになってしまうと、その重要性が結構忘れられてしまうこともありますし、何も起こらず、健康に暮らせていることが当たり前になり

(いや、当たりまえで全然いいですし、むしろ当たりまえに健康に過ごせるのがベストなのですが)

投薬の重要性が、ぼんやりしてしまうこともあります。

 

 

本当にコレ、毎年やってるけど意味あるのかな、という風に、ふと思う瞬間があって、そこから予防の取り組みに

「ほころび」

が出るケースもあります。

 

 

うちのメルマガの読者のみなさんであれば、そうした「ほころび」が生じるケースはないと思いますが、大事なことなので、初夏のいつものお知らせですよ、ということで。今回はフィラリアについて書きました。

 

しっかり投薬して、しっかり予防しましょう!

 

(もし、薬が体質的に合わないといった問題を抱えている犬の場合は、獣医師と別の予防法について相談してみてください)

 

まずはかかりつけ医に相談、ですね。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬の虫刺されと感染症のはなし(マダニ・蚊対策)その2


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、先週より、

 

●犬の虫刺されと感染症のはなし(マダニ・蚊対策)
https://www.officeguri.com/archives/6927

 

というテーマでお送りしています。

 

毎年春になるとスタートする

 

・マダニ駆虫薬を背中に塗る、または飲む

・フィラリアの駆虫薬を処方してもらい、毎月飲む

 

というのは、何を隠そう隠しませんが

 

「マダニ、蚊などが媒介する”感染症”を最小限に食い止めるため」

 

の対策です。

 

復習になりますが、これらの虫が元で感染する感染症は
場合によっては命にかかわるケースが出てきます。

 

マダニによって犬が感染する可能性のある感染症で
重篤なものに、

 

●バベシア症

 

というのがあります。

 

これは感染すると

 

・貧血

・発熱

・黄疸

・元気消失

 

等の症状が出て、最悪の場合犬が急死するケースもあります。

 

他にも

 

●日本紅斑熱

 

●ライム病

 

●Q熱

 

●エールリヒア症

 

などがあり、結構怖いですよ、という話は先週もしました。

 

じゃあ「蚊」の場合はどうなのか?ですが
一番怖いのは

 

フィラリア症」。

 

フィラリア症は蚊を介して犬の心臓や肺動脈に
そうめん状の長細い虫が寄生する病気です。

 

放置すれば心臓や肺の血管が詰まって死に至ります。

 

そもそも虫が血管に詰まる…ということ自体、相当気持ちわるいです。

 

こちらのサイトに、かなり控え目ですが
実際に心臓に虫が詰まった画像が小さく掲載されています。

 

フィラリア症がどういうものかを、ちゃんと見て知りたい、という方は
食事どき以外に、そっとチェックしてみてください。

 

●「犬フィラリア症」について(ノミダニフィラリア.comさんより)
https://n-d-f.com/filaria/

 

幸い、フィラリア症に関しては
薬でほぼ100%、発症を防げます。

 

但し、フィラリアの駆虫薬は「要指示薬」と呼ばれるものです。

 

獣医師以外の人から買ったり、知人から譲られたものを使うのはNGです。

 

その理由を以下に説明します。

——————————————————————–

●理由その1:
フィラリア駆虫薬は体重を計ってから処方してもらわなければならない。

——————————————————————–

 

体重が増えれば、ちゃんと体内のフィラリアを殺すために
薬の量を増やさなければいけません。

 

体重が減れば、薬も減らす必要があります。

 

 

 

——————————————————————–

●理由その2:
フィラリア駆虫薬は投与前に、血液検査が必須。

——————————————————————–

 

しっかり前年に投薬していても、気が付かないうちにフィラリアに感染している可能性は
ゼロではありません。

 

だから毎年、投薬前に必ず血液検査を受けます。

 

(皆さんの愛犬も受けていますよね?)

 

血液検査をせず、知らないうちにフィラリアに感染している犬に誤って予防薬を投与すると、
薬の作用で死んだフィラリア虫が犬の血管に詰まり、犬が突然死することがあります。

 

大事なので繰り返しますが、

 

投薬前の検査は必須です。

 

とまあ、色々長くごちゃごちゃ書きましたが(大事なことなんですが)
ものすごく短くまとめると

 

「ダニや蚊がもたらす感染症はきちんと予防と対策をしないと
高熱で犬が死んだり、
虫が心臓の血管に詰まって死んだりするので、ちゃんと予防と対策やろうよ!」

 

になります。

 

特にフィラリアに関していうと、投薬でほぼ100%防げますから
やらない理由がありません。

 

蚊は気温15℃前後で活動を開始するので
今はまだ寒いエリアの皆さんも
春を迎えたら、あっという間にそのくらいは気温が上がります。

 

そのため、こうした

 

虫の活動開始に合わせて行う感染症予防対策

 

についてはまだ寒いうちから、基本的なことを再度確認して
準備をしておくのがお勧めの姿勢です。

 

そしてその「感染症予防対策」の中でも「基本中の基本」になる

 

感染経路を可能な限り断つ!

 

という方法について、次号のメールでさらに詳しくお話する予定です。

 

必要を感じる方はぜひ、楽しみにしていてくださいね。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


フィラリア薬の働きを正しく理解するには?~犬の虫よけ対策(3)


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日も「犬の虫よけ」をテーマにお届けしていきます。

 

前回のメールでは、

「虫の駆除と虫よけは、分けて考える必要がある」

「ダニに噛まれるだけで感染リスクが高まる感染症がある」

と言うことをお話ししました。

 

また、前回はダニに噛まれることで
人間も感染症にかかり、死亡する例も増えてきている、ということも
ニュース記事を引用して紹介しました。

 

今日も本題に入る前に
犬の場合、どういう感染症にかかる可能性があるかもご紹介しておこうと思います。

●バベシア症、ライム病、Q熱、エールリヒア症など

 

こうした感染症から犬を守るためにも

「ダニに噛まれることできるだけ自体を予防する」

と言うことが大事です。

 

駆除薬は、体にダニが付いた場合に駆除してくれるので役に立ちます。

ただ、その前段階で

「ダニが体につくことそのものを防ぐ為の対策」

もできるだけ講じることで、感染リスクを減らせます。

 

 

 

さて、ここからが今日の本題です。

●フィラリア症

の場合はどうなのか?と言う話をしていきます。

 

 

●フィラリア症=寄生虫です

 

そのため、定期的に投薬をして虫を駆除することで
寄生虫が犬の体内で成長し、
健康に影響を与えるリスクを予防できます。

 

フィラリアの駆除薬は、内服することで
寄生虫がまだ小さい段階で殺してくれる薬ですが
これも

「フィラリアの予防薬」

という言い方を広くされているので
ワクチンのようなものと誤解されているケースがあります。

 

ワクチンのように体内に抗体を作り
それが病原菌が体に侵入した際に、役立つ、という働き方と
フィラリア薬のように

「一定期間、定期的に投薬することで”都度”、虫を駆除する」

という駆除薬の働き方は、根本的に違います。

 

ここを正しく理解しておくことも重要です。

 

また、当然ですがフィラリア薬も「防虫効果」があるわけではありませんから
蚊に噛まれること自体を防ぐものではありません。

 

蚊に噛まれて、そこからフィラリアが体内に侵入した場合に
その虫を駆除するのに役立つ薬です。

 

蚊に噛まれること自体を防止するには
やはり、別の対策が必要になります。

 

蚊に噛まれることで、強いかゆみを引き起こし
そこから慢性の皮膚炎などを発症するケースもあります。

 

私たち人間も、蚊に噛まれると皮膚がかゆくなったり
場合によってはひどく腫れて、熱を持ったり痛みを伴うケースもあります。

 

そういう意味では、やはり「蚊」についても
フィラリアの投薬はもちろん定期的に行うけれども
同時に

「蚊に噛まれないような対策」

も施した方が、犬も人も快適に生活出来ると言うことができます。

—————————————————————–

【今日のまとめ】

●フィラリア薬を定期的に内服することで、
 体内のミクロフィラリア(幼虫のようなもの)を駆除することができる。

●しかしながら、フィラリア薬には虫を寄せ付けない
 「防虫効果」があるわけではない。

●そのため、蚊に噛まれないための対策は別に講じる必要がある。

●蚊に噛まれたことにより、皮膚炎を発症して長引く等のケースもあり
 蚊がもたらすフィラリア症以外のリスクも理解し
 対策を行うのがお勧め。

—————————————————————–

いかがでしょうか?

 

フィラリア薬の役割と、
それとは別に、蚊自体を寄せ付けない対策が必要、ということは
ご理解いただけたでしょうか。

 

「諸橋さん、虫そのものを寄せ付けないことの重要性は分かりました。

 じゃあ、実際に何をどうやったらいいんでしょうか?
 何か有効な対策はありますか?」

 

はい、そういったリクエストも非常に多いので

次号では、飼い主さんができる虫を寄せ付けない対策について
具体的にお話しして行こうと思います。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。