予防:マダニ感染症~動物からヒトへの感染で死亡事故が起きた事例について考える


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

今日は「ぐり石鹸」の予告のメールをお届けしようと思っていたのですが
マダニ関連の感染症のニュースが入ってきたので
予定を変更してそれについて書くことにしました。

既にご存知の方も多いと思いますが、
野良猫を保護しようとした女性が猫にかまれ、そこからマダニ感染症にかかり
亡くなったというニュースが報じられています。

●マダニ感染症、野良猫にかまれ保護しようとした50代女性が死亡 世界初、厚労省が注意喚起
http://www.sankei.com/life/news/170724/lif1707240038-n1.html

 

これは犬と暮らす私たちにとっても決して無縁ではない出来事なので
これについて詳しく話そうと思います。

 

以下、上記のニュースサイトより引用します。

 

厚生労働省は24日、草むらなど野外に生息するマダニが媒介する感染症に感染した猫にかまれた女性が
死亡していたことを明らかにした。

厚労省は同日、都道府県や医師会などに注意を喚起する通達を出した。

ダニ媒介の「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」で、
哺乳類を介して人が死亡したことが判明したのは世界で初めてという。

国立感染症研究所によると、平成28年5月~7月、
弱った野良猫を保護しようとした西日本在住の50代女性が猫にかまれた。

女性に重大な持病などはなく、約10日後に死亡した。

半年後に感染研が女性の検体を受けて精査したところ、
猫を介してSFTSを発症した可能性が高いことが分かった。

SFTSは国内で初めて感染が判明した23年から今年6月末までに
266人の発症例があり、そのうち57人が死亡。致死率は21%に上る。

(引用ここまで)

 

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)というのは、ウィルス性の感染症です。

 

ヒトが感染すると6日~2週間ほどの潜伏期間を経て、
発熱、倦怠感、吐き気などの症状が出始めます。

 

重症化すると死亡するケースもあります。

 

マダニがこのウィルスを保有しているケースがあり、
ウィルスを保有するマダニに噛まれることによって感染します。

 

当然、犬もマダニにかまれると感染するリスクがあります。

 

一方で、犬の場合はSFTSに感染しても明らかな臨床症状が認められないケースがほとんどとされています。

 

まとめると、

 

●SFTSはマダニを介してうつる感染症である

 

●人の場合は症状が出て、重篤な場合は死亡するケースがある

 

●犬や猫、野生動物にも感染するが犬の場合は目だった症状が出ないケースがほとんど

 

ということになります。

 

何が怖いか?というと、
犬が万一、この感染症にかかりウィルスを保有していたとしても

 

見た目ではわからないということですね。

 

そして、わからないままそうした犬に「噛まれる」といった事故が起こった場合
人間への感染リスクが発生する、ということです。

 

今回の猫を保護しようとして噛まれてしまったケースのように、
犬が相手の場合でも、何かのきっかけで噛まれてしまうケースもあります。

 

そういう場合、感染症のリスクがゼロではないので
速やかに医療機関を受診するなど、適切な対応が必要ですよ、ということなのです。

 

今回ニュースになっているケースは、非常に「稀」で不幸な事故と言えますし
過剰に不安がるのも考え物です。

 

しかしながら、普段から

 

「マダニに犬が噛まれないよう注意する」

 

「虫よけなどの予防対策を行う」

 

「適切にダニの駆除剤を使用する」

 

といった対応を行っておくことが大事ですよ、という基本の確認、ということで
今回はメールした次第です。

 

 

私たちは犬を家族にしているため、動物との接触が濃厚な環境にあります。

 

その家族である動物から人間へうつる感染症もある、という事を知っておくことは重要です。

 

犬と私たち人間、お互いの健康を守るために
こうした感染症の情報をチェックしておいて、感染予防に努めることの重要性についてお知らせしたく
今回はメールしました。

 

ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

●犬の健康、ヒトの健康、両方守るためにこの情報参考になりました!という方は
 クリックして意思表示をしていただけると励みになります。
https://www.facebook.com/officeguri/

*ぐり石鹸については今日の夕方にまた改めてメールする予定です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!