犬のお灸講座、たくさんのご参加ありがとうございました!


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、昨日を持って受付を締め切った

●愛犬のためのツボ指圧・お灸講座:免疫力UP編

ですが、今期もたくさんの方にお申込みをいただきありがとうございました!

 

11月16日までにお申込みをされた方へは、順次プレゼントである

●棒温灸

の発送を行っていますが

 

「届きました~!!思ってたのよりずっと大きいですね!!早速使ってますよ!!」

 

というお礼のメールもたくさんいただいています。
喜んでいただけて嬉しいです。

 

これからの季節、寒くなりますので、ぜひ受講生の皆さんには楽しいお灸ライフを犬たちと一緒に送って頂けると私も嬉しいです。

 

 

また、今回のテーマである「お灸」については、動画でもこのメルマガ内でご紹介しましたが

「犬のお灸って初めて知りました。すごく勉強になりました」

というお声も多数いただいています。

 

動画はまだしばらく公開しておく予定ですので、まだ見ていない方、繰り返し見たい方はこちらのURLから視聴してください。

【犬のツボ001】肩井(けんせい)
https://youtu.be/i6JMiiiaYmU

 

【犬のツボ002】腎兪+お灸の使い方
https://youtu.be/yCP8wf1BVAE

 

このメルマガをきっかけに

「犬のホームケアって、こういうこともできるんだな」

と、新しいことを知って頂く機会になれていれば私自身もとても嬉しいです!

 

お灸については、今回でいったんシリーズの最終回とします。

 

次号からは、最近リクエストの増えてきた

 

「犬のアロマセラピー」

 

の話をしていく予定ですので、ぜひ楽しみにしていてくださいね!

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)




 

 

 


犬のお灸講座、本日受付終了:病気は薬が治すのか、身体が自分で治るのか?


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

先日、東洋医学の教科書を読み返していたら、こんなことが書かれていました。

—————————————-

東洋医学には5つの療法があります。

・湯液

・鍼灸

・按摩

・薬膳療法

・気功

—————————————-

 

湯液はいわゆる漢方薬です。

 

鍼灸は「鍼」と「灸」。

 

按摩は経絡に沿って行うマッサージです。

 

薬膳療法は食餌療法。

 

気功はゆったりと体を動かすことで呼吸を整え、心身のバランスを調和、賦活させる、とあります。

 

鍼灸の項目を詳しく見ていくと、鍼や灸でツボを刺激することで、血液と体液の循環を促し、内臓や器官の働きを活性化する、とあります。

 

話は変わりますが、私は今ちょうど風邪をひいていて、病院に行くほどの深刻さではないので漢方薬を飲んで寝ていることが多いです。

 

いわゆる「風邪」を治す薬というのは西洋薬にも漢方薬にもありません。

 

西洋薬の場合は「頭痛」であれば痛みをブロックするとか、「鼻水」であれば鼻水を止めるとか、対処療法になります。

 

対処療法で身体が少し楽になっている間にしっかりやすんで、その間に体の自然治癒力で治るのを待つ、という考え方です。

 

漢方薬の方は?と言うと働き方が少し違います。

 

身体の症状から「体がどういう風に弱っているのか?」を導き出し、その弱っている部分を活性化するように働きます(ものすごくざっくりいうと)。

 

活性化する、というのは身体の自然治癒力がしっかり働くことを期待して、さあ、がんばれ!と後押しをすることでなんだ結局、病気を治すのは身体であり、自分自身じゃん!というオチに。

 

というと、身も蓋も無いですが、結局のところ、治るのは自分自身であり、身体自身である、ということ。

 

これは薬と向き合う際に、根本的に考えるべきポイントだと、個人的には思っています。

 

薬は役に立つものだし、私たちを重篤な感染症などから守ってくれる大事なもの。

 

でも最終的には、治る、という現象は身体自身がやっている、という側面が大きい。

 

その両方をバランスよくとらえて、医学の力も借りるけど、自分自身の治る力も、しっかり活気づけたいですよね、という話です。

 

「灸」は昔から、この身体の「自ら治る力」に注目してきました。

 

今のように、最先端医療や薬のおかけで、簡単に治る病気も、昔は命取りの重病だった…というものはいっぱいあります。

 

だからこそ、普段からできることで、自分の身体を守ろう、病気にならない体作りをしよう、という知恵が生まれて継承されてきた。

 

お灸はそういうものだと、私自身はとらえています。

 

セルフケアで、先ずは自分自身を守る努力を。

 

その工夫を家族動物である犬にも。

 

そう願う飼い主さんに、

●犬のためのお灸講座

は必ずお役に立てると思っています。

 

今期の募集は本日で終了しますので、ご検討中の方は今すぐお申込みください。

———————————————

●愛犬のためのツボ指圧・お灸講座:免疫力UP 詳細のご確認とお申込みはこちらから!
(今回はメルマガ読者の方限定での募集につき、URLは非公開です)

———————————————

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)




 

 

 


犬も冬は風邪をひくのか:風邪をひかない体づくり


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、タイトルの件。

 

「犬も風邪をひくのか?」

 

結論から言うと、風邪に似た症状の病気に犬もかかります。

 

鼻水が止まらない、咳をする、熱が出る。

 

人間も寒い時期になると風邪やインフルエンザが流行ります。

 

風邪の大部分は原因はウィルスです。

 

インフルエンザについてはインフルエンザウィルスが原因。

 

なので、インフルエンザについては人間は予防接種をしますよね。(私も先日打ってきました。痛かった…)

 

でも、その他の風邪については予防接種はしません。

 

何故なら、風邪の原因になるウィルスはごちゃまんといるからです。

 

犬も同様です。

 

一部の病気については犬も予防接種で防げます。

 

でも、風邪みたいな雑多なウィルスが原因になるような病気の場合、それはもう、自分の免疫の力で戦うしかない。

 

…。

 

ちなみに私たちの身体は、風邪をひいていないときでも、ウィルスの侵入はしょっちゅう受けています。

 

雑菌も色々な場所から入ってきます。

 

というか、私たちの身体の表面もお腹の中(腸とか)にも、菌はウヨウヨいます。ウィルスだってちょくちょく入って来る。

 

でも私たちは犬も人間も含めて、そうそう毎回病気になったりはしません。

 

それは体の中の自己防衛システム「免疫」が働いてくれているからです。

 

ただ、この免疫も時々「負ける」ことがありますよね。

 

後で振り返ってみると、

 

「疲れていたな」

 

とか

 

「睡眠不足だったかも」

 

という反省点が色々出てくることがあります。

 

このような反省点から、普段から病気に負けないよう、身体を整えておく。

 

それは食事だったり、睡眠だったり、ストレスケアだったりいろいろですが、もし、今メールをお読みのあなたご自身が

 

「東洋医学」

 

にもともと興味があって、その中でも「犬のお灸」に関心がある場合、現在募集中のこの講座の受講をお勧めします。

 

———————————————

●愛犬のためのツボ指圧・お灸講座:免疫力UP編
(申込ページはメルマガ読者の方へのみ公開しています)

———————————————

 

お灸は病気の予防や、病後の回復に長い間活用されてきた伝統医学です。

 

誰でも簡単にできること、特別難しい技術は不要ということで現代では、アフリカの結核治療の取り組みでお灸が活用され良い成果を上げています。

 

https://www.moxafrica-japan.com/about

 

お灸によって、薬の副作用をやわらげたり、免疫力向上のために、普段のセルフケアとしてお灸を取り入れ効果をあげています。

 

そんなお灸を、犬の健康管理にもぜひ取り入れていただきたい、というのが、今回募集中のこの講座の主旨になります。

●愛犬のためのツボ指圧・お灸講座:免疫力UP編
(申込ページはメルマガ読者の方へのみ公開しています)

 

で、ですね。この講座を今期の募集で申込される方には、

 

—————————————————————-

●プレゼント1:2018年11月16日23:59までにお申し込みの方限定!

犬と飼い主さん共用で使える「棒温灸セット」(税込み価格:4,579円)
https://www.sennenq.co.jp/shop/products/detail/60

—————————————————————-

 

という、お灸のプレゼントを差し上げることにしているのですが、その申込期限が

●本日いっぱい::2018年11月16日23:59まで

となります。

 

毎回、プレゼントの締め切りについては、ぎりぎりで駆け込んでこられる方が多く、

「うっかり忘れていました!何とかなりませんか!?」

とメールしてくる方もいらっしゃいますが、期限を守って申込をされている他の受講生の方へ失礼になりますので例外は一切認めていません。

 

そのため

「忘れてました!」

という方が損をしないために、今日はご案内をする次第です。

 

講座に申し込むつもりでした!という方は、お灸プレゼントがもらえる今日中に、必ずお申込みくださいね。

 

*プレゼントの発送は国内限定となります。

●はい!愛犬の免疫力を上げる「ツボ」について学び、お灸も一緒にゲットします!
(申込ページはメルマガ読者の方へのみ公開しています)

 

*2018年11月19日(月)で今回の募集は終了します。

 

ちなみに…。

 

—————————————————————-

●プレゼント2:2018年11月18日23:59までにお申し込みの方限定

飼い主さん専用!手軽に「香り」も楽しめるアロマ灸
はじめてのお灸moxa Encens 香木のかほり(税込み価格1,080円)
https://www.sennenq.co.jp/shop/products/detail/46

—————————————————————-

 

というのもご用意しているので、今日中にお申込みの方は

 

●犬と飼い主さん共用で使える「棒温灸セット」(税込み価格:4,579円)

 

●飼い主さん専用!手軽に「香り」も楽しめるアロマ灸
はじめてのお灸moxa Encens 香木のかほり(税込み価格1,080円)

 

と2つのプレゼントをまとめてゲットできますからね。

 

折角なので、まとめて受け取って、犬も飼い主さんも、お灸の良さを実感してくださいね。

楽しいお灸ライフを!

●はーい!私もお灸を学んで、犬と一緒にエンジョイしますよ!という方はこちらから講座へお申込みください
(申込ページはメルマガ読者の方へのみ公開しています)

Office Guri
諸橋直子

(終)

 

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)




 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。