犬のお灸講座:漢方治療の書籍プレゼントは本日終了。「初心者でも犬のお灸はできますか?」という方へ


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、自宅で動画を見ながら学べる「犬のお灸・指圧講座」ですが、昨日いっぱいで

 

●犬・飼い主さん共用で使える「棒温灸セット」(定価4,320円)
https://www.sennenq.co.jp/shop/products/detail/60

 

の受講生プレゼントが終了しました。

 

駆け込みでだだっ!と夜中にお申し込みが集中して、募集枠も残席3名様となりました。

 

お灸のプレゼントは終了しましたが、

 

●書籍「犬・猫に効くツボ・マッサージ 指圧と漢方でみるみる元気になる」(1,620円相当)

のプレゼントは、2018年6月19日(火)23:59までに講座お申し込み分まで有効です。

 

東洋医学の基礎を学ばれた方向けの、中級者向け書籍ですが、犬と猫の、ツボ治療や漢方薬についての情報を学べる内容です。

 

講座と併用して、理解を深めるためにご活用いただければと思います。

「書籍プレゼント」プレゼント付きの本日中に、ぜひ講座へお申込みくださいね。

●犬のための指圧・お灸講座(免疫編):オンライン版
https://menekituo1.inu-gohan.com/

 

*講座へお申込みされた方への特別プレゼント(国内発送のみ対応いたします):

【本日いっぱいで終了!】
書籍「犬・猫に効くツボ・マッサージ 指圧と漢方でみるみる元気になる」(1,620円相当)
2018年6月19日(火)23:59お申し込み分まで

 

今回は、

「犬の指圧やお灸は初めてですが、そんな私でも受講できますか?」

という風に、初心者なので受講しても理解できるか不安…という初心者の方からのご相談に、回答していきます。

 

————————————————————–

●「東洋医学」に少しでも興味がある方であればツボ探しや指圧、お灸は難しくありません。

————————————————————–

 

「東洋医学」と聞くと、真っ先に

「漢方薬??」

 

と思いうかべる方が多いと思いますが、漢方薬以外にも実は「東洋医学」は、私たちの身近にたくさんあります。

 

例えば、お刺身に「紫蘇(シソ)」を添えるのは

 

「紫蘇には毒消し効果がある」

 

と昔から考えられているため、という説があります。

 

確かにシソは東洋医学でも、胃腸を整え、気分を爽やかにさせるという意味で「生薬(しょうやく)」としても扱われます。

 

あとは、夏には夏野菜を食べて、のどの渇きをいやすというのも、昔からの知恵としてよく言われています。

 

実際、トマトやキュウリなどの夏野菜は、東洋医学では「渇きを止める作用がある」という

 

「食薬(しょくやく)」=食べる薬

 

扱いです。

 

これが現代の栄養学から見ると、かなり理に適っており、先ずトマトやきゅうりなど、野菜類には

 

●水分

 

が豊富です。

 

また、これらの野菜類に含まれる「カリウム」は、体内の「ナトリウム」排泄に欠かせない物質なので、のどの渇きを止めるのに役立ちます。

 

しょっぱいものを食べると、私たちは喉が渇きますよね?

 

しょっぱさの元は「塩=塩化ナトリウム」です。

 

体内でナトリウムは、多すぎてもだめ、少なすぎてもだめ。

 

このナトリウムの排泄を助けるのが「カリウム」です。

 

ナトリウムが排泄されて、体内でちょうどよい濃さになれば、のどの渇きも止まります。

 

こんな風に、「東洋医学の知恵」は案外身近にあるものです。

 

このような「生活の中の東洋医学の知恵」に興味があって、普段から取り入れるのが好きだし、楽しい!という方であれば、

 

●ツボ

 

●指圧

 

●お灸

 

も楽しく勉強できると、私自身は考えています。

 

東洋医学では体の生理学を

 

●気(エネルギー、代謝)

 

●血(血液循環と栄養)

 

●水(体液と水分代謝)

 

の3つで大枠を捉えますが、この3つをスムーズに働かせ、体を健康な状態に保とう!というのが、ツボや指圧、お灸の目的です。

 

なので、ツボの選択一つにも

 

「そうか、そういう意味があるんだ!」

 

「胃腸が弱っているから、体のこういう部分に影響するんだ!」

 

「ストレスが関わっての体調不良だから、このツボを選ぶのか~!」

 

など、意味があり、ここを考えながら、目の前の犬に合わせた

 

「完全オーダーメイドのツボ選び」

 

をするのが、家庭でツボ療法を行う醍醐味です。

 

犬の身体の不良の原因は1匹1匹違いますからね。

 

同じ食欲不振や胃腸の不調でも、原因が違えば、取るツボも変わります。

 

そんな風に「犬1匹1匹に合わせたケアを考え、自由自在に応用したい」とお考えの飼い主さんには、東洋医学の考え方、ツボ療法は向いている、と私自身は考えています。

 

何を隠そう隠しませんが、過去、東洋医学を始めて学んだ初心者だった私自身が

 

「そうか!ツボって犬の体質や体調、原因に合わせて選べるんだ!

 これは面白い~!!」

 

と楽しく勉強できて、それ以来、犬のツボ押しとお灸とは長い付き合いになっているので、そういうことを

 

「面白い」

 

と感じる方だと、学ぶこと自体を楽しめると思います。

 

そうなると初心者だから難しいかも?というのは、あまり関係ないと思います。

 

犬の身体の仕組みを東洋医学ではどう考えている?という基本のところから、講座内では話していきますので字引的に

「こういう症状には、このツボ」

という風に、症状 → ツボという風に、機械的に対応させる内容ではありません。

 

なので、「自分の犬に合わせて体のケアプランを練りたい」という方には、面白く学習していただけると思っています。

 

 

愛犬に合わせた、最適なツボはどれか?を考えて、ご自身が愛犬専用のケアプランを立ててあげられると最高だと思います。

あなたご自身はどう感じるでしょうか?

 

自分の手で、犬の身体に合わせて、完全オーダーメイドのケアを家庭で行ってあげたい、とお考えの飼い主さんはぜひ今期、この講座で愛犬の「ツボ療法」について基礎から学んでくださいね。

 

 

本日中にお申込みいただくと、書籍プレゼントも併せて受け取っていただけます。

●愛犬のためのツボ指圧・お灸講座(免疫編):詳細の確認とお申し込みはこちらから!
https://menekituo1.inu-gohan.com/

*募集期間は2018年4月20日(水)23:59までです。
*今期の募集人数は30名様です。

講座へお申込みされた方への特別プレゼント:

【本日終了!】

・書籍「犬・猫に効くツボ・マッサージ 指圧と漢方でみるみる元気になる」(1,620円相当)
2018年6月19日(火)23:59お申し込み分まで

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。