愛犬のてんかん発作に悩む飼い主さんへ


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

さて、今日は「薬膳講座受講生」の方から
メールをいただいたので、それをご紹介しますね。

———————————————————

癲癇の発作が出て、手作り食に全て切り変えました。

鳥胸肉や馬肉や野菜の微塵切り、(チワワ2kg)南瓜、
サツマイモ、小松菜、白菜など季節の野菜に、干し椎茸の粉末、
おから等お腹の様子を見て与えています。

それから、今年になって一度も発作は起きて居ません。

その犬によって色々自分で試して良い物を取り入れての手作り食は良いと思いま~す。
教えて頂いた物と上手に自分の犬に合う食事作りが良いと思いました。

(alohayukiさん)

———————————————————

alohayukiさん、ありがとうございます。

てんかんで悩む犬とその飼い主さんは結構多いです。
私の運営する各種講座でも、てんかん持ちの犬の飼い主さんが多く受講されています。

東洋医学でのてんかんに対する基本的な考え方は
やはりセオリー通り

●個別の体の状態をチェックして、それに合わせて対応する

なので、万能な「てんかんにはこれ!」というやり方は
厳密にいうとありません。

 

ただ、体が何らかの理由でバランスを崩している状態を
飼い主さんが食事の面からサポートして
アンバランスを解消するよう努めた結果、
体全体の調子が良くなり、発作の回数が減った、という事例は多くあります。

 

てんかんは、薬の助けを借りることで
かなり発作についてはうまくケアできる飼い主さんも多く、
薬も上手に使いながら、家庭では食事も含めた犬の体全体の健康サポートができると
良い結果に結びつくケースが多いです。

 

そういう意味で、alohayukiさんが
愛犬の体の状態をチェックし、食事面から体調を整えるように
ケアされている成果が、良い結果として出ているのではないか?と
メールを拝見しながら感じました。

 

また何かありましたら、受講生専用連絡フォームより
お気軽にご連絡いただければと思います。

 

 

いかがでしょうか?

 

薬膳は、犬の個別の体調や体質に合わせて食事を整え
そこから体全体を元気にしよう、という考え方の食事法です。

 

使用する材料も、普段スーパーで売っている食材でOKなので
難しく考えなくて大丈夫です。

 

もし、愛犬の体調を「個別のケース」でしっかりと考え
目の前の犬に合わせた食事を食材選びから考え、作ることで健康管理に生かしたいという場合は
ぜひ薬膳を学ぶことを検討してみてくださいね。

 

本日は以上です。

 

*本日のメルマガが参考になった!役に立った!という方は
応援クリックをいただくと励みになります!
https://youtu.be/MQL4Vsjp6A4

Office Guri
諸橋直子

 

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!