犬のアレルギー性皮膚炎を考える(5)疥癬・アレルギー性接触性皮膚炎


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今回はアレルギー性皮膚炎のシリーズの最終回です。

●疥癬(かいせん)

●アレルギー性接触性皮膚炎

とよばれる病気について話していこうと思います。

 

まず、「疥癬」から。

 

「疥癬…かいせん?あまり聞きなれない病気ですね??」

 

そういう方もいると思いますが、この病気は

●イヌヒゼンダニ

という虫に対するアレルギー性の疾患です。

 

強烈なかゆみが特徴で、とにかく痒がる、
痒さの余り体重が減ったり、うつ状態になる犬もいるほどです。

 

ちなみに…。

このイヌヒセンダニ、人にも感染します。

特に高齢の方や幼児には感染しやすい傾向があるので注意が必要です。

 

また、このイヌヒゼンダニは、皮膚と皮膚との接触で感染するので
多頭飼いの場合、1匹が発症した場合、同居している犬全部の身体から
この虫を駆除する必要があるので厄介です。

 

とにかく「疥癬」と診断されたら、犬との濃厚なスキンシップは完治するまで避け
徹底した駆虫が必要になります。

 

獣医さんから指示された投薬、シャンプー、生活上での注意などは徹底して守ることです。

 

最後に「アレルギー性接触性皮膚炎」についてお話しします。

 

アレルギー性接触性皮膚炎は、わかりやすく言うと「かぶれ」です。

 

もっと言うと、これまで触れていたけど特に問題なかったものに対し
ある日突然アレルギー症状が現れ、皮膚炎を起こす、というものです。

 

これが、結構身近なもので起こります。

 

例えば、今まで使っていて特に問題が無かったシャンプー、薬などでも
ある日突然、アレルギーが起こる場合があります。

 

また、花粉などでも起こりますし
おもちゃ、首輪、カーペット・食器など、犬が触れるあらゆるもので起こる可能性があります。

 

そのため、もし犬が急に体を痒がるようになった…という場合は
まずは病院へ行き、生活の様子や体に触れたものなど、生活に関する情報を
飼い主さん側から積極的に獣医師へ伝えるようにするの大切になります。

 

これまで、この「犬のアレルギー」をテーマにした記事で
様々なアレルギーについてお伝えしてきたのには、理由があります。

 

アレルギーというと「食物アレルギー」をまず連想する方が多いですが
実際には、虫が原因だったり、体に触れるものが原因のケースもあるのです。

 

こうした「一口にアレルギーと言っても種類がいろいろありますよ」という基礎知識を知らないでいると

 

●犬が皮膚をかゆがっている→食事のせい?→食物アレルギーかも??

 

という、バイアスがかかった状態で犬を見てしまいますし
獣医師へ使える情報も、かなり偏ったものになってしまうと思いませんか?

 

だからこそ、アレルギーと一口に言っても色々な種類があるし
我が家の犬の場合、どれが当てはまるか?は

 

「普段の生活の様子」

「食事」

「体調」

 

といった、日常の情報を丁寧に振り返り、それを自分の思い込みを捨てた状態で
獣医師に犬の生活歴を冷静に伝える、ということが大事だと私自身は考えますが
今このメールをお読みのみなさんは、どう感じ、どう考えるでしょうか。

 

飼い主さんが犬の健康状態や生活全体に目配りをし
何が体調不良があって、病院を訪れたときに

「ただおろおろして、先生にお任せ」

という姿勢は、個人的にはおすすめではありません。

 

犬の身体の状態を正確に把握し、病気に対する対応方法を考える上で
飼い主側から提供する

「犬の生活歴」

は重要です。

 

この点を理解し、獣医師と良好なコミュニケーションを取りながら

「医療サービスを上手に活用する」

ことが犬の健康を守ると、私自身は考えています。

 

なので、そのための基礎知識を持った、冷静な態度でいられる飼い主さんが
一人でも増えてくれるといいという思いでこのメルマガを配信している次第です。

 

本日は以上です。

 

●今回のメールが役に立った、参考になった、興味深い!という場合は
下記URLを応援クリックをしていただくと励みになります。
https://www.facebook.com/officeguri/

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬のアレルギー性皮膚炎を考える(4)ノミアレルギー性皮膚炎


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

今日もアレルギー性皮膚炎について話していきます。
今回は、

—————————–

●ノミアレルギー性皮膚炎

—————————–

です。

 

ノミによるアレルギー性皮膚炎は、
ノミの唾液がアレルギー反応を引き起こす疾患です。

 

ちなみにこうした虫にかまれることが原因で引き起こされるアレルギーは意外に多く
例えば

「蚊」

にかまれた際、その唾液が引き金になり、アレルギー性皮膚炎を起こすケースもあります。

 

いずれにせよ、こうした犬を噛む「害虫」はできるだけ予防をすることが大切だということですね。

 

ちなみに、ノミによるアレルギー性皮膚炎と診断された場合は
まずノミの駆虫が大事になります。

 

さらに大事なのは、もし多頭飼いで同居犬がいる場合(もしくは猫も一緒にいる場合)、
同居している動物も、一緒にノミの駆虫を行う必要がある、ということです。

 

同じ生活環境にいると、1匹はアレルギーを発症していても
もう1匹は平気、ということも起こってきます。

 

なので、アレルギーを発症した1匹の駆虫を頑張っても
もう1匹が特に何の症状も起こさないまま、ノミを寄生させたままだと
結局またノミをもらって痒さの繰り返し…ということになりかねません。

 

なので、同居している犬猫は全員、ノミの駆虫が必要!ということになります。

 

また、動物の身体からこぼれ落ちたノミの卵、蛹、大人のノミなどが
居住空間にはまだ存在している可能性が高いので
徹底した掃除や、殺虫スプレーを使った掃除なども必要になる場合があります。

 

こうなると、結構ノミは厄介ですし
掃除も大変、一度持ち込まれると同居している動物全部が駆虫が必要で
その分薬代などお金もかかります。

 

そういう意味で、ノミは持ち込まないのが最善ですし
やはり予防が大事、ということになります。

 

病院で処方される駆除薬には、このような製品もあり、有名です。

https://n-d-f.com/frontline/

 

ノミがついた場合に速やかに駆除してくれるので
こうした製品を上手に活用すれば、安心です。

 

駆除薬は着いたノミを殺すための薬ですが
ノミにかまれることそのものを予防したい、という場合は

「防虫」

対策も併せて行っておくと安心です。

 

例えば、アロマセラピー精油の中には
ノミが嫌うとされている香りが存在します。

 

なので、そうした香りを上手に活用し
その上で、駆除薬も併用して二重の備えでノミ対策を行っている飼い主さんも
多くいらっしゃいます。

 

私自身、

 

・虫そのものを寄せ付けない→ 香りによる防虫

 

・虫がついてしまった場合、速やかに駆虫→ 薬による駆虫効果

 

を毎年、このシーズンになると併用しています。

 

ちなみに、このメルマガをお読みの読者の方で

 

●アロマの虫除けコンプリートセット「ダニ&蚊」
https://store.officeguri.com/user_data/aromamusiyoke.php

 

を購入された方は、「蚊ブレンド」の精油が
ノミの嫌う香り(シトロネラ、ペパーミント)を含んでいますので
ノミ除けとして活用していただくのもおすすめの使い方です。

 

ノミのアレルギー性皮膚炎は

「寄せ付けない」

「着いてしまった場合は徹底駆除」

が大事だということですね。

 

本日は以上です。

●今回のメールが役に立った、参考になった、興味深い!という場合は
下記URLを応援クリックをしていただくと励みになります。
https://www.facebook.com/officeguri/

*次号では疥癬について取り上げる予定です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬のアレルギー性皮膚炎を考える(3)原因の特定と食事の対策


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、前回のメールで

「食物アレルギーは食物に含まれるタンパク質が原因」

「でもタンパク質は体に必要なものだから、食べない訳にも行かないから困りますよね」

という話をしました。

 

では具体的にはどうしたらいいのか?という話ですね。
今日はそれについて話していきます。

 

誤解の無いように言っておきますが

「食物アレルギーの原因はタンパク質」

だからといって、タンパク質すべてが悪いわけではないですからね。

 

鶏肉アレルギーであれば「鶏のタンパク質」、
小麦アレルギーであれば「小麦のタンパク質」という条件付きです。

 

ここを良く理解しないで「タンパク質が悪いんなら、タンパク質を食事から減らせばいいんじゃない?」と
安易に考えるのは危険です。

 

タンパク質は体を作る上で大事な栄養素ですし
食事から摂取しないと補えません。

 

大事なのは「どの食物のタンパク質が、我が家の犬にとってはアレルギーの原因になっているのか?」を
明らかにすることです。

 

鶏のタンパク質がだめでも、例えば魚の鱈であれば大丈夫だから
そっちを使ってみようかな、という風に、タンパク質の種類を変えることで対応が可能なケースがいっぱいあります。

 

これは食物アレルギーを理解する上でとても大事なポイントなので
ぜひ覚えておいていただけると嬉しいです。

 

話を

「どの食物のタンパク質が、我が家の犬にとってはアレルギーの原因になっているのか?」

に戻します。

 

もちろん病院では検査をしてくれて、それを手がかりにすることで
アレルギーの原因になっている食物を調べてくれます。

 

で、この時に非常に役に立つ資料が実は

「食事や体調の詳細な記録」

なんですね。

 

以前このメルマガでは「アレルギー日記」というものを紹介しました。

●アレルギーにも種類があるのをご存知ですか?
https://www.officeguri.com/archives/6481

 

その犬が、どういうものを食べて、体調はどういう風で、という詳細な記録があることで
獣医さんも今後の食事指導の方向性を決めやすくなる、ということです。

 

例えば、食事歴を参考にこれまで食べたことがない、食べたことがあったとしても
回数が少ないタンパク質を原料とした食事を食べさせて、様子を見る、という方法がとられることがあります。

 

今まで鶏肉が多かったのであれば、鶏肉を止めてみて
鮭に切り替えてみるとかそういうやり方です。

 

こういうのを「アレルギー除去食」と言いますが、犬によってはアレルギーの原因になる食物が多く
市販のペットフードだと鶏肉も小麦も入っているので食べられるものがない!というケースも結構あります。

 

そういう飼い主さんが、アレルギーの原因になる食物を使わず、
自分で手作り食を作ることで、除去食対応をうまくやっている、というケースも実は多いです。

 

そのため、もしアレルギーの原因となる食材が多くて
市販のフードではなかなか対応できないなあ、という場合
獣医師と使える食材についてよく相談の上、手作り食で対応する、という方法もあることを
ぜひ覚えておいていただければと思います。

 

いずれにせよ、獣医師と良く情報共有をして
慎重に進めていくことが大切です。

 

そのためにも、メルマガでこれまでお話ししてきたような

 

・食物アレルギーとタンパク質の関連への正しい理解

・アレルギー日記などの食事と体調の記録

 

といった、家庭でもできることで大切なこと、
愛犬の健康を守る上で飼い主さんが押さえておきたい基本事項、を
しっかりご理解いただければと思います。

 

大事な犬の健康ですから、飼い主さんも基礎知識をしっかり持った上で
獣医さんと対等な立場で、犬の健康について、今後の治療の進め方などについて
一緒に選択していけるのが、私自身が現在考えている
医療とのベストなかかわり方です。

 

今メールをお読みのあなたご自身はどう考えるでしょうか?

 

どういう風に家庭で犬の健康を守り
どういう立場で、獣医師や医療と関わっていきたいですか?

 

ぜひ考えてみてくださいね。

 

本日は以上です。

●今回のメールが役に立った、参考になった、興味深い!という場合は
下記URLを応援クリックをしていただくと励みになります。
https://www.facebook.com/officeguri/

*次号ではノミアレルギー性皮膚炎について取り上げる予定です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。