犬に肉球クリームは過保護だという人…きっとこの人かかと粉ふいてますよ(笑)


○○さん、こんばんは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

Facebookで「諸橋さんの犬は食通ですね」と言う
コメントをいただきました(笑)

コメントをいただくきっかけになった写真はコレ。

↓   ↓
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&318m1

 

 

手羽先と昆布、大根と生姜を鍋に入れてぐつぐつ煮込んだだけの
煮込み料理です。

 

大鍋で煮込むだけ。
特に難しい技術なし、手間なし。

 

我が家の犬、食通なのかな。
単なるずぼら飯なのに…。

 

さて、今日も完全にノリで書いているこのメルマガですが
最低限1個は役に立つことを書きますので
よろしくお付き合いください。

 

 

昨日のメルマガについて、メールいただきましたー。

——————————————————————–

こんばんわ

いつも楽しく読ませていただいてます。

「馬鹿な人」いるんですね。

 

というか、
「肉球クリームを犬に塗るのは過保護だ、必要ない」根拠を
納得いくように説明してもらいたいものですね。。。名前も公表して。
きっとこの人かかと粉ふいてますよ(笑)

 

肉球スティック気になってます。

 

うちの愛犬のイヤークリーナーに、
ティーツリー配合のものをずっと使っていますが、
これにしてからしつこい汚れがだいぶ軽減しました。
ティーツリーの優れた殺菌効果はすごいです。

 

今、使っている肉球クリームは、愛犬2頭に使っても
小型犬の小さい肉球なので、なかなか減りません。
これを使い切ったら、肉球スティック検討したいと思います(^^)

 

——————————————————————–

まきさんよりいただきました。

まきさん、ありがとうございます。

 

私は「きっとこの人かかと粉ふいてますよ(笑)」の箇所で吹きましたw

 

昨日もこのメルマガで書きましたが保湿は大事です。

 

特に今乾燥している感じの肉球の場合は
水分を補ってから、クリームを塗ってあげることで
水分が内側に閉じ込められる効果があります。

 

これは女性でお化粧をされる方にとってはほぼ常識の
「肌のうるおいを守る」システムですね。

 

水分補う>油分でフタ>水分を肌の内側に閉じ込めておく

 

女性のお化粧に限らず、皮膚の表面を覆う「皮脂」は
皮膚を乾燥その他のダメージから守る働きをしています。

 

私たち自身も適度に皮脂が肌から分泌されているおかげで
バリア機能がしっかり働き
皮膚の健康が守られています。

 

なので、乾燥しはじめたら
し始めの時点でケアすることで、バリア機能も守れますし
ひどくならずに済みます。

 

このメルマガではしつこいくらい「予防!予防!」を連呼してますが
本当に予防にまさる防御無し。

 

「あれ、おかしいな?」くらいのところであれば
打つ手はいくらでもあります。

 

唇だって「かさついてるなー」くらいの時にクリーム塗っておけばOK。
それを放置してるとあくびしたときに「ぴっ!」と端が切れて
流血する(←経験済み。痛いです・泣)

 

犬の肉球も同様だと思う次第です。

 

>うちの愛犬のイヤークリーナーに、
>ティーツリー配合のものをずっと使っていますが、
>これにしてからしつこい汚れがだいぶ軽減しました。
>ティーツリーの優れた殺菌効果はすごいです。

 

ティーツリーはもともと、原産国であるオーストラリアでは
昔から傷薬として使われていたくらいですので
殺菌効果はピカイチですね。

 

完全に余談ですが、ティーツリーの仲間である「フトモモ科」の植物には
他に「ユーカリ」や「マヌカ」があります。

 

ユーカリにも優れた殺菌効果がありますし
マヌカの花から集められた蜂蜜で有名な「マヌカハニー」は
胃に住み着くピロリ菌までやっつけると言うデータがあるくらいなので
植物の殺菌効果は目をみはるものがあります。

 

我が家ではティーツリーを毎日ディフューザーで拡散していますが
ちょっと咳が出始めた、とか、喉がいがいがする…くらいのレベルだと
焚きはじめて30分程度で収まることが多いですね。

 

アロマは薬品ではないので「○○に効く」とは当然言えません。

 

しかしながら老人介護施設でティーツリーをディフューザーで拡散したところ
拡散しない群との比較でインフルエンザ予防に顕著な差が出たというデータもあります。

 

そういう精油ですので
犬の身体を清潔に保つ、雑菌から守るという意味で
上手に活用したい精油の一つです。

 

>今、使っている肉球クリームは、愛犬2頭に使っても
>小型犬の小さい肉球なので、なかなか減りません。
>これを使い切ったら、肉球スティック検討したいと思います(^^)

 

ありがとうございます。

 

ただ、ぐり石鹸の肉球スティッククリームも
固さがあり、薄く塗ることができるので
ますます減らないかもしれません(笑)

 

なので、もしご検討いただける際は「気長に使うぞ~」と言う感じで
単品をチョイスされることをお勧めします。

 

まきさん、楽しいメールをありがとうございました。

 

また何かありましたら、お気軽にメールを送ってくださいね。

 

 

「飛躍的に塗りやすくなった肉球クリーム」。
昨日のメール配信後から飛ぶように売れております…。

 

ぐり石鹸ストアで好評販売中です!

 

ぜひ、乾燥しがちな冬のケアアイテムとして
取り入れてみてくださいね。

↓    ↓

【肉球ケア用スティッククリーム】
オーガニックラベンダー+ティーツリー!犬の手と足のツボマッサージ動画マニュアル付き!

https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&318m2

 

 

【肉球ケア用スティッククリーム3個セット】
オーガニックラベンダー+ティーツリー3個セット。犬の手と足のツボマッサージ動画マニュアル付き!

https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&318m3

 

本日は以上です。

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!


「肉球クリームを犬に塗るなんて馬鹿じゃないの?」と言う考え方について書いてみた。


○○さん、こんばんは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

雪かきをしていて微妙に腕の筋をひねってしまいました…。

 

今日は薬膳の続きの予定でしたが

「肉球クリームを犬に塗るなんて馬鹿じゃないの?」

という考え方をたまたま見かけたので(笑)
それについて私の考え方をお話しします。

 

 

先日ある方のBLOGを見ていたらスパムコメントが書き込まれており

「犬に肉球クリーム塗るなんてやりすぎ!
過保護だよねー。ばっかみたい!」

 

的な、まあいわゆる匿名をカサに着た弱虫が
絶対自分が安全なところから悪口言ってました。

 

私の個人的な感想を言わせてもらうと「馬鹿はお前の方だw」です。

 

というのは、特にシニアの犬に言えることですが
シニア期に入ると肉球には角質の厚い層ができて
白っぽくガサガサになることがあります。

 

それを放置しておくと、あかぎれのようになって
そこから出血することもあります。

 

これはシニア犬のケアに詳しい獣医師も指摘していることです。

 

そしてこの「かさつきによる出血」は適切なお手れをすることで
高確率で予防が可能です。

 

人間でも年齢を重ねるごとに「かかと」の角質が厚くなり
そこがひび割れることで出血したり、
歩くときに痛い思いをするっていうことがありますよね。

 

私は個人的に、母がそういうことで悩んでいましたので
身近で見ていてよくわかります。

 

そうやって厚くなり、乾燥してしまったかかとは
クリームなどでしっかり保湿をしてあげないと
どんどんひび割れてきます。

 

今でこそ「なめらかかと」みたいなかかとケア専用の
貼るだけで保湿!みたいな製品も出ていますが
母がかかとのひび割れに悩んでいたころには
そういう製品、まだありませんでした。

 

残念なことに、健康や予防に関する情報も
今ほどありませんでしたしね。

 

「痛い痛い」と母はよく言っていましたが
そこまでひどいひび割れになる前に
何らかの対策をしておけば、痛い思いをしなくて済んだのかもしれません。

 

「角質が厚くなってきた時点で保湿をする」

 

という、本当に簡単なケアの方法もまだ広く知られていなかったんですね。

 

…。

 

では、犬の場合は?

 

嬉しいことに犬は長生きになってきました。
犬の平均寿命はどんどん長くなってきています。

 

これはそのまま、私たち飼い主が
シニア期の犬について学び、適切なケアをしてあげることの必要性を意味しています。

 

既にお話しした通り、
シニア犬の中には肉球に厚い角質層ができて
そこからひび割れや出血を起こす場合もあります。

 

でももし…そうなる前に「適切なケアの方法」を知っていれば
ひび割れになる前に、【予防】してあげることも可能ではないでしょうか?

 

ぐり石鹸はそこで「飼い主さんが日々の肉球ケアに使いやすい形状」の
肉球クリームを開発することにしました。

 

従来の肉球クリームは確かに保湿効果と言う点ではよかったのですが
一旦飼い主さんの手にクリームを取っていただき
そこから犬の肉球に伸ばす必要がありました。

 

「肉球クリーム自体、飼い主である私の肌にも良いものだとはわかっています。
でも、手のひらに油分がつく、というのは個人的には苦手なんですよね~」

 

こういうお声も時々いただいていましたし
何より私自身も手のひらや指さきに油分が残るのが苦手です。

 

なので、犬の肉球のお手入れの後は
わざわざ手に残ったクリームの油分を落とすために
手を洗ったりしていました。

 

…もったいない。

 

そんな勿体ない、と、ちょっと面倒!を同時に解決する方法はないかなー?

 

そう考えた結果、思いついたのが「スティックのり」です。

 

肉球クリームも、スティックのりと同じ形状にすれば、
塗りやすいのでは????

 

そう考えたぐり石鹸では、本当に「スティック状の肉球クリーム」を
作ってしまいました。

 

それがこれです。

↓    ↓

https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&317m1

 

実際に使ってみたところ「これは塗りやすい…」

モニターさんにも使用していただいたところ…。

↓    ↓

https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&317m2

https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&317m3

 

「やっぱり塗りやすい!」と喜んでいただけました。

 

そんな「飛躍的に塗りやすくなった肉球クリーム」。

 

ぐり石鹸ストアで販売中です。

 

ぜひ、乾燥しがちな冬のケアアイテムとして
取り入れてみてくださいね。

↓    ↓

【肉球ケア用スティッククリーム】
オーガニックラベンダー+ティーツリー!犬の手と足のツボマッサージ動画マニュアル付き!

https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&317m4

 

【肉球ケア用スティッククリーム3個セット】
オーガニックラベンダー+ティーツリー3個セット。犬の手と足のツボマッサージ動画マニュアル付き!

https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&317m5

 

本日は以上です。

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

 

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)


●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

 

犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬に避けたいアロマ精油23種を紹介します。


Office Guriの諸橋直子です。

「犬に使ってはいけないアロマ精油はありますか?」

こうしたご質問を良く頂戴します。こうしたことでお悩みの飼い主さんのために「犬に禁忌なアロマ精油とその理由」をまとめたテキスト(電子書籍)と動画セミナーを期間限定で配布しています。

ご希望の方は下記よりご請求ください。無料でご請求いただけます。


 

 

【下記の請求フォームにお名前、メールアドレスを正確にご入力ください】

お名前はいたずらやなりすまし防止のため、本名を正しくご登録ください。カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみなどで入力された場合はいたずらとみなし、今後一切Office Guriの情報は提供いたしません。

WEBコンテンツを請求された方には後日、Office Guriの公式メールマガジン「ぐり通信」を配信させていただきます。請求された時点でご同意いただいたものとみなします。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)

 


 

アロマセラピーは香りの刺激を利用し、リラックスを促す、ストレスケアを行うという目的で使用されます。

 

香りの刺激は古くは「芳香療法」として使用されていた時代もあります。古代日本では舶来の香料はとても貴重なものでした。沈水香などの東南アジアに産する香木が輸入され、薬として利用されていた歴史もあります。

 

香りは食欲を刺激します。子供の頃好きだった懐かしいガムを久々に食べたら、当時遊んでいた友達のことや住んでいた家の壁紙の模様まで瞬時に思い出した!なんていうこともあります。

 

香りは記憶ともリンクしやすいので、気持ち良い、心地いい体験と香りをリンクさせた「ドッグアロママッサージ」も近年では一般的になってきました。

 

さて、そのように身近なアロマテラピーですが、雑貨扱いで販売されているため「種類によっては神経や肌を刺激し、体調不良や重篤な事故を起こすケースもある」ということはあまり知られていません。

 

雑貨であるがゆえに、「安全に対する情報と教育」が一般の方に行き渡っていない状態なんですね。

 

そのため、残念なことにアロマセラピーを原因とする皮膚トラブル、誤飲事故なども近年増加しています。

 

「アロマ精油は100%自然のものだから安全なんですよね!」

 

という誤解も多くみられ、アロマオイルを直接肌に塗るなどの誤った使用法も事故の原因となっています。

 

アロマ精油は植物内の成分が「自然界ではありえないほど濃縮されている」ため、その時点で自然ではありません。

 

そもそも自然は基本的に「毒」を持つものが多く、人にとって安全に利用するためには適量を知る、適切な使用方法を知る、ということが非常に大事です。

 

というわけで、アロマについては基本的な注意事項がいくつかありますが、今回は基本中の基本「使用しない方が良い精油」についての話です。

 

犬には個別に「好きな香り」「嫌いな香り」がありますがそれとは別の次元で

「犬には使わない方が良い精油」

というものがあります。

 

今日はその香りを具体的にリストアップしてご紹介します。

 

アニス

オレガノ

ウィンターグリーン

ウォームシード

カラマス

カンファー

カシア

クローブ

サッサフラス

サンタリナ

ジュニパー(果実より抽出したジュニパー・ベリーは使用可)

セイボリー

タイム

タンジー

バーチ

ビター・アーモンド

ヒソップ

マグワート

マスタード

ラベンダーストエカス

ルー

ワームウッド

ヤロー

 

など。

 

このように見ていただくとおわかりいただけるかと思いますが、非常にマニアックな精油も多く含まれています。アロマセラピー初心者の方であれば、ほぼ接する機会がない精油が多いとも言えます。

 

 

例えば、ペニーロイヤルは虫除けの民間薬として外国では使用されていた経緯があります。その延長で、じゃあ犬の蚤よけにペニーロイヤル精油を使えばいいじゃない!と疑いもなく使用してそこから犬の精油誤飲事故が起こるケースがあります。

ペニーロイヤル精油によって引き起こされる症状は「肝不全」です。嘔吐、下痢といった症状に始まり、適切な獣医師の手当てを受けないと肝不全で死亡するケースもあります。

 

わざわざそういう危険のある精油を購入する必要はないですし、そういうものと知らずに使って、犬が誤飲を起こして中毒…となれば後悔してもしきれませんよね?という話です。

 

だから事前に、アロマセラピーについては「安全に関する情報をきちんと知っておきましょう」ということ。

 

一方で、上記にリストアップした一部の精油を一部、「動物の肌に塗る」と言った方法で使用を推奨しているケースもみられます。ネット通販でも普通に購入可能なものもあります。その場合、販売者が使用にあたり、注意が必要だと明記していないケースもあるのでアロマセラピー初心者の方はご留意ください。

 

基本的に刺激の強い成分を含む、または毒性を示す成分を含む精油です。塗ると赤く腫れてひりひりとするようなものから、かゆみ、炎症を起こす、肝不全や腎不全を起こす危険性のあるものまで様々です。

そのため、Office Guriでは上記の精油については「使用自体を推奨しません」。

 

また、今回リストアップした精油の中には人間の場合でも

  • 心臓病の場合は禁忌
  • 妊娠中の場合は禁忌

という具合に、使用を避けるよう注意書きが付くものも多く含まれています。

 

 

 

これらの精油が動物には向かない、とされる理由を簡潔に述べると以下の通りです。

  • ・少量でも皮膚刺激が強い
  • ・神経毒性を持つ成分を高濃度に含有

 

 

但し、刺激が強い精油でも適切に用いることで素晴らしい効果を発揮する場合もありますし、神経毒性を持つ成分を含む精油でも、それが少量で、なおかつ他の「メリットをもたらす成分」が多い場合は量を加減しながら使用することで良い成果が得られる場合も多くあります(例:ローズマリー、ユーカリ等)。

 

しかしながら、一般的にはアロマテラピー初心者の方の場合は、まずは上記リストにある精油の犬への使用は避けていただくのがお勧めです。

 

 

アロマセラピーはお手軽な「癒し」という側面がクローズアップされ、気軽な気持ちで取り組む方も多いのですが、このような安全に関する注意事項については最低限、基礎的なことを学んでおかないと、思いがけず痛い目にありますよ、ということですね。

 

犬のアロマセラピーについて基礎的なことを学びたい方のために、無料で学べるメール講座を配信していますので、必要に応じてご利用ください。

 

「愛犬の心と体を癒すドッグアロマメール無料セミナー」ご登録はこちらから。

 

愛犬のためのアロマセラピーとマッサージを自宅で学べる自習用テキスト無料配布中!
今すぐ請求!

 

ドッグアロマについて動画で解説している動画セミナー専用サイト「Doglig Aroma(ドッグリグアロマ)」

 

 

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)


 

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)


【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。