犬と猫、一緒に飼っていてアロマを活用する際の注意点。


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

今日も引き続き、

「猫と犬を一緒に飼っているけれど、猫にアロマは危険だと聞いたので
 興味はあるけれど試すことが出来ずにいます」

と言うご質問にお答えしていこうと思います。

 

猫にアロマが危険だといわれる理由については
前回のメールで解説させていただきました。

 

前回の記事はこちら。
猫にアロマは危険!?ワンコだけでなく、ニャンズとも暮らしています…:猫とアロマ

 

ちなみに…。

 

ペットアロマの書籍によっては
「猫も少量ならアロマOK」とするものもありますが
私は個人的にお勧めしません。

 

何故なら、猫の個体によってアロマ成分の許容量は様々だからです。

 

しかも、もともと体でそうした成分を分解するのが苦手だと
あらかじめ分かっているのです。

 

リスクが高いということと、
それと引き換えに得られるメリットを考えた場合、
私であれば

 

「うーん、万が一これで中毒症状とか出たらいやだよねえ?

自分のペットへのストレスケアや消臭と言う目的であれば
もっと安全性の高い方法が他にもあるのだから
敢えてリスクが指摘される方法を選ばなくてもいいし
もっと別の方法が探ってみようっと」

 

という風に考えます。

 

こういう風に気にしながら何かするくらいなら
不安要素が高い方法は
最初から選択肢に入れません。

 

私は根がビビりですから
どきどきしながら何かするのがものすごく苦手なのです。

 

ちなみに
○○さんだったらいかがでしょう?

 

ちょっと考えてみてください。

 

…。

 

そのため、犬も猫も同じお家で生活している、と言う場合であれば
猫の生活空間ではアロマ精油をディフューザーなどを使って
空気中に漂わせる「芳香浴」はしない、など
工夫をされればよいと思います。

 

また、アロマ精油を使用した部屋は十分な換気をする、
などの点に注意することで
より安全性を確保できます。

 

そうすることで、猫がその部屋に誤って入ってしまった場合でも
体に取り込む精油成分は最小限に食い止められるでしょう。

 

猫が誤って精油を舐めるなどした場合
消化器から大量の精油成分が
一気に体に取り込まれるリスクがたかまりますから
そうならないよう、精油の瓶を猫の届くところに置かない、
犬の体に使用した場合は、それを猫が誤って舐めたりしないよう
配慮するを必要もあるでしょう。

 

…。

 

で、ここで抜け道をひとつお教えします。

 

「アロマっていい香りだし、やっぱり猫にも楽しませてあげたい!」

 

と言う方のための、安全性の高い方法です。

 

ハイドロゾルって○○さん、ご存知ですか?

 

別名「芳香蒸留水」とも言います。

 

これはアロマ精油を植物から抽出する際に生成されるもので
微量ですが、やはり良い香りのする芳香成分が含まれています。

 

これは、ラベンダー、ローズなどいろいろな種類があります。

 

原材料となる植物を蒸して、精油成分を水蒸気として
一度気体にして、それを冷やして液体に戻して
精油を抽出するという方法があります。

 

これを『水蒸気蒸留法』と言います。

 

この方法で液体に戻った抽出液は2層に分かれています。

 

油の部分→精油
水の部分→ハイドロゾル

 

ですね。

 

精油にはたっぷりと芳香成分が含まれており
非常に濃縮された状態なので
少量でも猫には影響を与えやすいです。

 

一方でハイドロゾルの方は、
精油に比べると含まれる成分量はぐっと少なくなります。

 

また、精油に含まれているのが油に溶ける性質の成分であるのに対し
ハイドロゾルに含まれるのは水に溶ける性質の水溶性の芳香成分です。

 

同じ芳香成分ですが、性質が異なります。

 

そのため、猫に使うのであれば
猫への作用が穏やかなことが既に証明されている
「ハイドロゾル」を使われると良いでしょう。

 

アロマテラピーショップなので比較的入手しやすいのは

 

●ラベンダー
●ローズ
●カモミール・ジャーマン

 

などの「ハイドロゾル」です。

 

ちなみに私は「ラベンダー」のハイドロゾルを
地元北海道のラベンダー畑から直接大量購入しています。

 

私自身が化粧水代わりに洗顔の後、顔に吹きかけて使っていますが
とてもさわやかで心地よいものです。

 

保湿効果もありますし、冷却作用、痒みや炎症の緩和に役立つと
ペットアロマセラピストの間でも
好んで使われています。

 

 

猫にアロマを使用する際のアドバイスは以上です。
お役に立ちましたでしょうか?

 

 

さて、明日も引き続きアロマのついてのご質問を取り上げていきますね。

↓    ↓

>諸橋さんへ

>こんにちは。
>メルマガ登録させていただきました。
>配信を楽しみにしております

>それで
>今回 登録させていただいたのは
>私は アロマセラピストなので 人へのアロマは
>日常的にさせていただいてますが
>愛犬には 使おうかどうしようか悩んでおりますのが
>濃度の問題です

>嗅覚が鋭い 犬ですので 人間が2%でも 犬は
>それ以下にしないといけないのは 重々わかっておりますが
>では いったい何%にすれば良いのか・・・

>you tubeで 虫除けスプレーを作成されてましたが
>確か 50mlの水に対して 5~10滴だったかと思います

>5~10滴というのは 結構幅がありますが
>1%と考えてよろしいでしょうか?

>我が家の愛犬は ミニチュアダックス10歳です
>口腔ケアを精油を使ってやりたいのですが
>歯槽膿漏や 歯石がたまっているため
>痛がってできません
>ティートリーを1%濃度で希釈し ガーゼにしみこませて
>やりましたが 痛いのか臭いがいやなのか
>嫌がるため きちんとすることができないのです

>過去のメルマガ記事の中に カモミールジャーマンが良いと書いてありましたので
>一度 チャレンジしてみようと思っています

>長々と書いてしまい申し訳ございません

>メルマガ楽しみにしております

 

Kさんよりいただきました。
ありがとうございます。

 

○○さんのお住まいの地域ではそろそろ蚊、ノミ、ダニ等の心配が
出てきているかも知れませんね。

 

アロマはこうした虫よけとしても活用が可能です。

 

ところで犬にアロマを活用する場合、
多くの方が、

 

>嗅覚が鋭い 犬ですので 人間が2%でも 犬は
>それ以下にしないといけないのは 重々わかっておりますが
>では いったい何%にすれば良いのか・・・

 

という濃度=どのくらいの量を犬に使うのが適切か?で
悩まれます。

 

そこで次号のメルマガでは

 

●犬の嗅覚が「鋭い」は「どう鋭いのか」

●安全使用するための濃度の基準

●その基準を知った上で、シチュエーション別に応用する

 

について突っ込んで解説していこうと思います。

 

 

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


猫にアロマは危険!?ワンコだけでなく、ニャンズとも暮らしています…:猫とアロマ


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日から新しいテーマでお届けします。

 

 

アロマに関するご質問です。

 

>諸橋さま、はじめまして、
>いつも、有意義な情報をタイムリーに送信してくださりありがとうございます、
>何時もメルマガを拝読させて頂いているダザシャンままというものです。

 

>ワンコの為のアロマセラピーにはとても興味があるのですが、
>家はワンコだけでなく、ニャンズとも暮らしています。
>私が聞いた情報では、アロマの精油はネコには危険だということですが、
>ネコが居る家庭でのアロマの安全な使い方についてのご意見を是非お聞かせください。

 

>わんこと自分の為にもアロマは取り入れたいと思うのですが、
>ニャンコ達に危険かも知れないと思うと怖くて手が出せないでいます。

 

>ワンちゃん、ネコちゃん、両方と暮らしていらっしゃる方も
>他に多くいらっしゃると思いますので、
>いつか、メルマガかブログで取り上げて頂ければ嬉しいです。

 

 

ダザシャンままさん、ありがとうございます。

 

 

…。

 

 

実はアロマについては、
私がいつも不満に思っていることがあります。

 

 

○○さんには正直にお話しますが、
アロマ等の自然なものは100%安全!というような誤解が多いです。

 

 

本当に多い!腹が立つほど多いです!

 

というのは…。

 

 

例えば同じように誤解されているケースに「漢方薬」があります。
自然の生薬だから安全だし、副作用もないでしょう的な誤解ですね。

 

 

当たり前のことですが
100%安全と言うのは、原則ありません。

 

 

生薬にしてもアロマにしても、
薬理作用を持つ有機化合物という成分を含んでいます。

 

 

その成分は生き物の体に何らかの働きかけをしますが
受け容れる側の体調や体質によって当然「合う・合わない」があります。

 

 

また、どのくらい使えば安全で快適に使用できるか?という
「適量」があります。

 

 

こうした情報がなかなか一般の方にはきちんと届いていないのが現状だと
私は日ごろ感じています。

 

アロマにしても、専門的な勉強をするときは必ず

「誤った使い方をすると望ましくない影響がある」

と言う部分をきちんと学びますし
そうした注意事項は「覚えておくべき重要な事柄」として認識されますが…。

 

 

一般のお客さんとしてアロマのお店に精油等を買いに行っても
なかなかそこまで説明してもらえる機会は少ないですね!

 

 

ちなみに○○さんはいかがですか?

 

 

こうした「安全のための注意事項」や「快適に楽しむための適量」って
知りたい!と思われますか?

 

 

というわけで、折角このメルマガをお読みいただいている○○さんには
アロマは単なる癒し系のいい香りではなく
様々な植物に含まれる薬効成分を取り入れる行為でもあるのだから
基本を押さえて慎重に、そして安全に楽しみましょう!ということを
力を入れてお伝えしていきたいと思いますので
どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

では、今日はずばり
このご質問への回答からお話しさせていただきますね。

↓     ↓

 

>私が聞いた情報では、アロマの精油はネコには危険だということですが、

 

 

猫にアロマが危険だといわれる理由について簡潔に言います。

 

 

猫は、植物に含まれる「アルカロイド」と言う成分の分解が不得意です。

 

 

「はあ?アルカロイドって何ですか?
いきなりカタカナで難しいこと言わないでくださいよ!」

と、○○さんに思われたら嫌なので
もっとわかりやすく言います。

 

 

アルカロイドというのは
植物に含まれる「天然由来の有機化合物」と呼ばれる成分の総称です。

 

 

○○さん、ホウレンソウをゆでると灰汁って出ますよね?

 

 

ああいう、野菜を茹でたりすると出てくる
ちょっと渋いような苦いような味がするような物質。

 

 

あれがアルカロイドです。

 

 

アロマ精油に含まれる「有機化合物と呼ばれる成分」も
ざっくりとアルカロイドと呼ばれる物質の仲間だと
ここではまずご理解ください。

 

 

こうした成分は、私たち人間や犬が取り入れた際に
最終的に肝臓で
グルクロン酸抱合」というシステムにより代謝が行われ
スムーズに体外に排泄されます。

 

 

これは、風邪薬等を飲んだときもそうですね。

 

 

風邪の症状を和らげるための各種有効成分も
最後は肝臓で代謝され
体外に排泄されます。

 

 

そして「グルクロン酸抱合」というのは、
肝臓で行われる、薬効成分などを水に溶けやすい状態にして
速やかに尿として体外に排泄する代謝システムのことですが…。

 

 

猫はこのはたらきに必要な酵素を体内に持っていない、
または持っているとしても極端に少ない、とされています。

 

 

 

猫はもともと肉食中心の動物で、
植物を口にする機会が少ない中進化していたといわれています。
そのため、

 

植物に含まれる「アルカロイド」の代謝が苦手

 

=イコール、アロマ精油などの植物由来の成分の代謝が苦手

 

と言われています。

 

 

また、実際にこうした薬効成分の代謝が猫は苦手、という事実がありますので
獣医さんも薬を猫に処方する際は
特に猫が代謝するのが苦手な成分を含む薬について
慎重に処方します。

 

 

私はアロマテラピーインストラクターの資格を保有しており
時々、同じようにアロマの講師をしている知人から

 

 

「お客様からペットのアロマについて質問されたんだけど
猫もアロマってOKだよね?」

 

という質問をメールで受けたりもします。

 

 

人間に身近なペットなので
猫も大丈夫だよね?という前提で考える方が多いですね。

 

 

しかしながら…。

 

 

今お話ししたように、
猫は私たち人間や犬とは違う代謝システムを持っています。

 

つまり、「種」が違うということ。

 

 

この違いを正しく認識していないと
折角良かれと思ってやったことがペットには迷惑…と言うことも起こります。

 

 

猫にアロマを試してみたら
取りいれた成分を上手く代謝できず、
具合が悪くなってしまった…ということが
起こりうる!ということですね。

 

 

これが「猫にアロマは危険」と言われる理由です。

 

 

「動物の種の違いを正しく認識して個別に対応を考える重要性」
については、これでご理解いただけましたか?

 

 

それでは、猫と犬を一緒に飼っている。
でもアロマを犬と飼い主さんは楽しみたい、と言う場合は
どうすればいいのでしょうか?

 

 

これについて、引き続き明日のメールで解説していきますね。

 

明日もまた午前10時に配信します。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

 

■追伸:


私は「犬」についての専門家なので、
お話している内容はすべて「犬」についての内容です。
製品としてアロマオイルの販売もしていますが、時々

「猫のアロマについても教えてほしい」

というようなメールを頂戴します。

 

繰り返し返しになりますが、私は犬を対象に製品を制作、販売している関係上
あくまでも犬を対象にしていますので
猫については守備範囲の対象外です。

飼い主さんご自身で、猫のアロマテラピーを専門とされる方にご相談ください。

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。