犬のツボ指圧・お灸講座のテキスト、基礎編が完成しました。


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

 

さて、昨日のメールで

「犬の健康について学ぶのに年齢は関係無いし
 つらいことを無理して頑張る努力ではなく
 楽しく学ぶ方法を探すのがお勧めです」

という事を書きました。

●犬の健康を守りたいが、難しい勉強は苦手…という方へ。
https://www.officeguri.com/archives/6209

 

その上で、こういう考え方が暑苦しいとか、苦手だという方は
このメルマガを解除してくださいねーと書いたところ
結構な数の解除がありました。

 

まあ、考え方がちょっと違うな、という方は
多分このメルマガを読んでいただいても時間の無駄になるだけですから
早めに解除して頂くのがいいと思います。

 

一方で、このようなご感想メールもいただいているので
ご紹介しますね。

————————————————————-

諸橋さん こんにちは。

今日のメルマガ 深くうなずきながら読ませていただきました。

私は50歳をとっくに超えましたが、いまだあれこれと知りたいこたがたくさんあります。
実際新たなビジネスを始めるべく勉強中ですし、犬のことも諸橋さんの各種セミナーも興味があります。
またそこから知りたいことが広がっています。

たとえばこの年からスポーツを始めてオリンピックを目指すことは難しいとは思いますが、
始めることはできると思っています。

いくつになっても年を言い訳にはしたくありません。
おっしゃるように今の自分に合ったレベルからコツコツやればいいんですね。

まだまだこれからもたくさんのことを勉強したいと改めて気持ちを奮い立たせて頂きました。
勝手ながら私の決意表明をしたくてメールを送らせていただきます。

(まるままさん)

————————————————————-

 

まるままさん、いつもありがとうございます。

 

>たとえばこの年からスポーツを始めてオリンピックを目指すことは難しいとは思いますが、
>始めることはできると思っています。

 

まさにそういう事だと思います。

 

始めるのはいつでもできますね。
やりたいときがはじめ時です。

 

新しいビジネスが稼働した際に、私で何かお力になれそうなことがあれば
ぜひお声掛けくださいね。

 

今後も講座などを通してお役に立てれば幸いです。

 

 

現在、「免疫力UPのツボ指圧・温灸」という講座のテキストを書きおろしています。

 

「ツボ指圧+お灸基礎編」の執筆はすでに終わっていて、
今、「免疫力UP編」を書いています。

 

今回の「ツボ指圧・お灸」講座では、

なぜそのツボを刺激することで免疫力を高める効果が期待できるのか?

という根本のところからやります。

 

なので、

「そういう面倒くさい理論はいいから
 手っ取り早くここさえ押せば、免疫力が上がるっていうツボを教えてよ!」

という方には、はっきり言って向かない講座です。

 

何故なら、

 

「これさえ取っておけば免疫力UPはOK!という栄養素を教えて!」

 

という質問と

 

「そういう面倒くさい理論はいいから
手っ取り早くここさえ押せば、免疫力が上がるっていうツボを教えてよ!」

 

とは、根本的に変わらないからです。

 

 

このメルマガでは繰り返し言っていますが

 

「●●さえやっておけば、健康は守れる、大丈夫!」

 

という方法なんてないよ、というのが私の考えだからです。

 

犬も人も、健康ってそこまで単純ではありません。

 

犬も人も、体、精神状態、生活環境など、様々な要素が絡み合っての「健康」だというのが
私の考えです。

 

体の仕組み一つ考えても、胃腸の調子がわるいとき、胃腸だけを見るのか
胃腸に影響を与えている他の臓器も併せて考えるのか、では
見えてくるものも、対応方法も変わってきます。

 

なので…。

 

今回の「免疫力UPのためのツボ指圧+温灸講座」では

「そもそも、免疫力とはいったい何なのか?」

の解説から始まり、その上で

「ツボのベースになっている東洋医学では免疫をどう考えているのか?」

を解説します。

 

その上で、お勧めなのはこのツボですよ、とやります。

 

なので、免疫力の活性化=身体全体の状態をより良好にする、という考えを
根本から理解し、生活全般に目を配り、犬の健康をより良い状態にキープしたい、という飼い主さんには
お役に立てる講座になります。

 

 

販売開始は来月を予定していますが
必要を感じる方はぜひ楽しみにしていてくださいね。

●ツボ講座楽しみです!という方はクリックしておいていただくと
 励みになります!
https://xn--the-pp9g.biz/

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


ここを外すと、犬のツボ押しは成果が出にくいですよ、というポイント


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

さて、先日ご紹介した

・犬の緊急蘇生に役立つツボ:人中(じんちゅう)

ですが、非常に多くの方が興味をもってチェックしているみたいです。

●犬の熱中症などの緊急対応時に役立つツボとは?
https://www.officeguri.com/archives/5963

 

実はこのツボ、ある種のてんかんの際に、
押すと有効だとされているツボでもあります。

 

東洋医学では、てんかんの発作も状態からいくつかの種類に分けて考えます。

 

いくつかの種類によって分ける、というのは
てんかんの原因にもいろいろあって、その原因別に分ける、という考え方です。

 

その原因別で、てんかんを分類し、そのうちのひとつに、この「人中」が有効だ、という考え方ですね。

 

(なので、てんかんの場合にとにかく「人中」を押せばよい!というわけではありません。
大事なのは、うちの犬の場合、東洋医学の視点でみると
どこに問題があって、これこれこうだから、なので「人中」を使う、という考え方になります)

 

…。

 

犬のツボについては、最近、非常に関心がたかまってきています。

 

それ自体はとても素晴らしいことですし
家庭で飼い主さんが、犬の健康のためにできることが増えると
それだけ元気に、快適に毎日を送れる犬が増えるので
とても良いことです。

 

一方で…。

 

「●●という症状にはこのツボ!」

 

という一見、キャッチーな表現で紹介されているツボも
初心者の方で、ツボを学ぶのが初めて、押すのも初めて、という場合はそれでもいいですが
もし、より注意深く犬の体を観察し、体全体を整え、
犬が本来持っている自然治癒力を高めたい、それによって健康な状態に近づきたい、という場合、

●症状→ツボ

という症状からの逆引きだけでツボを考えていると、
あまり思うような成果が得られないケースも多いです。

 

これは非常に大事なポイントなので
ぜひ心にとめておいてください。

 

例えば、前回ご紹介した「人中」が、ある種のてんかんにも良く用いられます、という話を書くと
必ず私のところには

 

「諸橋さん!てんかんに良いツボをもっと知りたいです!教えてください!」

 

というメールが何通か来ます。

 

そういうお気持ちも、わからなくはないのですが
このメルマガで繰り返しお伝えしているように、東洋医学が重視するのは

・何故そういう症状が起こって来るのか?→根本の原因は何か?

という部分ですから、厳密にいうと「てんかんにはこのツボ」という風に単純にいう事はできません。

 

 

こういう言い方を「冷たい」とか「突き放している」と感じる方も多いみたいです。

 

大事なので繰り返しになりますが、東洋医学で大切なのは

「不調の原因はどこにあるか?」

という根本原因へのアプローチです。

 

こういう大事な個所をすっとばして、単純に「てんかんにはこのツボです!」と
お伝えすることの方が
情報を受け取る相手のためにならない、と私自身は考えているの
でこのようにしています。

 

セミナーなどでツボの話をする際に、てんかんに有効とされるツボをご紹介する場合もありますが
その場合、必ず

「愛犬の体の状態をチェックする方法」

を先に学んでいただき、それによって、バランスを崩した箇所をケアしつつ
その上でツボを併用していただくような伝え方をしています。

 

大切なのは

「ツボを用いるなら、愛犬の体の状態が今、どのようにバランスを崩しているのか?」

を知った上で、応用することなのです。

 

いかがでしょうか?

 

東洋医学的な愛犬の家庭でのケアで
犬の個別の体調、体の状態を把握する重要性はご理解いただけたでしょうか。

 

これは本当に、東洋医学的なケアを犬に用いる際全般に大事なことですので
ぜひ覚えておいてくださいね。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

 

犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。