犬のマッサージ~胸とお腹のマッサージ編


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

 

今日も犬の免疫力UPに役立つ「マッサージ」について取り上げています。
復習用にバックナンバーを公開していますので
○○さんがもし、

「もう一度やり方を復習したい!」

と言う場合は下記の記事を参考にしてくださいね。

↓    ↓

■免疫力UPに役立つ犬のマッサージ~vol.1 背中のマッサージ

■免疫力UPに役立つ犬のマッサージ~vol.2 頭と首のマッサージ

■免疫力UPに役立つ犬のマッサージ~vol.3 肩と前足編

今日は「4:胸とお腹のマッサージ」の方法をお伝えしますね。

 

【胸とお腹のマッサージ】

——————————————-

■1:胸のマッサージ

——————————————-

胸のマッサージは犬が座っている状態、
または横向きの状態で行うとやりやすいでしょう。

 

犬の背中から→肩甲骨→前足の付け根を通って
→胸に向かって

手のひらでそっと犬の皮膚の表面を撫でるように
マッサージします。

 

次に犬の胸全体を指先で円を描きながら
円マッサージ。

 

ゆったりしたリズムでマッサージしてあげましょう。

 

 

——————————————-

■2:おなかのマッサージ

——————————————-

お腹は非常にデリケートな部分ですから
強い力でマッサージすると犬は不快に感じて
マッサージを嫌がります。

 

そのため、お腹のマッサージは力加減に十分注意して行います。

 

犬のお腹を手のひらをつかってやさしく揉んでマッサージします。

 

マッサージの最中にもし
犬がお腹の筋肉に力を入れるようであれば
マッサージの強さが犬には不快で
力を強く入れてしまった可能性もあります。

 

犬のお腹を指で突いてしまうのも厳禁です。

 

飼い主さん自身が、お腹を強く押されたり、
指で突かれるところを想像してみてください。

 

リラックスどころではなくなりますよね?

 

私は現在、1歳半の息子に
よくみぞおちを押されたり、へそに指を突っ込まれたりしているので
お腹を荒っぽく扱われる不快感は身にしみて知っています(苦笑)

 

同じことを、知らず知らずのうちに
わんちゃんにしてしまうと大変なことになるのと
わんちゃんがマッサージ嫌いになってしまうこともありますので
くれぐれもご注意くださいね。

 

 

胸とお腹のマッサージは以上です。

最近「うちの犬にもマッサージしてみましたが、恍惚の表情です」と言うメールを
たくさん頂戴するようになりました。

嬉しい限りです。

 

 

5:お尻と後肢のマッサージ

については、引き続き
次のメールで解説していきますので
どうぞお楽しみに。

 

今日はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございます!

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬のマッサージ~肩と前足編


こんばんは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、また少し間が空きましたが
元気にお過ごしでしたか?

 

今日も犬の免疫力UPに役立つ「マッサージ」について取り上げています。
復習用にバックナンバーを公開していますので
○○さんがもし、

 

「もう一度やり方を復習したい!」

 

と言う場合は下記の記事を参考にしてくださいね。

↓    ↓

■免疫力UPに役立つ犬のマッサージ~vol.1 背中のマッサージ

■免疫力UPに役立つ犬のマッサージ~vol.2 頭と首のマッサージ

 

今日は「3:肩と前足のマッサージ」の方法をお伝えしますね。

 

 

【肩と前足のマッサージ】

——————————————-

■1:足先のマッサージ

——————————————-

足は前足のマッサージから始めます。

 

前足は人間でいうところの「手」だとイメージしてみてください。

 

○○さんも、手の指の付け根をコリコリと揉むと
気持ちよくありませんか?

 

犬も同じです。

 

犬を背中から抱くようにして
前足をつかみ、指の付け根を
指で挟むようにして、コリコリと揉んであげましょう。

 

次に手首。

 

犬の前足を持って、手首の関節をくるくると回転させたり
曲げ伸ばしをします。

 

手と手首で要領をつかんだら
後ろ足も同様に行ってください。

 

こんな風に手首足首を曲げたり、伸ばしたり、回すことが
犬の手足の腱(けん:骨と筋肉をつなぐ固い筋のこと)にとっては
適度なストレッチ運動になります。

 

人間の場合もストレッチ運動は
筋肉の柔軟性を高めるのに役立ちますし

「血流改善にも役立つ」

というデータもあります。

 

 

特に犬が高齢で寝たきりになってしまった、
体を思うように動かせないと言う場合にも
効果的ですので、シニア犬をパートナーにされている場合は
ぜひ、日常のケアにこうしたストレッチを取り入れてみてください。

 

——————————————-

■2:足全体のマッサージ

——————————————-

犬の足全体を足先から体に向かって
指先でくるくると円を描きながら円マッサージをします。

 

次に、犬の足首から付け根にかけて
足を揉みこむようにマッサージします。

 

このときに、ひじやひざの曲げ伸ばしも行うようにします。

 

マッサージ+曲げ伸ばしをセットで行うことで
犬の足が衰えるのを防ぐ効果も期待できます。

 

ぜひ、愛犬が元気なうちからこうした足のマッサージを
日常で取り入れてみてください。

 

——————————————-

■3:肩・肩甲骨のマッサージ

——————————————-

犬の肩周辺を優しく揉むようにマッサージします。

 

犬は普段、四足で生活しているため
前足には常に体重がかかっています。

 

そのため、私たち人間より
肩が疲れている可能性は大です。

(実際に、犬の肩をもんであげると
それは気持ち良さそうな顔をする犬が多いです・笑)

そのため、肩のマッサージは念入りに行ってください。

 

最後に、犬の肩甲骨を円マッサージします。

 

私たち人間も、肩甲骨をふちに沿ってマッサージすると
とても気持ちが良いものですが
これは犬も同様です。

 

犬の表情を見ながら、強すぎないマッサージで
犬をリラックスさせてあげてください。

 

 

肩と前足のマッサージは以上です。

 

4:胸とお腹のマッサージ

5:お尻と後肢のマッサージ

 

については、引き続き
次のメールで解説していきますので
どうぞお楽しみに。

 

今日はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございます!

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


メルマガの通りにマッサージしていたら、犬が膝の上でず~ぴぃ~とイビキかいて寝てしまいました…。


Office Guriの諸橋直子です。

このメルマガでは現在、
犬の免疫力UPに役立つ「マッサージ」について取り上げています。

前回は「1:背中のマッサージ」について
具体的な方法をお伝えしました。

この背中のマッサージですが
早速実践してくださった飼い主さんのコメントをいただきましたので
ご紹介しますね^^

↓            ↓

————————————————————–

今回のメルマガ、
私も、犬をモミモミしながら読みました。

そしてメルマガの通りにマッサージしていたら、
犬が膝の上でず~ぴぃ~とイビキかいて寝ておられます。。。

————————————————————–

 

 

武士さんからいただきました。
ありがとうございます!

 

 

武士さんのお家はミニチュアダックス3匹の大家族です。
3匹同時にマッサージをせがまれると大変なことになるかもしれないので
そのあたりはワンコさんたちと上手く話をつけてくださいね。

 

そして、マッサージ中に寝ちゃいました…と言うご報告、
実は良くいただきます。

 

あと、飼い主さんも気持ち良くなっちゃって
一緒に寝ちゃました…と言うご報告も多いですね。

 

実は、犬をなでることによって
飼い主さん側にも「リラックス」等のメリットがあることが、
近年、研究によって明らかになってきています。

 

具体的に言うと、「オキシトシン」というホルモンが
犬をなでると飼い主さん側で多く放出されることが分かっています。

 

 

「オキシトシン」は女性の出産や授乳時に分泌されるホルモンとして有名ですが
別名「幸せホルモン」とも呼ばれていて、安らぎや信頼感、幸福感に深く関わっています。

 

 

ちなみに、男性にも存在するホルモンですので
是非飼い主さんみんなでワンコをモミモミして
「オキシトシン」を出しまくって、幸福感に浸りましょう。

 

 

さて、今日は「2:頭と首のマッサージ」の方法をお伝えしますね。

 

 

【頭と首のマッサージ】

 

 

——————————————-

■1:首のマッサージ

——————————————-

犬は首のマッサージが大好きです!

 

我が家の犬も、首をマッサージすると
うんうん、そうそう、そこそこ、と言う感じでおとなしくもまれています。

犬は床に近い場所から
飼い主さんを見上げる頻度が圧倒的に多いですから
首は凝っている可能性が大なパーツです。

 

(ご自身が、ずーっと天井を見上げながら生活するところを
ちょっと想像してみてください。
特に首の後ろのところが痛くなるはずです)

 

そのため、この首の部分をマッサージしてあげると
犬は喜んでくれます。

 

犬の首に親指を添え、その他の指でそっと揉むようにマッサージします。
その際に、親指で円を描くように円マッサージをして
部分的に凝っている個所などをもみほぐすとさらに効果的です。

 

——————————————-

■2:首の前側もマッサージ

——————————————-

 

首のマッサージと言うと、つい後頭部の下の部分に
目が行きがちですが、
犬のあごの下→首の前側のマッサージも行いましょう。

 

喉の部分にあたるのがこの首の前側ですが
デリケートな部分でもあるので
ここは中指を軽く犬の喉に当てて
優しく円を描く円マッサージをします。

 

強い力をかけると
犬は嫌がります。

 

これは人間と一緒で、喉を圧迫されると苦しく感じたり
不快感を感じるためです。

 

そのため、犬にマッサージをする前に
飼い主さんご自身が、まず喉のマッサージをご自身にほどこしてみてください。

 

意外とやさしくやっているつもりでも
気道に圧がかかると苦しく感じるものです。

 

犬をマッサージする際は、是非慎重に行ってくださいね。

 

——————————————-

■3:頭のマッサージ

——————————————-

 

最後に犬の頭を円マッサージします。

 

頭全体を親指、または人差し指で
くるくると円マッサージします。

 

耳の付け根なども、親指を添えて
コリコリと揉みほぐしてあげてください。

 

仕上げに耳の付け根に手を添えて
もう片方の手でそっと犬の耳たぶを引っ張るマッサージをします。

 

耳たぶを引っ張られるのを喜ぶ犬は多いです。

 

力加減に注意しながら
犬の表情を見つつ、まんざらでもない顔をしていれば
心地よいと考えてOKです。

 

耳たぶや耳の周辺にも
実は「ツボ」がたくさん集まっていますので
耳たぶも付け根から先端にむかって
優しくしごくようにマッサージすることで
「ツボ」の刺激にもなります。

 

ぜひやってみてくださいね!

 

 

以上が【頭と首のマッサージ】です。

 

3:肩と前足のマッサージ

4:胸とお腹のマッサージ

5:お尻と後肢のマッサージ

 

については、引き続き
次のメールで解説していきますので
どうぞお楽しみに。

 

今日はここまでです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。