犬の乾燥肌対策の薬膳食材の紹介。基本の考えについて。


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、今回も

「ホリスティックケアという視点で犬の皮膚トラブルを考えてみる」

というテーマでお届けしていこうと思います。

 

前回のメルマガでは「東洋医学」の視点で

●肺~皮膚

の関連についてお話し、肺をケアするための薬膳の考え方についても
併せて解説しました。

●犬の乾燥肌対策に薬膳を取り入れる~基礎編
https://www.officeguri.com/archives/5351

 

 

全体の復習もかねて、ここで大事なポイントをお話しします。

今回取り扱っているテーマの大きなくくりは

●ホリスティックケア

です。

 

ホリスティックケアというのは、たとえば

「ハーブを使ったからホリスティックケア」

「アロマだからホリスティックケア」

という、いわゆる「手段がなにか?」という問題ではないのでは?という
話をこのシリーズの前半でお話ししています。

 

 

手段に何を選ぶか?ではなく、

手段に何を選ぶかはさておき、生き物を環境も含めた「全体」としてとらえ、

例えば病気であれば、
その病気が起こっている「部分」だけに注目するのではなく、

体全体を見て、バランスを崩しているところはどこなのか?を考えるのが
ホリスティックケアではないだろうか、と
少なくとも私自身は考えています、ということを言いました。

 

 

これについては

「最初は何のことかあまり理解できなかったが
読み進めていくうちに、あ!と腑に落ちる箇所があった」

「深く共感する部分があった」

というご感想を読者の方からいただくなど
嬉しい反響がありました。

 

 

そして、体全体を

「お互いにつながり、連絡を取り合ってバランスを保つ有機体」

という風にとらえるのがホリスティックケアであるなら

●東洋医学、薬膳

も、ホリスティックケアであると考え
今回、東洋医学、そして薬膳でこういう場合はこういう風に考えて
こういうアプローチの仕方もある、というお話をしている次第です。

 

何故、今回わざわざこのことを繰り返して話すかというと、
もちろん大切なことだから、というのもありますが
今日から薬膳食材と具体的なレシピについてお話ししていくにあたり

「そうか、乾燥肌にはこの食材、このレシピ!」

という風に、

●症状=じゃあこの食べ物!

という風に、単純な結び付け【のみ】で考えてしまうと
本質から離れてしまう可能性が高くなるからです。

 

例えば、乾燥肌には牛乳がいいんですね!と
そういうシンプルな考え方でもいいですが

「今回のケースは肺の不調が皮膚に現れたケースの可能性があるから
 肺の健康バランスを取り戻す牛乳をレシピに加えてみよう」

という風に、

●どこに問題があると考え、

●だからどういう方法でそこにアプローチするのか?

という段階をしっかり考えた上で行うのとでは
大きな違いがあります。

 

 

後者は、原因はどこか?どういう可能性があるか?という部分を
しっかり考えた上で手段を選んでいますが、
前者の場合は、そのプロセスを踏んでいません。

 

 

そのため、乾燥の原因が別の場所にある、という可能性が考慮されておらず
折角良かれと思ってやっても、成果に結びつかない場合もあるということです。

 

 

だからこそ、「手段」ではなく

●問題はどこにあるのだろう?

というところを、ちょっと立ち止まって考えてみる、というのが
大切だと、私は考えている次第です。

 

 

この話は多分、1回読むだけではわからない、という方も
いらっしゃると思います。

 

なのでもしよかったら
繰り返し、5回くらい読んでみてください。

 

5回くらい読めば、腑に落ちる部分があるはずです。

 

ここは大事なポイントなので
必要と感じる場合はぜひ、繰り返し読んで理解を深めておくことをお勧めします。

 

 

そしてここからは、「肺」をケアするのに
有効だとされている薬膳食材の復習と活用方法です。

———————————————–

●肺のケアに役立つ薬膳食材

———————————————–

・卵
・白ごま
・牛乳
・松の実
・ホタテ

卵、牛乳は普段、犬の手作り食で使っているという方も多いと思います。
なので、普段使っている方は
いつものやり方で、犬が好きなレシピで、喜ぶ方法で食べさせてあげてください。

 

白ごまは、擦ってふりかけのようにして
ごはんにかけるのがお勧めです。

 

可能であれば、いりごまを粒のまま買ってきて
食べる直前にすり鉢ですると、香りもよく、犬が喜びます。

 

松の実もすり鉢ですって、ごはんに混ぜる、野菜を茹でたものに
和え衣として和える、などの方法で犬に食べさてもよいでしょう。

 

ホタテは焼く、煮るなどお好きな方法で与えます。
消化しにくい場合もあるので
細かく刻むなどの工夫があると安心できます。

 

これらの食材はすべて、肺、または胃腸に働きかけ
崩れた健康バランスを取り戻すのに役立つとされています。

 

胃腸に働きかける食材もプラスしてあるのは
肺の働きを元気にするためには、
胃腸も元気であることが大切だと、薬膳では考えるからです。

 

薬膳のベースである東洋医学は「バランスの医学」ですから
体の内臓同士のつながりも重視するので
このような考え方になります。

 

いかがでしょうか?

 

「ふーん、東洋医学や薬膳って面白いですね。
内臓同士がつながっているっていうのは今まであまり考えたことがなかったですが
これからは日常生活の中で、ちょっと意識してみようと思います」

 

そんな風に感じていただけると、私もうれしいです。

 

乾燥肌に関するシリーズは
今回で終了します。

 

次回からは、先日メールでいただいたご質問、

●耳のトラブルを東洋医学ではどう考えるのか?

について、取り上げていこうと思います。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


犬の乾燥肌対策に薬膳を取り入れる~基礎編


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、今回も

ホリスティックケアという視点で犬の皮膚トラブルを考えてみる

というテーマでお届けしていこうと思います。

 

前回のメルマガでは「東洋医学」の視点で見ると
体に臓器と臓器、部位と部位は関連が深く
ある臓器の不調が、直接はつながっていないけれど
現れる場所がある、という話をしました。

●東洋医学で考える「皮膚の乾燥」の原因の話。

今回のテーマである

皮膚の乾燥、かゆみ

については、

肺の不調の表れである

という考え方も、東洋医学ではできる、というお話をしました。

 

*東洋医学はさまざまな角度から人間や動物の健康状態を考える医学です。
 そのため、実際に動物の健康を考えて不調の原因を探る場合は
 複数の視点から状態をチェックし、考えていきます。

 そのため、皮膚のかゆみ、乾燥=すべての原因が肺にある!ではなく
 あくまでも、そういう可能性もある、だからそういう方向からのアプローチも
 試してみる価値があるのでは?という考えで
 今回はお話ししています。

 

 

では、「肺」のケアをするにはどうしたらいいのか?

 

今日からは東洋医学の食事法である「薬膳」の視点で
肺に元気を補い、健康バランスを取り戻すには
どういう食べ方がいいのか?という話をしていこうと思います。

 

——————————————————-

●「肺」をケアする食事…一体どういうもの?

——————————————————-

 

「肺をケアする食事…いまひとつイメージがわかないのですが…」

 

薬膳に初めて接する方、
東洋医学の考え方に初めて触れる方は
こんな風に感じるかもしれません。

 

なので、東洋医学では「食事」をどのようにとらえているか?という
基本の話を先にしようと思います。

 

東洋医学では、私たちが口にするものにはすべて
体に対して何らかの働きかけを行う

●薬効

を持つと考えるのが基本です。

 

東洋医学というと「漢方薬」を思い浮かべる方も多いと思います。

 

薬に使われる、いわゆる「生薬(しょうやく)」と呼ばれるもの多くは
植物の根は葉、実、などですが
こうした薬も煎じたり、丸薬などの形で「口から摂る」ことで
体に取り込まれ、さまざまな薬効を発揮します。

 

ところで、漢方薬といえば「当然病気を治すためのものですよね?」という風に
考える方も多いのですが
その漢方薬の中にたとえば

●生姜

●山芋

なども使われるケースがあると知ったら、
●●さんは驚かれるでしょうか?

 

生姜などは私たちは普段、薬味としてお刺身と一緒に食べたり
山芋などはすりおろして普通におかずとして食べることもあります。

 

そういう「食べ物」も、場合によっては漢方薬の中の「生薬」として
使われるのです。

 

特に生姜については、漢方薬のかなり多くの処方に使われている
非常にポピュラーな生薬のひとつです。

 

熱を下げる、腹痛を和らげる、など、いわゆる一般的にイメージされる「薬」というのは
少量ではっきりとわかる効果が期待できるものです。

 

その分、体への働きかけも強いので
少量でOK。

 

逆に量が多すぎると体を害してしまう、というものです。

 

その一方で、生姜のように、私たちが普段食べる食材としてもつかわれるし
漢方薬の処方の材料として使われる、というような

●薬~食べ物

の中間に位置するようなものも存在します。

 

そして私たちが普段「食べ物」として普通に食べたり飲んだりする
いわゆる「食事の材料になる食べ物」ですが
これらのものにもすべて

●穏やかな薬効

が、「ある」と考えるのが薬膳の考え方です。

 

言い換えると、

「卵にも薬効がある」

「白ごまにも薬効がある」

「牛乳にも薬効がある」

というような「普段の食べ物にも体に働きかける力がある」と考えるのが
薬膳なのです。

 

いかがでしょうか。

薬膳っていったいどういうものなのか?という
基本の考え方はご理解いただけたでしょうか?

 

 

「へー!そうなんですか!

 特別な薬とか特別な食べ物じゃなくても
 卵とか牛乳にも体に何らかの薬効があるっていう考え方なのですね?」

 

 

はい、そのようにご理解いただければと思います。

 

つまり、普段食べている食べ物にもいろいろ薬効があるのだから
今回の「犬の肌の乾燥、かゆみ」を考える場合は

●肺が健康になるような働きかけをする食べ物

を積極的に犬の食事に取り入れてみる、というのが
薬膳を基本に考えた場合の第一選択肢になります。

 

そういう視点で考えた場合のおすすめ食材ですが

・卵
・白ごま
・牛乳
・松の実
・ホタテ

などです。

 

何故これらの食材がお勧めなのか?
どういう風に食べたらいいのか?というヒントについては
次号でさらに掘り下げてご紹介していきます。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。