春先に増える「植物による犬の誤食中毒事故」を防ごう!


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

今回は、

 

要注意!春先は犬の植物誤飲・誤食が増えるシーズンです!

 

という話をちょっとしようと思います。

 

公園で出会う植物、自宅の観葉植物、庭の草花…。

 

こうした身近な植物の中にも、犬が誤って口にすると
中毒症状を起こすものがたくさんあることをご存知でしょうか?

 

非常に身近な例でいうと

 

水仙

 

なんかは人間の世界でもニラと間違えられて良く中毒事故が起こっている植物です。

 

●自然毒のリスクプロファイル:高等植物:スイセン類
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000075843.html

 

水仙は園芸用として人気がありますし、
これからの季節は3~4月にかけてラッパスイセンが開花ピークを迎えます。

 

あちこちの花壇などで気軽に栽培されている植物で、
なじみがある、という方も多いと思います。

 

もちろん、通常の生活では水仙をわざわざ食べよう!ということはありませんが
好奇心旺盛な犬が、様々なものの匂いを嗅ぐついでに口にしてしまう、というリスクは高いです。

 

普段から勝手に道端のものを口にしてはいけないよ!というしつけももちろん大切ですが
飼い主さん自身が

 

植物には結構毒を持つものが多いし、
 犬が間違えて食べないよう気を付けないとな。

 

ちなみにどういう植物が有毒なんだろう?

 

という風に、誤って口にすると中毒事故につながる有毒植物について
簡単でも良いので知っておくことは重要です。

 

ちょっとした予備知識が、犬を重篤な誤食による中毒事故から守ることにつながります。

 

様々な植物が芽を出す春先は、
好奇心旺盛な犬がそれらを誤って口にすることで起こる中毒事故が増える季節です。

 

私が運営するOffice Guriでは、
そんな身近な植物の中で特に気をつけていただきたいものをリストアップし、電子書籍として無償配布しています。

身近な中毒植物について知り、愛犬を事故から守るのにぜひご活用くださいね。

 

 

●電子書籍:犬が身近で出会う中毒植物リストを無料請求する!

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。