ストレスが犬の胃腸の不調につながるのはなぜ?


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、先日のメルマガで

「犬は飼い主さんの精神状態の影響もかなり受けるので、
 犬のストレスを考える際は、飼い主さん自身がストレスをためていないか
 ちょっと考えてみてください」

という話をしました。

 

●飼い主のストレスが犬に影響することはご存知ですか?
https://www.officeguri.com/archives/6218

そうしたら、読者の方からこんなメールをいただいたので
今日はそれをご紹介しますね。

 

————————————————————

いつもメルマガでお世話になっております。

今日配信のメルマガ「飼い主のストレスが犬に影響する」を読み、
極最近のことですが獣医さんに私が言われた事を
再確認したような気持ちで、ちょっとビックリしました。

うちの子は定期的(3ヶ月に一度位)に尿検査をお願いしています。
(特に悪いところは有りませんでしたが日常の変化を確認するためです)

順調に健康を維持しておりましたが、先月検査をしたところ、尿に結晶反応が出てしまいました。

しかしphや細菌と言った原因になる要素は至って正常・・
最近はこのような子が多いそうです。
先生は東洋医学をやられているので鍼が良いと言われました。

所謂「気帯」からくるもので「肝」不調→「気欝」の
症状だと。

色々お話を聞き質問等をしていた時先生がふと

「ママがいつも何かに不安を持っているからこの子はそれを感じとっているんだよ。
はい!お腹に一杯空気を吸って、そしてゆっくりお腹がへこむまで吐いて・・
いつも意識してやってみて!

この子達は飼い主さんの事ちゃんと見ているんだよ」

って・・・見抜かれちゃいました(笑)

まさに諸橋さんがテーマにあげて下さったお話は私のことかと驚きました。

長くなりすみません。
早速明日「鍼」を打ってもらいに行ってこようとおもいます。
この子の症状が少しでも良くなるように、私も複式深呼吸をして(笑)

(S-koharuさん)

————————————————————

S-koharuさん、いつもありがとうございます。

良い先生が主治医の方で、よかったですね。

 

中医学(東洋医学)では、患者の生活環境や精神状態、精神に与える影響までを考慮して
体の不調を考えるのが特色の一つです。

 

最近、この「精神状態と臓器の不調」を「ホルモン」という視点で考えてみよう、
という研究が進んでいるので
今日はそれを紹介しますね。

 

「オキシトシン」というホルモンがあります。

 

このホルモンは、はじめ

 

・分娩時の子宮収縮

・母乳分泌促進

 

を促す働きがあることで知られ、

 

「女性のためのホルモン」という風に解釈されていました。

 

ところが、研究が進むにつれ、このホルモンが
出産経験のない女性や男性でも分泌できることがわかりました。

 

さらにいうと、「オキシトシン」は出産・育児に関連する体の作用だけではなく、

 

・自律神経の調整

・抗ストレス

・胃腸状態の改善

・血圧を下げる

・免疫力の正常化

・体の痛みを和らげる

 

といった、体全身を調整する作用を持つことがわかってきました。

 

ちなみにこの「オキシトシン」はペットをマッサージすると
その人間がリラックスした状態になり、「オキシトシン」の血中濃度があがり
幸福感を感じる、という報告もあります。

 

「オキシトシン」はマッサージを受けた「犬」の側でも濃度が上がる、
という実験結果も報告されています。

 

つまり、お互いに触れあったり、マッサージをしたり、されることで
「オキシトシン」が分泌され、
体に良い影響を与えることが期待できる、ということです。

 

ここで、

●「精神状態と臓器の不調」を「ホルモン」という視点で考えてみよう

という話に戻ります。

 

過度なストレスが続くと、体はこのストレスに対抗しようとして
特定のホルモンを分泌し続けます。

 

これらをまとめて、わかりやすく「ストレスホルモン」と呼びますが
多くのストレスホルモンは、体を調節する自律神経と呼ばれる神経の内、

●交感神経(戦うための神経、緊張をもたらす)

を活発にする働きを持ちます。

 

胃や腸で消化活動を行う際、活躍するのは

●副交感神経(消化活動やリラクゼーションを担う)

です。

 

交感神経と副交感神経は、バランスを取り合って活動する、シーソーのような間柄です。

 

なので、片方ばかり偏って活発になると
もう片方は活動が鈍くなります。

 

こうしたアンバランスが長く続くと、体の調子が悪くなると考えられています。

 

長くストレスがかかり、交感神経が活発な状態が続くと
胃腸を働かせる副交感神経の活動が鈍い状態が続きます。

 

そうすると、食欲不振や下痢などの症状につながるケースが出てきます。

 

中医学では、こうした感情と臓器の関係を考え、例えば

・胃腸→くよくよ思い悩むと調子が悪くなる

・肝臓→怒りの感情が行き過ぎると影響を受ける

という風に昔から考えていました。

 

中医学が生まれた古代では、ホルモンについてはもちろんわかっていませんでしたが
多くの臨床経験から、感情やストレスなどが
臓器に影響する、ということが目の前で起こり、その関連性に注目していたと言えます。

 

ちなみに、ストレスで胃腸が弱った状態でオキシトシン投与を受けると
胃腸の働きが活発になった、という報告もあります。

 

まとめると、

・ストレスがかかると、体ではそれに対抗するためにストレスホルモン等を分泌する

・長くストレスホルモンが分泌されると、体の不調につながるケースがある

・ストレスホルモンに対抗するために、リラックスのホルモンである「オキシトシン」が有効だと考えられる

ということになります。

 

「精神と臓器がつながっているって、中医学(東洋医学)は怪しいなあ」

 

という目で見られることも多いですが
実際には、現代の生理学や医学でわかっていることと照らし合わせても
理に適っていることは結構多いです。

 

犬も飼い主さんも、上手にストレスケアをして
体のバランスを取れると最高ですね。

 

今このメルマガをお読みのあなた自身は
愛犬、そしてご自身のストレスケアをどう考えますか?

 

本日は以上です。

●今回の記事が参考になった!という方はクリックしておいていただくと
 励みになります!
https://xn--the-pp9g.biz/

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬のストレスケアにアロマで何ができるのか?


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

さて、このメルマガでは「犬の家庭でのケアから健康を守る」というテーマで
シリーズで、

・犬のストレスケアを家庭でどう行うか?

という記事を配信してきました。

 

これまでのメールを見逃していた方は、下記のバックナンバーをご参照ください。

▼犬の健康管理で押さえておきたい「基礎ポイント4つ」
https://www.officeguri.com/archives/6106

 

 

▼犬も感じている「ストレス」とどう付き合うか?
https://www.officeguri.com/archives/6108

 

 

▼手軽に家庭で犬のストレスケアを行う方法
https://www.officeguri.com/archives/6111

 

 

▼犬にアロマセラピーを活用する前に知っておいていただきたいこと
https://www.facebook.com/officeguri/posts/1278331768853141:0

 

 

▼犬を病気にしないために、「リスク管理」の視点が抜けていませんか?
https://www.officeguri.com/archives/6118

 

前回のメールでは、「愛犬のストレスケア」が健康管理にお勧めなこと、
犬を病気にしないためには、身近な病気と結びつきそうな要因を
できるだけ潰していくことが重要だという事をお伝えしました。

 

そこで、私自身が「愛犬のストレスケア」にお勧めなのが

・犬へのアロマセラピーとマッサージ

です。

 

アロマセラピーは香りを嗅ぐ、というシンプルな方法で
犬の神経に働きかけ、緊張をほぐす、過度の興奮を鎮めるといった効果が期待できるほか、

・血行促進作用

・抗菌作用

・抗ウィルス作用

・殺菌作用

といった、犬の健康にダイレクトに関わる効果も期待できる
家庭での自然療法になります。

 

そこで今日は、実際にアロマセラピーを活用して
愛犬の身体や心の状態に合わせたケアを行い、健康増進のための取り組みをしている
飼い主さんの事例をご紹介しますね。

 

私が運営する、インターネットで学べるアロマ講座受講生の方の事例です。

————————————————————————————

【 他にも犬の健康に関するセミナーがあったにも関わらず何故「ドッグアロマ」を選んでいただけたのですか? 】

マッサージを確認しながら学びたかったので家で自分の好きな時間に受講できる事と
何度も繰り返し動画を見ることが出来るので疑問に思った事もすぐ確認できるかな?と思えました。
そこに以前より興味があったアロマが一緒に学べるなら嬉しいと思い申し込みました。

【 その他、日常生活での活用方法、このような嬉しい変化があった!という内容をお書きください。 】:

昨年、16歳5カ月の愛犬を虹の橋に見送り、その後保護センターより推定6歳の
MシュナのLotti(ロッティ)を家族として迎えました。

彼女の心をほぐすのに自分でアロマオイルをブレンドしマッサージができて良かったと思います。
添付の画像はマッサージ後のリラックスしたロッティです。
マッサージが大好きで心待ちにしている様子がよくわかります。
手からも「大好き」「可愛い」を伝えられ、癒せることができて私も大好きな時間です。

(はつみさん)

https://www.officeguri.com/wp-content/uploads/image.jpg

————————————————————————————

【 他にも犬の健康に関するセミナーがあったにも関わらず何故「ドッグアロマ」を選んでいただけたのですか? 】:

元々アロマテラピーに興味があり自分自身の癒しの為に使っていたのですが、
犬にもアロマが使えるんだと聞いて勉強してみたくなりました。

実際受講してみてテキストだけではなく動画がセットであった為、
頭の中に入りやすかったのと実際のマッサージのやり方などがわかりやすかったです。

【 その他、日常生活での活用方法、このような嬉しい変化があった!という内容をお書きください。 】:

犬に安全なオイルがわかったので私も一緒に使って癒されてます。
マッサージはとっても気持ちよさそうにしてます
うちの犬は皮膚が弱く湿疹や痒みがよくでるのですが、
アロマで殺菌力のあるオイルでスプレーを作ってみたいなぁと思ってます

虫の季節には虫除けスプレーも作って一緒に使ってみたいなぁと思います。

https://www.officeguri.com/wp-content/uploads/image1.jpg
(ハッピーさん)

————————————————————————————

【 他にも犬の健康に関するセミナーがあったにも関わらず何故「ドッグアロマ」を選んでいただけたのですか? 】:

過去に2度ヘルニアになり、2度目は足の麻痺が残るだろうと獣医にも言われていました。
自分自身も日頃からアロマを活用していることから、犬にもいいのでは?と、毎日アロマオイルでマッサージしたところ、
少しずつ歩けるようになり、今では走り回るほどに回復しました。

それから、犬のアロマを学ぼうと思い、自宅で好きな時間に学べるこちらに決めました。

【 その他、日常生活での活用方法、このような嬉しい変化があった!という内容をお書きください。 】:
ツボを覚えられてマッサージが出来るようになったのは、嬉しいです。
犬も気持ちよさそうにしています。

(S.Nさん)

————————————————————————————

【 他にも犬の健康に関するセミナーがあったにも関わらず何故「ドッグアロマ」を選んでいただけたのですか? 】:

私は、動物の介護士になるため、東京と新潟往復で勉強しているのですが、
元々、介護セミナーの1つにドックアロマを考えて色々ネットから探していたときに、
諸橋さんのメルマガを知り、無料通信を申込みました。

元々私は、通信講座などむいてなく、半信半疑でしたが、メールがきてみると、内容の濃さに少しビックリしました。
しばらくするとメールがくるのが楽しみになり、早く基本の勉強したく、いつになったら申し込めるのか?思ってました。

実際に動画で勉強が始まってみて、内容をわかりやすく短い時間の動画と、先生の言葉の内容が、なるほど!と思うくらい解りやすいです。

あと、楽しいみにしてるのが、先生の日常の追伸内容とぐりちゃんとにこちゃんの面白いエピソードやら写真が楽しい!!です。
役立つ内容は、常にノートに書いて勉強させてもらってます。

【 その他、日常生活での活用方法、このような嬉しい変化があった!という内容をお書きください。 】:

我が家には、犬と猫がおり、夜は、犬にアロマのローションを少しぬり、基本的に上手くいかないこともあるのですが、
ベットの上でお腹を出して待っています。一歳でリユウマチになり、強い薬でおさえてますが、
後ろ足が段々広がることがあり、毎日マッサージしていたら、この頃は、広がることがなくなり、アロマでマッサージをすると眠りが深く、
前は、夜中にベットからおりて、吠えたり騒いだりしたのですが少なくなりました。
朝は、テーブルの上でお腹を出した猫に、マッサージのみしてますが、気持ちがいいみたいです。

両方病気を抱えてるので、マッサージは、体の変化をいち早くキャッチできます。

寝たきりの床擦れがある知り合いの老犬の飼い主さんから、アロマで酷くなった床擦れがかなり、良くなった話を聞きました。

(ハヤシライスさん)

————————————————————————————

いかがでしょうか?

 

この他にも、痴呆で夜中に起きてなかなか寝付かれない愛犬に
ラベンダーの香りでマッサージを行ったところ、
犬が非常に良く眠るようになった、といったメールも複数お寄せいただいています。

 

アロマセラピーの精油で、痴呆自体が劇的に良くなるわけでは決してありません。

 

しかしながら、夜中に愛犬が眠れず夜鳴きを繰り返し
そのことで飼い主さんもストレスを抱える、犬も睡眠不足でストレスを抱えるという
悪循環が、アロマセラピーを活用することで「心地よく眠れるようになった」ということで
飼い主さん、犬両方の

●QOL(生活の質)

を向上させることは可能です。

 

このように、何をトラブルを抱えている場合はそのトラブルを少しでも和らげる
健康な犬の場合は、その健康を維持するために
香りとマッサージを併用して、
ストレスを緩和する、血行を良くするという取り組みをすることで病気のリスクを減らせます。

 

最近は、人間の医療機関でも「予防」という意識が高まっています。

 

特に生活習慣やストレスによって発病の率が高まる疾患については
定期健診などで早めに異常を見つけ、生活習慣の改善や
ストレスケアから始めましょう、という指導を行う市町村が増えてきています。

 

犬も同じように、生活習慣を見直し、ストレスケアを行うことで
病気にかかるリスクを下げることができると、私自身は考えています。

 

もし、今メールをお読みのあなた自身が、愛犬の生活習慣全般や
ストレスケアに目を向け、犬の身の回りで「病気」とつながりそうなものをチェックし
それらをできるだけ排除できるとしたら、どのくらい犬の将来の健康について
安心できそうでしょうか?

 

ぜひ考えてみてくださいね。

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
 

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:
https://aj-dogcare.info/yakuzenmail1/

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

 

犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬を病気にしないために、「リスク管理」の視点が抜けていませんか?


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日は

「犬を病気にしないために、家庭では何をしたらいいのか!」

と考えている飼い主さんに、実は抜け落ちてしまいがちな視点について書きますね。

 

これまでのメールを見逃していた方は、下記のバックナンバーをご参照ください。

▼犬の健康管理で押さえておきたい「基礎ポイント4つ」
https://www.officeguri.com/archives/6106

 

▼犬も感じている「ストレス」とどう付き合うか?
https://www.officeguri.com/archives/6108

 

▼手軽に家庭で犬のストレスケアを行う方法
https://www.officeguri.com/archives/6111

 

 

▼犬にアロマセラピーを活用する前に知っておいていただきたいこと
https://www.facebook.com/officeguri/posts/1278331768853141:0

 

このメルマガを読まれている方、また私が運営する各種メールセミナーの受講生の方の多くが
望まれていることですが

「愛犬にずっと元気でいてほしいので、犬を病気にしない方法を知りたい、
 勉強させてもらおうと思い、メルマガを読んでいます」

というメールを良くいただきます。

 

その点、このメルマガでは犬を病気にしたいための何か特別な方法を学べるのでは?という
期待をされている方も時々いらっしゃいます。

 

 

これについては

「これさえやっていれば、犬が健康でいられます!といった飛び道具的な方法は正直ないですよ」

「睡眠、食事、運動、ストレスケアといった基本をまず見直すことが大事ですよ」

とこのメールでも繰り返し言っています。

 

 

こういうことを正直に言うと、「なんだ!犬の健康を守るための特別な方法を知りたかったのに!」と
結構がっかりする方もいますし、
そういう話をした回はメルマガの解除が続出します。

 

残念ながら、このメルマガではそういう話はしませんし
今後、する予定もありません。

 

何故なら、大切なのは

「病気にならないための特別な何かを頑張って実践する」

というよりは

「病気とかかわりが深い要素をあぶり出し、それをひとつひとつ可能な範囲で取り除くことによって
 病気になる”リスク”を下げる」

事だと、私自身が考えているからです。

 

例えば、あまりにバランスを欠いた食事は肥満や逆に栄養失調を招くことは良く知られています。

 

肥満から、犬の場合は関節に負担がかかり関節炎になったり、心臓への負担が増し
心疾患になったり、そういう病気が芋づる式に発生するリスクが高まります。

 

だったら、食生活を整え、体重を適正範囲内にコントロールし
関節炎や心疾患を予防しよう、となります。

 

これがリスク管理であり、健康を「管理する」という事だと私は考えています。

 

まとめると、

————————————————————-

●特別な何かを実践して健康度を上げる!→× ではなく、

●生活の中に潜む病気につながるそうな要素を洗い出し、
 それを可能な範囲で無くすことによって病気にかかる
「リスク」を管理する→○ お勧めの考え方

————————————————————-

になります。この「リスク管理」という視点が抜けていると、
新しい健康法や新しい栄養素が発見され、それが病気予防になる!と聞くと

「それを実践していない、その栄養素を意識して取らせていない我が家は、犬が病気になってしまうのでは?」

と不安になるケースが多いです。

 

もちろん個々の健康法や新しい栄養素の情報も
きちんと実績があるからニュースなどで紹介されますし
話題にもなるのだと思います。

 

一方で、よく私自身も質問を受けますが

「○○健康法が今話題になっていますが、これは犬もやらないと【だめ】でしょうか?」

という場合、健康は何か特別な方法を行わなくては維持できない、といった
考え方に陥っている可能性が高いです。

 

その健康法を楽しく実践して、飼い主さんも犬のそれで幸せならばいいですが
質問をされる方の場合、たいていは不安でいっぱいです。

「これをしないと犬が病気になるのでは…」

という思い込みがそこにあるからです。

 

繰り返しになりますが、
そういう場合は、

「病気につながるリスクを下げることで病気になる可能性をできるだけ低くする」

という、健康を「リスク管理しながら維持する」、という基本的な視点が抜けています。

 

これだと、新しい健康法や栄養素が出るたびに「あ、これやってなかった!」「あれもしないと犬が病気になるかも!?」と
不安の種を拾ってどんどん心配が大きくなります。

 

飼い主さんのそうした精神状態も、犬の健康には大きく影響することがわかってきていますので
その点は本当に注意が必要です。

 

今メールをお読みのあなたはこれについてどう考えますか?

 

新しい健康法を見るたびに、犬にそれを実践しないと犬が病気になるかも…と
不安に感じたいでしょうか?

 

それとも、犬の性格や生活環境の中から、病気につながりやすとされている「リスク」を明らかにし
可能な範囲でそれを取り除き、「リスクを下げる」方法を実践し
犬との生活を不安まみれではなく自信と安心でいっぱいにしたいですか?

 

ぜひこの機会に考えてみてください。

 

犬のストレスと病気の密接な関係は近年明らかになってきていますし
そういう意味では

「ストレスケアを行う」

ことは、非常に効率の良い「リスク管理」となります。

 

犬のストレスには2種類あり、犬自身が自分で感じるストレスと、
飼い主さんが感じているストレスの影響を受けて感じるストレスがあります。

 

そういう意味では、飼い主さん自身もストレス管理を行い、
明るく楽しく過ごすことで犬の健康に良い影響を与えることも重要です。

ぜひストレスケアの重要性を今一度、考えてみてくださいね。

本日は以上です。

●今回のメール役に立った、興味深い、という場合は
 応援クリックをしていただくと励みになります。
https://xn--the-pp9g.biz/

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
 

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:
https://aj-dogcare.info/yakuzenmail1/

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

 

犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。