犬の夏トラブル予防「肉球の熱傷」と「熱中症」


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

さて、私が住む北海道も先日30度を超えましたし
本格的にこれから夏がやってきます。

気温が上がると、それに伴う犬の体調不良や事故も起きてきますので
毎年この時期になると必ずご案内している恒例記事を今年も書きますね。

———————————————-

●アスファルトの温度上昇に注意!

———————————————-

 

これは最近、認知度が上がってきているので
事故も減ってきていますが、
以前は

「気温30度を超える場合、アスファルトは70度を超えるケースもある」

という知識があまり知られず、
照り返しのせいで犬が熱中症になったり、
肉球を熱で損傷してしまうなどの事故が続いたことがあります。

既にご存知の方も多いとは思いますが
これからの時期、気温によっては散歩の時間を調整するなども大切になってきます。

 

 

———————————————-

●熱中症は「予防」が肝心!まめに水分補給を

———————————————-

熱中症になるとどういう治療が行われるか、ご存知ですか?

 

私が実際に知っているケースでは
動物病院の水槽のようなところにどぼん!と入れられて
とにかく冷やす。

 

その後、点滴で水分補給されて…というケースで
実際にことなきを得た犬を知っていますが
ここから見えてくる予防は、

・室温調整

・水分補給

の2つです。

 

必要に応じてエアコンなども活用する、というのも大事ですが
多くの方が悩むのが「水分補給」ですね。

「熱中症予防に水を飲みなさい!」

と言っても、言って聞かせただけでは水を飲まない犬がほとんどだからです。

 

大好きな牛乳の水割りだったら喉が渇かなくても飲むが
喉が渇かない場合、水は基本飲まない、犬は基本的にそういうケースが多いです。

 

そういう場合は、夏野菜などをうまく活用してください。

 

お勧めはきゅうり、トマトです。

 

水分が多く、カリウムも豊富ですから
喉の渇きを鎮める作用と水分補給、両方が同時に行えて便利です。

 

それでも残念ながら、熱中症になってしまった!という場合、
意識もうろうとする犬のための

「緊急蘇生」

によく使われるツボがあるのですが…。

そのツボ、知りたいですか?

もし知りたいです!という場合は、
下記のURLをクリックして意思表示をお願いします。

https://www.facebook.com/officeguri/

*クリックのみでOKです。クリック以外のアクションは必要ありません。
リンク先はOffice GuriのFacebookページです。

 

クリック数が一定数以上に達した場合は
そのツボをメルマガ上で公開しようと思います。

 

本日は以上です。


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

 

犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬の食事に夏野菜を活用する(7)生トマトから作る豚肉煮込み


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日も蒸し暑い季節を快適に乗り切るために
犬の食事に取り入れるのがお勧めな「夏野菜」について
話して行こうと思います。

 

——————————————————–

●生トマトで作る「豚肉のトマト煮込み」

——————————————————–

 

トマトは生でサラダなどにして食べる、という方が多いのですが
我が家では結構トマトを「加熱」して食べることが多いです。

 

理由は、私が生のトマトが苦手だからです。

 

食べられないわけではないのですし
嫌い、というわけでもないのですが
加熱した方が食べやすいと感じますし、味も好きですね。

 

同じ理由で果物もあまり冷やして食べない方ですし
果物自体をあまり食べません。

 

これも食べられないとうわけでは無いですし
嫌い、というわけでもないのですが

 

「何となくトマトや果物をきんきんに冷やして食べると
 身体が冷える感じがするので苦手」

 

という漠然とした理由からです。

 

夏野菜に関して言うと、
身体の熱を冷ます作用が強いところを
さらに冷蔵庫で冷やして食べると、より体が冷える感じがします。

 

これは、薬膳の世界でも

 

「調理法により、もともとの食材の持っている性質を
 やわらげたり、逆に強めたいすることが可能」

 

とされていますので
夏野菜をきんきんに冷やして食べると、
確かに美味しいけれど量が食べられなかったり
後で胃腸の調子がいま一つになる、という感じ方は
あながち単なる「感覚だけのこと」で済まされない感じです。

 

何が言いたいかというと、

 

暑いからと言って冷たい物や体の熱を冷ますものばかり
偏って取ったり、より体を冷やす方法で過剰に摂取すると
当然、身体のバランスも崩れやすくなりますよ、

 

ということ。

 

なので、身体の熱を冷ます夏野菜だからこそ
調理の時に敢えて「加熱」することで
より体に受け入れられやすい料理に変えるひと手間を、ということです。

 

というわけで、今日のレシピは「豚肉のトマト煮込み」。

 

【作り方】

フライパンにオリーブオイルを熱し、
一口大に切った豚肉の固まりを
表面を焼き付けるようにしっかり焼く。

 

少量の水と、ヘタをとった生のトマトを丸ごと加え
蓋をして20分ほど煮る。

 

トマトと肉に火が通って、
トマトを木べらでつぶせるようになったら出来上がり。

 

(皮が気になる場合はこの時点で取り除く)

 

機密性の高いフライパンか鍋で作るのがお勧めです。
トマトの水分でしっかり煮込んだ豚肉は
トマトソースごと、ご飯や麺にかけて食べさせると犬も喜びます。

 

飼い主さんは豚カタマリ肉の代わりに
スペアリブでお試しください。
水の代わりに少々の酒で煮込み、仕上げに塩コショウをすることで
飼い主さんも美味しくいただけます。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


犬の食事に夏野菜を活用する(6)トマトと卵で作るふんわりやさしい炒め物


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、昨日は夏野菜「トマト」について
その薬膳的な効果をご紹介しました。

 

 

https://www.facebook.com/officeguri/photos/
a.310138535672474.80542.224307047588957/827783910574598/?type=1

 

 

今日はそのトマトを、どう美味しく調理して食べるか?ということで
具体的なレシピをご紹介していきます。

 

——————————————————–

●トマトと卵を一緒に炒めて優しい味に!

 ~トマト卵炒め

——————————————————–

 

学生時代、私は中国に1年半ほど留学していたのですが
そこで出会った驚きのおかずが

「トマト卵炒め」

でした。

 

 

冷静に考えるとオムレツにケチャップをかけるし

「卵×トマト」

というのは、特別変わった組み合わせではないはずです。

 

ただ、私が中国で出会った「トマト卵炒め(西紅柿炒鶏蛋)」は
ざく切りにしたトマトに、ふんわり卵が炒め合わせてあり

 

「完全に炒め物」

 

だったんですね。

 

これをご飯と一緒に食べるともう最高!という
とてもポピュラーな家庭料理でした。

 

一時本当にハマってしまい
ほぼ毎日食べていましたね。

 

以来、帰国後も時々作って食べています。

 

人間用にはネギを入れたりしますが
犬用に作る場合はシンプルに

 

・トマト
・卵
・オリーブオイル

 

で作ります。

 

 

【犬用トマト卵炒め:作り方】

 

鍋にオリーブオイルを温め、十分に温まったら
とき卵を入れてふんわりと炒め、一旦取りだす。

 

ざく切りにしたトマトをフライパンで炒める。
(皮が気になる場合は事前に皮を除いておく)

 

トマトから水分が出てきたら、
さきほどの卵を入れ、炒め合わせる。

 

トマト卵炒めはごはんや麺などにかけて
食べさせると犬が喜びます。

 

トマトは夏野菜で身体を冷やす効果が高いといわれますが
こうやって「ちょっと火を通す」ことで
若干その性質が和らぎます。

 

夏野菜は今時期美味しいですし
暑いのでつい、冷たく冷やしたり、生でそのまま食べる機会が多くなりますが
あまり食べ過ぎると今度は胃腸を弱らせることにもつながります。

 

(物事には「適量」が存在します)

なので、身体を冷やす効果の高い夏野菜を取る際に

 

「ちょっと加熱する」

 

という調理法でバランスを取る。

 

そんな知恵も犬の食事に取り入れてみてください。

 

ちなみに飼い主さんは、犬用に作ったトマト卵炒めに
塩、こしょうで味付けをすることで美味しくいただけます。

 

この中にご飯を放りこんで
チャーハンにしてもいいですよ!

 

次号ではトマトを「煮込み」に使うレシピを
ご紹介する予定です。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。