犬の薬膳:体の状態に耳を傾けることで「健康への不安」を無くす。


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

このメルマガでは
これまで「犬の夏バテ対策」について

・東洋医学
・薬膳

の視点でお話をしてきました。

 

今日はちょっと視点を変えて

「何故、東洋医学や薬膳が、愛犬のホームケアとしてお勧めなのか?」

について、私自身が普段感じてること、
考えていること、お勧めしたい理由についてお話しして行こうと思います。

 

今回はいつもの「役立つ情報」とは少し違った

●基本の考え方

についての内容になりますので
もしよろしければ、お付き合いいただけると幸いです。

 

—————————————————————-

●カロリーや栄養素、本当にそれだけで
 「健康」は測れるのか?と言う疑問

—————————————————————-

 

私は仕事柄、多くの飼い主さんから犬の食事や健康について
質問やご相談のメールを頂きます。

そうしたメールを見ながら感じることですが…。

 

「健康番組で●●というのが体に良いと聞きました!
 ●●は犬に取ってどうなんでしょうか!?」

「××と言う栄養素を積極的に摂らないと
 発がんのリスクが高まると聞きました、本当ですか!?」

 

このような「単独の栄養素」「単独の食品」によって
健康が左右されるのでは?という悩み・質問が増えてきています。

 

そして、このようなメールから私が感じるのは
こうした飼い主さんが根底に抱える

●不安

です。

 

確かに世の中の雑誌やテレビ広告を見まわしても

「不安」

をあおるものは多いですよね。

 

「20歳を過ぎたら肌の加齢が加速するので●●を飲みましょう」

「50代からは体内の××という物質が減少します。
 なので食事から意識的に補わないと、健康に影響が出るリスクが高まります」

等等。

 

そしてこういう情報を見ると、

「人間でもこういういろいろなことを【意識しない】と
 【健康でいられなくなる】としたら…。

 犬だって同じでは?
 犬だってもっと意識して、体にいい栄養素とか物質を補わないといけないのでは?!」

という不安が出てくるのはある意味、当然だと言えるかもしれません。

 

しかしながら…。

 

私がいつも思うのは

「生き物の健康ってそんなに単純なものなんでしょうか?」

「本当に、何か特定の栄養素だけを補えば
 飛躍的に健康度がUPするのだろうか?」

ということです。

 

例えば、どんなに肌に張りをもたらす栄養素を一生懸命摂取したとしても
ストレスが多くて、睡眠不足が続けば
お肌はボロボロになりますよね?

 

逆に、特別な栄養素を意識して摂取しなくても
大好きな家族と毎日楽しく過ごしていたり
楽しいこと、趣味などで充実している人の肌は
状態がよく、つやつやしている、ということも多くあります。

 

犬も同様だと考えてみてください。

 

もし何か、犬が体にトラブルを抱えている場合は
もちろん、はじめは獣医さんに相談し
根本的な原因を排除してもらう必要があります。

 

それは、病原菌が原因であれば
その病原菌を取り除く薬を飲んだり、塗ったりすることですよね。

 

と、同時に

「こういうちょっとした病原菌に負けてしまったということは
 ひょっとしてストレスが原因で免疫力が落ちていたのかも?」

「急激な気候の変化で胃腸が弱り、
 食事からの栄養をきちんと吸収できていなかったのかも?

 だから抵抗力が弱くなっていたのかも??」

と言う風に

 

●環境や精神面も含めた視点で、犬の健康を考えること

 

が、飼い主さんであれば可能です。

 

話を元に戻しますが
確かに「この栄養素を摂取すれば、発がんリスクが減る」といった
特別な栄養素や物質も存在します。

しかしながら、生き物はそれだけ摂っていれば健康になる!というほど
単純でもないのです。

 

・生活環境
・季節の影響
・精神状態

 

など、いろいろなことが総合的に影響し
生き物の健康を左右します。

 

そういう意味では

「生き物そのものの状態をしっかり見ること」

「体の声に耳を傾けること」

「外部の環境の影響なども一緒に考えること」

こそが、健康を考える上で
大切なのでは?と私は個人的に考える次第です。

 

だからこそ、そういう視点で健康を考える

●東洋医学

●薬膳

がお勧めですよ、とメルマガや講座などでお伝えしている次第です。

 

—————————————————————-

●体の状態に耳を傾けることで「不安」を無くしたい!

—————————————————————-

体の声に耳を傾けることには
いいことがたくさんあります。

 

例えば、ここ数回に分けてお伝えしてきたテーマである「夏バテ対策」ですが
栄養学的に考えると、
確かに食事はバランス良く、毎日食べた方がいいですよね。

 

一方で、もし生き物の「状態」に合わせて考えるのであれば

・食欲が無い時には無理して食べなくてもいい
・いつもの量を無理に食べようとしなくてもいい

というような、変則対応ができるようになります。

 

そして、食べない、となると「栄養が取れなくなるので良くないのでは!?」と
心配になるかもしれませんが
体の状態によっては胃腸を休めたり
胃腸が受け容れ易い淡泊な食事の方が、体にとっては良いという場合も
往々にしてあります。

 

つまり、まとめるとこういうことです。

「教科書通り、セオリー通りの食事でなくても大丈夫」

「その時その時の体の状態に合わせて、臨機応変に対応すれば大丈夫」

 

東洋医学の考える「健康」や薬膳で考える「食材の選び方」「食事方法」には
こうした

●個々の状態に合わせて食事を考える

●それによって、体質から改善し、健康に近づける

ための【知恵】が、たくさん詰まっています。

 

 

「教科書通りでなくていいんですよ。
 ちょっと一般的な考え方と、実際の犬の食欲が違っていても大丈夫!

 その犬その犬のよって体の状態は違うから
 状態に合わせてこつこつケアして行けば、大きな問題は起こらないし
 安心していていいんですよ」

 

それが、私自身が不安を抱える飼い主さんに
今一番お伝えしたいことです。

「犬の食事は、こうでないとだめなのでは?という不安」

を無くし、安心して犬の食事や健康を考えるのに
薬膳はきっとお役にたてるはずです。

 

薬膳を学ぶことで、
不安から解放されて、毎日の食事作りが楽しくなる。

 

そんな飼い主さんが一人でも多く増えるといいな、と言う気持ちで
私自身は「犬の薬膳」について
お伝えしている次第です。

いかがでしょうか?

薬膳がもたらす、不安からの解放やメリットについては
何となくでもご理解いただけると、
私自身はとても嬉しいです。

次号でも引き続き
薬膳についてお話ししていきますので
ぜひ楽しみにしていてくださいね。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


犬の夏バテ対策「薬膳ケア」(3)~夏バテの原因とお勧め食材


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、今日も「犬の夏バテ対策」について

・東洋医学
・薬膳

の視点でお話しして行こうと思います。

 

今回は、

「薬膳の視点で考えると、夏の体調不良を防ぐには何に注意したらいいの?」

と言う視点で話していきますね。

 

——————————————————

●湿度と暑さが同時に体を襲うことで起こる体調不良

——————————————————

薬膳の視点では、夏(長夏を含む)は

●じめじめとした湿気が体液を粘つかせ、代謝を阻害する

●気温の高さが体内の水分を消耗させ、体内に熱がこもる原因となる

という「2つの障害」が同時に体を襲う季節と考えます。

 

 

そのため、何となく体がだるい、胃腸の調子が悪く食欲がなくなる、
と言う風に考えます。

 

 

では、食事の面から何か対策を練るにはどうしたらいいのか?ですが

●体内の余分な水分をスムーズに排泄し、水はけの良くする食材を食べる

●体内にこもった熱を上手に発散させてくれる食べ物を選ぶ

と言う風になります。

 

私たちは普段、食事を「そこに含まれる栄養素」とか
「カロリー」で考えることに慣れています。

 

こうしたいわゆる「栄養学的な視点」とは全く異なる視点で
食事や食べ物を捉えるのが

「薬膳」

の特徴です。

 

私は個人的に、栄養学の基礎知識ももちろんあればとても便利だし
さらにそこに、今回お話ししてるような
薬膳の知識も加わると、より犬の食事を幅広い視点で見られるので
お勧めです。

 

ここまではOKでしょうか?

 

では、具体的にどういう食べ物が
夏バテ対策としてはお勧めなのか?ですが、

 

●体内の余分な水分をスムーズに排泄し、水はけの良くする食材を食べる
●体内にこもった熱を上手に発散させてくれる食べ物を選ぶ

こうした作用を持つとされる食物は
例えば、

・きゅうり
・トマト
・スイカ

といった、水分が豊富で味が淡泊な夏野菜、果物です。

 

ここにさらに、弱った胃腸の回復を助ける意味で
消化器を元気づけるためのお勧め食材は、

・鶏肉
・米
・蜂蜜

などです。

 

こうした「普段口にする食べ物の持つ薬効」を知り、
季節の変化に伴う体調不良の原因」を知ることで、
愛犬の普段の食事を工夫したり、
そうした季節が始まる少し前から
対策を練ったりすることが可能になります。

 

もし事前に

 

「そうか、この季節はこういう気候の変化があって
 体にこういう影響があるから
 それに負けないよう、食生活からケアしていこう」

 

「生活習慣自体も、こういう風に工夫して
 体を季節の変わり目の変化に対応できるよう、調整しておこう」

 

という対策が、自宅でできるようになるとしたら
どうでしょうか?

 

病気はある日突然、空から降って来るものでは無く
ある程度、日々の食生活や過ごし方で
予防できるとしたらどうでしょう?

 

(もちろん、すべての病気を100%家庭でのケアで予防できる、と言う意味ではありません。
病気には様々な原因があります。

しかしながら、食生活や生活習慣の工夫で
元気に過ごせるケースもたくさんあります)

 

「ふむふむ、確かにある程度
 犬が長く元気で過ごすために、家庭で工夫できることがあれば
 安心材料が増えますね…」

 

もし、そんな風に●●さんがお感じになるのであれば
薬膳の基礎を学んでみるのがお勧めです。

 

そうすることで、季節ごとの体調不良への対策なども
ご自身で、愛犬の体の状態をみながら
行えるようになります。

 

まずは薬膳の基本的なことをちょっと知りたい、と言う場合は
書店で売られている「薬膳の本」が役立ちますので
今日はお勧め書籍をご紹介しておきますね。

●薬膳・漢方食材&食べ合わせ手帖

●薬膳・漢方の食材帳 [ 薬日本堂株式会社 ]

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


犬の夏バテ対策に「薬膳ケア」を取り入れるための基礎知識(2)~季節が体に与える影響を知る


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、今日も「犬の夏バテ対策」について

・東洋医学
・薬膳

の視点でお話しして行こうと思います。

 

前回のメルマガでは

「東洋医学とは?」

「薬膳とは?」

と言う基本の部分をお話ししました。

 

今日はいよいよ東洋医学で重視している

”季節と体調の関係”

についてお話ししていきます。

 

——————————————————

●東洋医学では「四季」では無く「五季」で考える。

——————————————————

 

私たちは普段季節を「四季」で考えます。
春夏秋冬、ですね。

 

一方で東洋医学では季節を

・春
・夏
・長夏
・秋
・冬

という5つに分けて考えます。

 

「何故5つなんですか!??」

 

とびっくりされる方もいるかもしれませんが
東洋医学は

・五行説

という独自の考え方でこの世の中のあらゆるものを5つに分類して
考える、と言う特徴があります。

 

「五臓六腑(ごぞうろっぷ)」

 

という言葉を●●さんご自身も、
日常生活の中で耳にする機会があるかと思いますが
あの

・五臓

というのも、体の中の生理機能や働きを
5つに分類して考えてみた、と言うのがベースになっています。

 

東洋医学は基本的に、

「あらゆるものを5つに分類して考えるのが好き」

そんな風に現時点では
大まかに理解しておいてください。

 

話を季節に戻します。

・春
・夏
・長夏
・秋
・冬

こうした季節にはそれぞれの特徴があります。

 

例えば分かりやすい例でいくと

「冬は寒い」

とか

「春は暖かい」

「夏は急激に気温があがる」

などです。

 

そして、このような季節による環境の変化が「身体に与える影響」というのを
東洋医学では重視します。

 

これは、私たち人間や犬などの生物は自然の一部であるから
自然に変動に合わせて影響を受けて変化する、と
東洋医学では考えているからです。

 

これを東洋医学では

「天人合一(てんじんごういつ)」

と言ったりしています。

 

では、こうした考え方に基づいて
これからの暑い季節をどう考えるか?ですが、

●夏(5~7月)…気温の急激な上昇、うだるような暑さ

●長夏(7月)…夏の中でも特に湿度が高くじめじめした季節

と言う風に、東洋医学では体に影響を与える気候の要因を分類しています。

 

こうした要因が
体の様々なところに影響を与え
体調不良や食欲不振の原因になる、と言う考え方ですね。

 

では、こうした要因が
体に具体的にどのような影響を与えてどんな症状を引き起こすと
東洋医学では考えているのか?

 

次号以降ではこの内容をさらに深く掘り下げていきますので
楽しみにしていてください。

 

これが理解できると
どのような対策を講じればいいのか?がはっきりしてきます。

 

今日は、東洋医学に触れるのが初めて!と言う方には
少々難しく感じられる内容も含みますが
少しずつ言葉に慣れていけば、考え方自体はシンプルですので

「自分でも理解出来るだろうか…」

と、少し不安に感じている方も
どうぞ安心してくださいね。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。