犬の手作り食:バリエーションの増やし方(2)使える食材を増やせ!


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日から予告通り

 

「犬の食事のバリエーションを増やしたい方(手作り食の場合)」

 

向けにメルマガを書いて行こうと思います。

 

 

—————————————————–

●基本その1:犬に食べさせない方が良い食材リストとその理由を知る

—————————————————–

 

これは

 

「犬に自宅でご飯を作るという方法:手作り食」

 

のペットオーナーには必須の知識です。

 

世間一般の傾向として、

 

「犬に食べさせてはいけないものリスト」

 

は知ってるけど、その理由までは知らない、というケースがほとんどです。

 

例えば、

 

「犬にチョコはダメだって聞きました。でもココアはどうですか?」

 

という質問は、「チョコレートのどういう成分が犬にダメか?」を知れば答えは出せます。

 

チョコレートに含まれる成分で、犬の健康に影響するのは「テオブロミン」という物質です。

 

で、これは調べると「カカオ」に入っているということが誰でも検索できます。

 

このメールをお読みの読者の皆さんであれば、ネットに接続している状態でこのメルマガを購読されているはずなので、スマホでもPCでも「検索」ができるはず。

 

だったらブラウザを立ち上げて「テオブロミン」と検索してみればいい。

 

そうすると、この物質はカカオに含まれるので、同じくカカオを原材料とするココアも、こりゃ犬にはダメだな、というのがわかります。

 

ついでに調べると、あ、お茶にも入ってる、コーラにも入っているのか…といろいろ副次的な情報も出てきます。

 

ここまでくると、それじゃあ犬がお茶を誤飲しないよう気をつけようとか、子供が間違って犬にコーラ飲ませないよう注意しなきゃ、とか守備範囲が広がります。

 

さらに突っ込んで調べると

 

「そもそも何故、テオブロミンは犬に良くないのか?」

 

も、わかります。

 

「人と違って、犬は体内でテオブロミンを代謝する速度が遅いので中毒を起こしやすい」

 

という基礎的な情報であればwikipediaにも書いてあります。

 

wikipediaが全て、100%正しいとは保障されませんが、ざっと疑問に思っていることのアウトラインくらいはたどれます。

 

善意で運営されているネット上の百科事典のような存在ですから

 

「ざっとした概要」

 

を調べるには十分。

 

そこから本を読んで勉強してみるなり、もっと別の専門的なWEBサイトで情報を集めてみるなりすればいいのです。

 

もっと深ぼりして調べたい場合はFDAのWEBサイトがおすすめです。

 

 

●U.S.FOOD & DRUG ADMINISTRATION
https://www.fda.gov/

 

FDAというのはこのメルマガでも過去、何回かご紹介していますがアメリカ食品医薬品局というアメリカの政府機関のことです。

 

食料品や医薬品について、一般の人たちにもわかりやすい情報を配信しています。

 

この管轄内に、動物の食品や動物医薬品も含まれており、ペットフードのリコール情報などもいち早く参照できます。

 

英語のサイトだからとビビることはありません。

 

ブラウザの翻訳機能を使えばいいのです!

 

多少たどたどしい日本語に翻訳されるかもしれませんが、基本的な意味を理解するにはそれで十分。

 

例えばこの記事では、

 

“Chocolate is toxic to dogs and it can kill them!”

(チョコレートは犬にとって有毒であり、犬を死に至らしめる場合もある!)

 

とはっきり言い切っていますし、体重あたり、どのくらいの量を食べると危険なの?ということも具体的な数字で書かれています。

●Leave Chocolate Out of Rover’s Celebrations
https://www.fda.gov/AnimalVeterinary/ResourcesforYou/AnimalHealthLiteracy/ucm382948.htm

 

犬の食事を考える上で、こういう地道な積み上げて「コツコツ調べる」というのが大事です。

 

FDAの情報は、ネットにアクセスする環境さえあれば、誰でも無料で見ることができます。

 

まずはこうした、信頼の置ける情報源にアクセスして

 

「犬に食べさせてはいけない食物とその理由」

 

についての情報を調べてみる。

 

チョコレートとココアの例から分かるように、

 

「チョコが悪い」

 

というよりは

 

「テオブロミンを含有する食品全体が、犬には避けるべき食品のグループ」

 

という風に、理由とセットで理解できると良いです。

 

そうやって、何が犬にいけないのか?を情報として積み上げていく。

 

そうすることで、逆に

 

「だったらこの食品は、犬にとって明らかに有害となる物質を含んでいないから、常識的な量で食べさせても良い」

 

が見えてきます。

 

私は過去、犬の手作り食や栄養学を教える講師になる勉強をした際、この訓練はかなりみっちりやりました。

 

結果、ああこれが犬にダメな成分のグループ、それを含む食品のグループ、という判別が容易になりましたし

 

「これって食べさせていいのかな?だめ?いい?どっち???」

 

という不安感もほぼなくなりました。

 

これは疑問に思う食品や成分について、どこで調べればいいか?が分かっているからです。

 

(後は、そこまで悩むくらいならその食材は選択しない!という選択ができるようになったのも大きいです。

 

現代の日本では、食材の選択肢は広いので、一つのものにこだわりすぎなくてもOKという割り切りも大事)

 

おかげで犬の食事作りでも、素材の選び方の自由度が飛躍的に上がりました。

 

どうでしょうか?

 

「犬にだめと言われる食品は、その理由も含めて理解することが大事」

 

というのはここまで読んでいただいた方であれば、ご理解いただけたのではないでしょうか?

 

 

では、そろそろ今回の記事をまとめます:

 

———————————————–

●犬の手作り食のバリエーションを増やすには?

→ 「使える食材の種類を増やすこと」

 

●そのために何をすればいいの?

→ 「犬に食べさせない方が良い食材リストをまずな入手!」

  「リストを入手したら、その食べ物がダメな理由も併せて知ろう」

———————————————–

 

食事のバリエーションを増やす手っ取り早い方法は、

 

「使える食材の種類を増やすこと」

 

です。

 

だったら現在の頭の中の「犬のご飯に使用可能な食材リスト」を新しい情報をもとに常にアップデートすることです。

 

調べるのに必要なのは、ちょっとの手間とわずかな時間だけです。

 

それによって安全な食材とそうでないものをしっかり見分けられるようになる。

 

犬の食に関する情報は随時アップデートされますし、中には以前、良いと言われていたことが
今ではあまり推奨されなかったり、逆にやめた方がよいに変わっているケースもあります。

 

大事な犬の健康のことです。

 

いつまでも古い知識のままでいいのですか?ということです。

 

面倒くさいと思うかもしれませんが、まずは可能な範囲で、自分で調べてみましょう。

 

最終的に、この積み重ねが飼い主さん自身の安心につながります。

 

楽しく犬の手作り食を続けることにもつながりますので、まずは気になることは、調べて見ることです。

こちらもおすすめ:

●FDA:動物の健康リテラシー
https://www.fda.gov/AnimalVeterinary/ResourcesforYou/AnimalHealthLiteracy/default.htm#pets

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬の手作り食:バリエーションの増やし方(1)


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、先日メルマガで「犬の食事にも旬の食材を」ということを書き、私が住む北海道では今、鰊(にしん)や鱈(たら)が旬ですよ!とお伝えしたところ

 

「北海道は新鮮な魚が手に入って羨ましい!」

 

というリプライを色々いただきました。

 

というわけで、今回は

 

「犬の手作り食にどういう風に旬の味を取り入れたらいいの?」

 

という話をします。

 

まずは、先日我が家で「春にしん」を犬たちの食事に使った時に動画を公開しているので、お見せしますね。

【ぐりニコ犬ご飯2019】vol.001春ニシンのっけ飯

 

調理法はシンプルです。

 

にしんを焼いてほぐし、骨を取ってご飯に乗っけただけ。

 

添え物の野菜は、冷蔵庫にあったものであり合せです。

 

こんな風に「ありわせでOK」と書くと、そんないい加減な!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、以下の基本事項を押さえた上で、我が家ではありあわせをやっています:

 

——————————————————–

・犬に食べさせても良い食材、避けるべき食材をあらかじめ知っておく

・加熱すべき食材、生でもいける食材の区別を知る

——————————————————–

 

要は、犬の食事を自宅で手作りする上で、犬に合わせた調理法とか、適切な食材の知識はきちんと押さえた上でやることが大切ですよ、と言うことですね。

 

そう言う「基礎」を押さえた上で、スーパーで旬の食材を眺めると…そこは犬の手作りご飯の材料の宝庫になります。

 

基礎知識がないと、

 

「この食材って使って大丈夫かな」

 

「この魚って、犬に与えても問題ないだろうか??」

 

と言う風に迷ってしまい、結局いつもの鶏肉か…と犬の食事もワンパターンになってしまいがちです。

 

手作り食は、誰でも気軽に始められる楽しいものです。

 

一方で、基礎をある程度勉強しないまま続けていると、今まで使ってきた食材以外、ちょっと怖くて使えないとか、調理法にもバリエーションが出ないとか、そう言う悩みを抱えがちですね。

 

今このメールをお読みの読者の皆さんの中にも、そういった悩みを抱えた方って、意外と多いのではないか?と思いますがあなたご自身はいかがでしょうか?

 

「そうそう、犬のご飯にあれを使っていいとか、あれはダメとか、人によって言うことが違うので、新しい食材とか調理法とか、いまひとつ試す勇気が出ないのよね!」

 

もし、そのように少しでもお考えの方が多い場合は、どうやったらその

 

「犬の食事のマンネリから脱したいけど、新しい食材とか、もし犬にダメージがあったら嫌なので、怖くてできない…」

 

を克服して、もっと犬の手作り食を楽しめるようになるのか?の根本原因を3つほど、このメルマガでお話ししようと思います。

 

なので、

 

「もっと犬の食事メニューのバリエーションを増やしたいし、新しい食材にも自信を持ってチャレンジしてみたい!」

 

とお考えの場合は、お手数ですが下記ののURLを本日中にクリックして意思表示をお願いします。

●犬の食事メニューのバリエーションを増やしたい場合はクリック!
https://www.instagram.com/p/BtnY4jEFHWu/

*リンク先はofficeguriのinstagramです。クリック数を計測するアンケートです。

 

クリック数が一定数を超えるようであれば、犬の食事づくりに関心がある方が多いとみなし、メルマガで引き続き、犬の食事をテーマにお話ししていこうと思います。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

 

(終)

 

■追伸1:

我が家の黒ラブ:もう時期14歳が尻の穴が緩み、最近ぽろりぽろりとうんこを漏らす、と言うことを Twitterでつぶやいたところ

 

「我が家も!!」

 

と言うリプライをいただきました。

●我が家の黒ラブ、今年14歳を迎えるが尻の穴が緩くなったのか、ぽろりぽろりとうんこを漏らす。
https://twitter.com/officeguri/status/1094767354305667072

 

本格的に犬の老齢期に入ってきたな、と言う感じですね。

 

ソファにはジャンプしてぼん!と飛び乗るし、食欲も旺盛で基本元気ですが歳は歳。

 

ゆるく付き合っていきたいですね。

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬の食事にも旬の魚を。


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日は犬の手作り食に

 

「旬の食材を美味しく使おう!」

 

と言う話をしようと思ってメールを書いています。

 

私はNHKの「きょうの料理」が好きで、時々テキストも買っていますし「きょうの料理WEB」のユーザー登録もしてます。

●みんなのきょうの料理
https://www.kyounoryouri.jp/

 

きょうの料理のインスタまでフォローしている。

●みんなのきょうの料理:Instagram
https://www.instagram.com/minnano_kyounoryouri/

 

実際、首都園で製作されているこれらの料理コンテンツの旬と私が住む北海道の旬は全く違う!と言うことがよくあります。

 

「その食材はこっちにはない!」

 

とか

 

「冬にその野菜は無理だ!」

 

とか、まあ色々。

 

要は、圧倒的に人口が多い首都圏を中心とした文化や食材調達の背景と、私のように地方エリアに住む人の
文化や調達可能な時期の食材は違うんだな、と言うことです。

 

それに気がついたのは結構大人になってからで、ああ、だったらこう言う情報はそのまま利用するのではなく、参考とか異文化として捉え、

 

(大げさですが、でも私にとってはやはり異なる文化です。だから面白いし、学ぶ部分も多い)

 

実生活へ応用するなら、やはりアレンジが必要だな、と素直に感じる次第です。

 

で、何が言いたいか?と言うと、これから季節にオススメの旬の魚の話をするんですが北海道ローカルに照準を合わせて書くので、そこのところを差し引いて読んでくださいね、と言うことです。

 

みなさんがお住まいに地域には、それぞれ別の旬の魚があると思いますし、海に面したエリアに住んでいない!と言う方は、また入手可能な魚の種類が違ったりすると思います。

 

 

でも、それはそれ。

 

みんな、今いる場所で手軽に入手可能な魚で犬のご飯をアレンジしよう!エンジョイ!と言うことで、今日書くのは2種類の魚です。

 

—————–

●鰊(ニシン)

●真鱈(マダラ)

—————–

 

北海道はスーパーに「春鰊(はるにしん)」が並ぶ季節となりました。

 

別名:春告魚(はるつげうお)

 

北海道近海で陸揚げされる、旬の味覚です。

 

鰊はさっと塩をして焼いても美味しい、お刺身でも美味しい。

 

今朝は新聞の折込チラシに、地元のレストランチェーンが

 

「春にしん特集!」

 

をカラーで、これでもか!!と、ぶっ込んできたのでそれがあまりに美味しそうで、今めちゃくちゃ影響を受けています。

 

(春にしんの握り盛り合わせとか載ってるんですが、ものすごく美味しそうです)

 

地理的に、近海で水揚げされた鰊が新鮮な状態で普通にスーパーに並ぶため、我が家では犬たちもこの季節は鰊を食べますね。

 

シンプルに焼いて、身をほぐしてご飯の上に乗せても喜んではぐはぐ言いながら食べますし、ちょっと贅沢したいときは、子持ちのメスをそのまま焼いて、魚卵と一緒に食べさせます。

 

まあいわゆるカズノコですよね。

 

これを鰊の腹ごと焼いて、ほぐして食べさせるのも良い。

 

犬にカズノコなんて贅沢な…と言われるかもしれませんが、今の季節、子持ち鰊はスーパーに並ぶごく普通の食材です。

 

あのぱんぱんにお腹の膨らんだ鰊を見ると、心底美味しそうだな、と思いますし

 

(鰊には悪いですが…自分がまあ食物連鎖の比較的上位にいることに感謝しつつ、私は食べるよ)

 

旬のものを手軽に犬の食事にも、と言う風になるのは我が家では自然の流れとも言えましょう。

 

と言うわけで、鰊を見るとさっと焼いて食べたくなります。犬にも美味しいところを食べさせてやりたくなる。

 

 

そして、そろそろ時期も終わりかな?と言うのが「真鱈(マダラ)」ですね。

 

真鱈は旨味が強い魚です。

 

これもジャガイモと一緒にさっと煮ただけで、イモにタラの旨味がしみじみ染み込んで美味しい。

 

普通の鍋でもできますが、圧力鍋だと加圧時間はたったの4分です。

 

普通の鍋だと25分くらいかかるので、個人的には忙しい方には「圧力鍋」を勧めたい。

●フィスラー ビタクイック プラス 圧力鍋 4.5L

 

犬用はシンプルに、ジャガイモと鱈と水だけで煮込めばいいですし、人間用には白ワインと塩を少々プラス、にんにくを加えても良いですね。

 

こんな感じで、我が家では旬の魚も犬の食事に結構登場しています。

 

何と言っても旬の魚は美味しいし、値段も手頃ですからね。

 

と言うわけで、このメルマガの配信をセットしたら、スーパーに美味しい魚を買いに出かけてきます。

 

今日はどんな魚があるのかな。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。