自分で決める、考えることで犬の健康や食事の不安を無くす~情報との付き合い方(3)


おはようございます。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、今日も前回に引き続き、

●情報との付き合い方

●情報の扱い方

をテーマにお送りしてきます。

 

前回の記事はこちら:
●犬の健康の不安材料ばかり集めていませんか?~情報との付き合い方(2)
http://www.officeguri.com/archives/5091

 

今日はこのテーマの最終回になります。

 

これまで、

●情報を自分である程度、取捨選択することが大切

●恐れ、不安といった感情を抱えたまま調べ物をすると
 そういった感情に合致する情報ばかり目についてしまうという
 私たちの脳の特性を知っておくのも大事

という話をしてきました。

 

ではどうしたらいいか?

 

まずは、様々な情報について「判断材料」となる
基礎的な知識を「普段」から学んでおくことです。

例えば、食べさせてはいけない食べ物の情報であれば
その理由や、食べてしまった場合、どういうことが具体的に起こりそうか?
といったことですね。

これは、実際に誤食事故が起こってしまってからだと
飼い主さんも焦ったり、パニックになってしまいがちなので

「普段から」=「冷静な状態の時に」

こつこつ情報を集めておくこと、がポイントです。

 

 

もうひとつ大切なポイントは

●誰誰さんがこう言っていたから、という
 「他人」を判断基準にしない

です。

 

実際に私のところに寄せられる相談や
メルマガで取り上げてほしいテーマのリクエストの多くが

「○○というBLOGで犬にこういう食べ物が危険と書かれていたが本当か?」

「友人に、××と言う食べ物を犬にあげてはいけないと聞いたけど
これって事実ですか?」

というものです。

 

 

私はこれが、対面式のセミナーだと

「ではその○○というBLOGでは、何故その食べ物が危険だと書かれていましたか?」

「そのお友達は、どういう理由でその食べ物が犬に良くないと言っていましたか?」

という「理由」を逆に質問することにしています。

 

「誰誰がいっていたから」というだけでは
判断材料にならないからです。

 

その人がどういう理由で、その食べ物をだめ、と言っていて
その理由に科学的な根拠があるか、
さらに言うと、その食べ物を実際に食べることで
中毒症状が起こるか、起こるとしたら日常の食事で起こり得るレベルなのか?など
突っ込んで考える必要があります。

 

誰かがBLOGで書いていたから、
友人がこう言っていたから…。

 

 

それだけの理由で、
それが「事実である」と思いこんでしまうのは危険です。

 

この人は何故、この食べ物を危険だと言っているのかな?
ちょっと理由を調べてみよう。

 

こういう「情報と自分の間に、ワンクッションおく」姿勢があると
犬の食事や健康情報について
悩む時間はかなり減らせます。

 

これが「情報をうのみにしない」ということになります。

 

そして、自分でこうした情報と向き合う際に
助けとなってくれるのが

●犬の食事に関する基礎知識

●ちょっとした栄養学の知識

●犬の体の仕組みについての基礎知識

などです。

 

書籍などからも多くを学べますし
セミナー等を利用して、専門家に教えてもらうのもいいでしょう。

 

ぜひ、普段からこつこつと「考える際の基礎力になる基礎知識」を
学んでみてください。

 

気が付くと、「貯金」のように基礎知識が溜まっていて
いろいろな問題に対し、冷静に対応できるようになっていた、と言う風に
飼い主さん自身が気がついて、
自信が持てる瞬間が必ず来ます。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!