犬ご飯、何だか行き詰っちゃって!!と言う方へ。


○○さん、こんばんは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

本日は雪のちらつく中、田舎のスタバより。

 

【業務連絡】1月27日(日)犬のための東洋医学基礎講座 in 東京

 

本日会場が確定しました。
当初予定していた会場から変更となり、
JR代々木駅 西口下車 徒歩30秒というアクセスの良い会場を押さえました。

 

前回札幌で開講した際は「薬膳」のパートが非常に好評でした。
今回は「薬膳」に加えて「経絡ツボマッサージ」のパートも充実させる予定です。

 

個人的には数年前、マッサージについて学び始めた頃は
自分自身がまったくコリや疲れを感じない体質でしたので
深く学ぶにはいたらなかったのですが・・・。

 

さすがに30代も後半になると、マッサージやお灸が

「おおおお、これは効くーーーー」

と実感する場面多し。

 

さらに言うと、私が年齢を重ねている間に犬も当然ながら年を取っているわけでして・・・。

 

しかも犬の時間は人間の年齢時間よりはるかに速いです。

 

当時やんちゃものの若い犬だった我が家の黒ラブ:ぐりさんも
今は一般でいうところのシニア期に差し掛かり
まだまだ元気いっぱいですが、まったりした感じの落ち着きも出てきています。

 

そういうのを見ていると、
ああ、お互い元気なうちに、体メンテナンスしておこうねーと
不思議な連帯感も生まれてきます。

 

ちょっと白くなった顎の下をなでながら
副交感神経を優位にさせてリラックスを促すツボ、
元気を出すつぼなども一緒にマッサージする今日この頃です。

 

シニア期はいつか誰もが通る道。

 

あらかじめ「こういうケアがある」と知っておくこと、
それを学んで「準備をしておくこと」はかなり有効だと思う次第です。

 

このあたりも色々と、「マッサージ」という視点でお話しできれば、と
思っております。

 

「東洋医学セミナー楽しみにしています♪」

 

というメールも頂戴しており、楽しみにしてくださっている方、
本当にありがとうございます。

 

近日募集開始いたしますので
どうぞ楽しみにお待ちくださいね。

 

 

さて、ここからは頂いたメールのご紹介です。

 

「犬との生活を楽しむ」

 

という視点から見て、非常に多くの飼い主さんに参考になる内容ですので
お送りいただいた方の許可を頂いて
このメールマガジン上でご紹介させていただきます。

↓    ↓

———————————————————————

諸橋さん  こんにちは

いつも感心したり、うなずいたりしながら メルマガを拝見しております。

 

先日送っていただいた呼吸器に良いアロマ精油をデュフォーザーに入れて使ってます。
とてもいい香りで心身ともにリラックスできます。

 

実はわたし、高校3年の子供の部活が1年間息つく暇もないくらい忙しくて、
先日やっと1年ぶりに落ち着きを取り戻し、ホッとした途端・・・
なななんと 帯状疱疹になってしまって!

 

最初筋肉痛ぽっくて、湿疹が出だすと ありえないくらい痒くなり でも掻けず
拷問のような日々が過ぎ 湿疹が枯れてカサブタになって治ってくると
今度は劇痛に襲われて ちょっと動くだけでも泣きたくなるほど痛くて。

 

でも病院には行かず、近所の東洋医学系の診療所へ地道に通い
そして春に取ったアロマ検定1級のテキストを見返して、
ブレンドして塗りぬりして 時に任せて頑張ってます。

 

神経ブロック、痛み止め、ホルモン剤で蓋をすれば今は楽だけど、
副作用で痛みが残るとか。

 

今まで無理させた体の悲鳴だと思い、毎日体を撫でなでして「頑張ってくれてありがとう」
って感謝して 思い切って家事はサボりのんびりすごしました。

 

で・・・そろそろ3週間になりだいぶ良くなりました。

 

痛くて手抜きのご飯をおいしそうに食べてくれたワンコたち
主人より子供たちより誰よりも私を癒してくれました。
黙って背中をくっ付けて寝てくれたり、腕の中で寝てくれて
ほんと 副作用なしの私の最高のお薬でした。

 

さ~~てと
早く元気になっておいしいご飯作っちゃうど! ワンコのために

 

これからも色んなメルマガ楽しみにしてますので
よろしくお願いいたします。

 

———————————————————————

 

M.Uさんより頂きました。
メール、ありがとうございます。

 

最近は東洋医学を取り入れるクリニックや診療所も増えてきましたね。
獣医師でも鍼灸治療や薬膳による体質改善指導をしてくれる先生が
増えてきているみたいです(まだ少数ではありますが)。

 

呼吸器ケアのアロマもご利用いただきありがとうございます。
完全に余談ですが、あの香りは男性にもかなり人気があります。

 

「アロマなんてまったく興味が無かった夫が、あのいい匂いするやつ
今日は無いの?と言うようになりました」

 

と言うメール、結構頂いています。

 

我が家は先日、リビング用にこのディフューザーを購入しまして。

↓   ↓

 

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&311m1

 

ミストの出方が結構派手です。
リビング全体を空気清浄も兼ねて毎日活用しています。

 

呼吸器ケアブレンドに含まれる精油は

 

●ユーカリ・ラディアータ
●ニアウリ・シネオール
●ラベンダー

 

ですが、「ユーカリ・ラディアータ」抗菌・去痰作用に加えて
神経の興奮を抑えて気持ちを落ち着ける作用がありますし
「ラベンダー」も同様です。

 

精油に含まれる成分は非常に多く、その分作用の種類も多岐にわたります。

 

殺菌や去痰効果を狙って使っている精油が
同時にリラックスも促してくれる、というのはよくあることですね。

 

まさにこのメールを書いている今、
ディフューザーで

 

●ティーツリー
●ユーカリラディアータ
●ベルガモット

 

という組み合わせで精油を室内に拡散していますが
早速寝始めた犬が一匹。

↓    ↓

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&311m2

 

我が家のぐりは、マッサージオイルなど香りのあるものを直接塗られるのを
あまり好まない犬ですが、
ディフューザーなどで「ほんのり室内に香っている程度」であれば
そこそこ楽しんで、受け入れてくれている模様です。

 

また、どうしてもお母さんというのは
子供の生活を全力でサポートする存在ですから
なかなか休めない、というところが実際だと思います。

 

しかしながら…私もそうですが
体力には限界があるし、病気になるときにはなる(苦笑)

 

なのでそのあたりはがんばりすぎてぼろぼろになった過去の苦~い経験も踏まえ
頑張り過ぎて倒れる前に、セーブ、ということを最近ようやく
私自身も覚えました。

 

熱が出そうだな、と言う時は早めに薬を飲んで寝てしまう。
犬のごはんもささっと適当に作って済ませる。
家族のごはんも同様に「米だけ炊いてあるからあとよろしく!」で
済ませる(笑)

 

で、それで何とかなるんですよね。

 

完全に余談ですが、
真面目な方ほど「がんばりすぎる」という傾向があります。

 

これは過去に私のセミナーに参加された方の中にもいらっしゃいましたが
犬のごはんを非常に丁寧に作っている。

 

でもご本人はお仕事もお持ちで、実はとても忙しい方。

 

「私がしっかりこの子たちのごはんを作ってあげなきゃ、病気になっちゃう!」

 

という強迫観念がものすごく強い方だったんですね。

 

でも、セミナーに参加すると講師が

「え、我が家なんて忙しい時は納豆ごはんですよ」

と言っている。

 

 

他の受講者さんたちも「うちも忙しい時は手抜きだよ~。その辺にあるもので!」と
言っている。

 

そして自分の心の声を良く聞いてみると

 

「もう時間と手間ヒマかけて作るの、実は疲れたし嫌。
もっと楽に作りたい」

 

だったりする。

 

そこでちょっと方針を変えて、
あるものでざっくり作ったおじややチャーハンなどに変えたら
犬は却って大喜びでがつがつ食べるようになり
以前にまして食欲すら出ている気がする…。

 

そんなことが実はよくあります。

 

私が今回、M.Uさんのメールをご紹介させていただたのは

 

「休むべき時にちゃんと休んで、犬たちのごはんを少々手抜きしたって
犬たちは喜んで食べてくれるし、飼い主さんを心配して
黙って寄り添ってくれるような優しさも見せてくれるでしょう?

 

なので、頑張り過ぎている飼い主さんも自分の本音に耳を傾けてみると
案外『あ~あ、もうちょっと休みたいよ』だったりするので
そういう時は休みましょうよ」

 

ということを、ちょっと行き詰っている方にお伝えしたくて
取り上げさせていただいた次第です。

 

快く掲載を許可していただいたM.Uさん、
本当にありがとうございます。

 

今日はここまでです。

 

またメールさせていただきます。

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!