梅干しだけで腹いっぱいにするような高塩分な食事を食べ続けることができますか?~犬と塩分って実際のところどうなの?!~基本のおさらい(4)


Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日も「犬と塩分」の続きのお話です。

 

前回は、実際に犬の食事にどのくらい塩分が含まれていると
犬の身体に影響があるのか?について

 

「論文データ」

 

をベースにお話をさせていただきました。

 

【復習】

犬の食事と塩分血中濃度の変化を観察する実験:

【1】1.5%濃度の塩分を含むドライフードを食べさせました。
【2】2%…以下同
【3】3%…以下同

 

 

まず【3】の場合から。

 

 

海水並みの塩辛いフードなので
犬の方で実験の際に「吐いて」しまった。

 

→ 結論、ここまで塩辛いと犬の方で拒否。

 

 

【2】の場合。

 

2%の塩分を含むドライフードを食べることで
塩分血中濃度が明らかに上昇し
体内のミネラルバランスが崩れるという現象が起こった。

 

→ ということは、2%だと犬の健康には悪そう。

 

…。

 

 

それでは【1】の場合は?

 

 

ここからが今日の本題です。

 

 

ちなみに前回のメルマガでは、

 

●もしよければ「塩分濃度1.5%の料理ってどんなものがあるだろう?」を
○○さんご自身が調べて、考えてみてください。 

 

 

 

●また、実際問題として塩分濃度1.5%の味付けの食事を
犬に食べさせる機会が果たしてあるだろうか?という部分も
考えてみてくださいね。

 

 

というワークを出させていただきましたが
考えていただけましたか?

 

 

今日は「1.5%の塩分を含む食事が犬の健康に影響を与えるかどうか?」の
実験結果についてまずお話ししますね。

 

 

結論からいうと、1.5%の塩分濃度のドライフードを食べた犬の場合
特に問題無し、という結果がこの実験では出ました。

 

 

ただ…。

 

 

1.5%と言ってもかなり塩辛いはずです。

 

(一度1.5%濃度の食塩水を作って舐めてみるとわかります)

 

 

それでも、数回食べる程度では問題は起こらない。

 

 

もし問題が起こるとしたら1.5%の塩分濃度の食事を
数か月間食べ続けた場合…と考えられます。

 

 

ちなみに…料理でいうと、豚肉のしょうが焼き、里芋の煮物あたりが
塩分1.5%くらいの濃い味で作るご家庭が多いみたいですね。

 

想像してください。

 

○○さんは食事の際、

 

 

「豚肉のしょうが焼きだけをメインに、腹いっぱい食べる。

他のおかずも一緒に食べてお腹いっぱいにするところを
一切食べないで、胃の中は全部、
他のおかずの分まで豚の生姜焼きで満たす!!」

 

 

とか

 

 

「里芋の煮物ばっかりでお腹を満たして、あとの物は一切食べない」

 

 

というような偏食をされるでしょうか?

 

 

それを数カ月間続けろ!と言われたらどうでしょうか?

 

 

実験で使用したドライフードは
「フード全体が塩っ辛い」というところがポイントです。

 

 

つまり、食事全体の塩分濃度がかなり濃い目なんですね。

 

 

私たちは食事の際、豚肉のしょうが焼きのような味の濃いものもいただきますが
一緒に白いご飯、薄味のおひたしなども食べます。

 

 

さらに、お茶も飲み…と考えると、食事全体の塩分濃度で考えると
かなり薄まっているはずです。

 

 

しょっぱいイメージのある味噌汁でさえ、
0.8%~1.0%程度の塩分濃度です。

 

 

そして多くのケースで、犬の食事は味噌汁よりも
うんと薄い味に仕上げて食べさせている飼い主さんが多いのではないでしょうか?

 

 

 

そう考えていくと…飼い主さんが「犬に塩分は良くないと聞いたから…」と
余計な味付けを一切せず作る食事に含まれる微量の塩分程度では
大きな問題は起こりにくい、と言えます。

 

 

ちなみにこのデータは「健康な犬の場合」のデータです。

 

 

※病気の場合は、個々のケースで対応が必要ですので
かかりつけの信頼できる獣医さんにご相談ください。

時々病気の犬の場合の食事についてメールをいただきますが
病気の食餌療法は獣医師の領域ですので
ご了承ください。

 

 

 

「そうか…味噌汁より濃い目の味付けで犬にご飯をあげること自体
通常ありえないから
野菜や肉などを味付け無しで調理した犬の食事で
塩分を気にしすぎる心配はなさそうだな…」

 

 

そんな風に思っていただければ幸いです。

 

本日は以上です。

 

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


海水レベルの塩辛さの食事を犬に食べさせることってありますか?~犬と塩分って実際のところどうなの?!~基本のおさらい(3)


Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、「犬と塩分」をテーマに今日もお届けします。
前回のメルマガにはたくさんのメールをお寄せいただきました。

 

掲載許可をいただいたメールを一部ご紹介します。

———————————————————

諸橋さん、こんにちわ。
いつも色んな情報を頂いて、とっても勉強させて頂いています。

 

これからの季節は犬にとっても暑さ等々過酷な日々になってきますので、
より参考にさせて頂いて元気にワンコ共々乗り切りたいです。

 

うちのワンコは(手作り食なのですが)先日の健康診断では、
少し塩分不足と指摘されました。
基本的にごはんを作る時にはお塩を入れないで作っていたので
ある意味納得かも。と思いました。

 

それ以来は、人が食べるには
少し薄いと感じる位はお塩を入れて作るようにしています。
といっても具体的にはどう。というのは難しいですね。
諸橋さんの回答を楽しみにまっております。

(れーこさん)

 

———————————————————

 

先日の大阪セミナーでは御世話になりました。

 

とても解りやすく、とても為になる講義でした。
特に、五行にははまりそうな勢いです^^。
少しづつですが、自分でも勉強していくつもりです。

 

ワンコのご飯もレパートリーが増えて嬉しいです。
日々に追われ、マンネリ化しつつあったので良かったです。

 

塩分については、毎日のご飯が海水ほど塩分が高くなければと
おっしゃって頂いたので安心しました。
適度に控えめに味の変化も楽しませてあげるつもりです。

 

(にっしーさん)

 

———————————————————

 

私も犬に必要な塩分がどれくらいなのか知りたくて、
本や獣医さんで聞きましたが、はっきりした数字がわかりませんでした。

 

それで、たまに手作り食に味噌を一つまみ入れています。
是非、どれくらいなのか教えて下さい。

 

(レイニーママさん)

 

———————————————————

 

 

メールをくださった皆さんありがとうございます。

 

 

この他にも

「味付けをしない食材にも
 塩分が微量ながらも含まれていたなんて驚きだ!」

というメールもお寄せいただいております。

 

 

完全に余談ですが
以前キャンプで「犬用スモークサーモンを作ってあげよう」と思い
塩を一切振らない

 

「生鮭」

 

というのを購入したことがあります。

 

 

で、キャンプ場で「なんちゃってスモークサーモン」ですから
味を付けるわけではなく
ただひたすら桜のチップでもくもくといぶしてみたのですが…。

 

 

水分が飛んで、きれいな飴色になった鮭があまりに美味しそうだったので
ちょっと味見…と一口食べたのが運のつき。

 

 

塩を加えなくても、鮭にもともと含まれている塩気が
水分が飛んだおかげでしっかり凝縮されていて
何とも言えない旨みがあるではありませんか!

 

「美味しい美味しい」

 

と結局、人間たちが全部ビールのつまみとして
食べてしまった!という経験があります。

 

 

(ぐりさんに悪いことをした…代わりに肉を炭火で炙って食べさせましたが)

 

 

当時、私はまだ犬の食事についての勉強を始めて間もない頃でしたが

 

「塩を振っていない生鮭でも、結構塩っけがあっておいしいものだな~」

 

と感じたのを覚えています。

 

 

こうした経験があるので
肉や魚にももともと微量の塩分が含まれていることを
「実感」としてわかっていましたし
そのため、塩分についても自分が様々なデータや資料を見ながら
学びを深めて行く中で

 

「ああ、やっぱりそうか」

 

と納得することが非常に多かったです。

 

 

このように

 

 

「特に味付けをしない状態でも、
肉や魚を食べている限り、微量の塩分は犬も猫も摂取しているんだ」

 

ということは、おわかりいただけたと思います。

 

 

「でも、あげすぎはよくないんですよね?
じゃあ、どのくらいの塩分だと犬の身体に害になるんでしょうか?
私が知りたいのはそこなんです!」

 

 

はい、ここからはお金を払ってでも聞いて置いた方がいい!という内容で話しますので
必要に応じてプリントアウトして保存しておいてくださいね。

 

 

…。

 

 

世の中には「犬にどの程度の塩分を与えると身体に異常が起こるのだろう?」ということを
真面目に研究している人がいます。

 

 

信頼できるデータを取り、十分な検証を重ねて「論文」として発表するために
そういう研究をしているんですね。

 

そして私自身がスキルアップのために参加する研修セミナーでは
こうした「論文」をベースにして
「犬と塩分」の関係を学びます。

 

その研修セミナーでは、以下の事例が取り上げられていました。

 

犬の食事と塩分血中濃度の変化を観察する実験:

 

【1】1.5%濃度の塩分を含むドライフードを食べさせました。
【2】2%…以下同
【3】3%…以下同

 

まず【3】の場合から。

 

3%といえば、海水並みの塩辛さです。

 

 

そんな塩辛いドライフードなので、犬の方で実験の際に「吐いて」しまったそうです。

 

 

…。

 

では、【2】の場合はどうでしょう。

 

 

2%の塩分を含むドライフードを食べることで
塩分血中濃度が明らかに上昇し
体内のミネラルバランスが崩れるという現象が起こったそうです。

 

 

それでは【1】の場合は?

 

 

この続きは、次号で詳しくお話しさせていただきますが
もしよければ「塩分濃度1.5%の料理ってどんなものがあるだろう?」を
○○さんご自身が調べて、考えてみてください。

 

 

また、実際問題として塩分濃度1.5%の味付けの食事を
犬に食べさせる機会が果たしてあるだろうか?という部分も
考えてみてくださいね。

 

 

本日は以上です。

 

 

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。