犬の栄養学に興味のある方へ:アンケートの回答続々いただいています!


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

先日実施した「犬の栄養学アンケート」ですが、皆さん、早速わしわし!っとクリックいただきたくさん回答が集まってきています。

 

やっぱりメルマガに反応があるのは嬉しいですね。

 

クリックアンケートは

●2018年8月24日(金)23:59まで

受け付けします。

 

のでご参加がまだの場合はぜひ、下記の中から興味のあるものをクリックする、という形でご協力をいただければ幸いです。

「興味のあるものをクリック!」

 

【1】犬の食事の栄養バランスのとり方
https://www.instagram.com/p/Bmu8xLJngH6/?taken-by=officeguri

 

【2】老化を防ぐとされる「抗酸化作用」を持つ栄養素の働きについて
https://www.instagram.com/p/Bmu8d5xnuab/?taken-by=officeguri

 

【3】病気の予防になる可能性がある栄養素の情報
https://www.instagram.com/p/BmRv_N_nQ57/?taken-by=officeguri

 

【4】病気の予防になる可能性が高まる栄養の摂りかた
https://www.instagram.com/p/BmRv0uWn_zQ/?taken-by=officeguri

*リンク先はOffice GuriのInstagramです。

*クリック数をカウントするアンケートです。クリック以外のアクションは必要ありません。

 

複数回答可能ですが、各項目「1回のみクリック」でお願いします。

 

そして、もし可能であれば、上記の選択肢以外で興味のあるテーマ、普段、犬の健康と栄養の関係で疑問に思っていることがあれば下記のメールフォームよりお送りください。

●栄養に関する質問送信フォーム:

*個別の返信を差し上げることはしておりませんので、ご理解の上お送りください。

 

ちなみにこのご質問フォームより、以下の内容でご質問をいただきました。

—————————————

メルマガいつも楽しみにしています。

14歳になった愛犬の目の健康が気になっています。

特に近くが見えにくいように思います。

診察では、白内障の症状はまだ見受けられないということです。

ブルーベリーが目に良いというのは、今や誰でも知っていると思いますが、犬にはあまり効果がないという情報を目にしたことがあって、真実を知りたいなと思います。

(えむさん)

—————————————

 

えむさん、ありがとうございます!

 

とても興味深いご質問ですのでこれについては次号のメルマガで回答させていただきますね。

 

ちなみに、回答の号は結構きわどい内容も含む予定ですのでバックナンバーは公開しません。

 

リアルタイムでメルマガをご購読いただいている方のみがお読みいただける記事になります。

ぜひ楽しみにしていてくださいね!

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬の身体によい「脂肪酸」について知ろう!(2)


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

今日はあさイチで晩御飯のおかずの買い物を済ませてきました!

 

朝のうちにもう晩のおかずが決まっていると気が楽でいいですね。

 

今日はカツオのたたきが安かったので、たくさん買ってきました。

 

カツオには不飽和脂肪酸である

 

●EPA

 

●DHA

 

が、豊富です。

 

犬たちの分もまとめて買ってきたので、今夜は犬たちも晩御飯にはカツオのたたきですね。

 

さて、ここからが今日の本題です。

 

前回、前々回のメールで

 

「栄養素の機能を知って、使いこなすことで犬の健康維持につなげよう!」

 

という話をしました。

 

 

●犬の手作り食に「栄養の機能」を積極的に活用しよう!
https://www.officeguri.com/archives/7214

 

●犬の身体によい「脂肪酸」について知ろう!(1)
https://www.officeguri.com/archives/7210

 

じゃあ具体的に「栄養の機能」を活用するってどういうこと???と感じる方も多いと思うので、今日は具体例を挙げて、話していきますね。

 

———————————————–

●摂るべき油を知って、バランスよく摂取しよう!

———————————————–

 

前回も少し話しましたが、少し前まで「油」は嫌われものでした。

 

確かにダイエットでは、カロリーの高い「油」は真っ先にカットされますし、一時期「ノンオイル」がものすごいブームになったりもしましたね。

 

(それが今は「糖質」に置き換わり、「糖質OFF」の製品が流行しています。トレンドは繰り返しますね…)

 

でも、油は

 

・エネルギー源になる

 

・細胞膜を構成する

 

・体温の維持

 

・外部の衝撃から体を守る

 

という風に、体にとって大切なものです。

 

大事なのは

 

「どのような脂肪酸を、どういう食品から摂るか?」

 

です。

 

例えば、

 

●EPA

 

●DHA

 

という脂肪酸があります。

 

EPAは「血液の循環を整える」のに役立つ脂肪酸です。

 

具体的には「血栓」をできにくくする作用を持っています。

 

炎症やアレルギー反応を抑える効果もあるので、炎症による体調不良を抑制する効果も期待できます。

 

DHAは動脈硬化や脂質異常の改善・予防に効果が期待される成分で、認知症の予防目的でも注目されています。

 

DHA、EPAは共に、魚類に多く含まれています。

 

「よーし!それじゃあ魚を食べればいいんですね!今夜は犬のご飯、焼き魚にします!」

 

はい、そういう取り入れ方でももちろんOKです。

 

が、しかし。

 

EPA、DHAは調理の仕方によってはかなりの量が失われるので要注意です。

 

サンマに含まれるEPA、DHAが調理方法の違いでどのくらい失われる量に差が出るか?を、実験したデータがあります。

 

それによると、

 

フライ、グリル、フライパンの3種類の調理法で、

 

EPA保持率:43、77、91%

DHA保持率:48、 75、 99%

 

というデータがあります。

 

●出典:サンマのEPA・DHA保持率に及ぼす加熱調理の影響
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ajscs/27/0/27_29/_article/-char/ja/

 

このデータによると、グリル調理では魚の脂がかなり飛び散って失われたためにEPA、DHAが減ってしまった、と考察されています。

 

 

家庭でも魚焼き器で魚を焼くと、大量の脂が下の受け皿にジュージューと滴り落ちますがあの中に大事なDHAやEPAが含まれていると考えると、ちょっともったいないのですね。

 

 

…という予備知識があると、

 

「そうか…じゃあお刺身で食べさせようかな!」

 

という風に、より効率的な選択ができるようにもなります。

 

というわけで、我が家は今夜、犬たちもカツオのタタキをたべますよ、という冒頭の話に戻る次第です。

 

もちろん、我が家では犬たちが焼き魚を食べることもありますし、調理法も色々。

 

 

栄養摂取効率だけを考えてしまうと、食の楽しみが狭まってしまうのでそこは臨機応変に対応していますが

 

「今日はカツオのタタキが安かったから、犬たちもタタキ!
タタキであれば、ほぼ生に近いので、大事な魚の脂に含まれる脂肪酸も丸ごと摂取できて効率的( ´∀`)!」

 

 

と、半分自己満足も入りつつ、美味しく嬉しく食事をいただけます。

 

 

栄養素の機能や特徴を知ると、もちろん健康にも良いですし何より、色々楽しく考えて、食事を組み立てる楽しみがあります。

 

このような

 

「体に良い上に楽しい!」

 

という

 

「一歩先行く犬のための栄養学」

 

については、現在講座にまとめている最中です。

 

早ければ今月末くらい…(8月にずれ込む可能性も大ですが)にはご案内できるよう、作業を進めていますので必要を感じる方は、ぜひ楽しみにしていてくださいね。

 

 

次号からは「免疫」をテーマにお話ししていきます!

 

●推薦図書:漫画で楽しく読める「栄養学」の書籍です!ぜひ書店でチェックしてみてください!

●マンガでわかる 栄養学 / 足立 香代子

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。