手づくり食の栄養バランスの悩み「完璧に作らないとダメ」と思い込んでいる方へ


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

さて、今日は

手作り食を実践中だけれど、自己流の手作り食で
 果たしてちゃんと栄養バランスが取れているか自信がない

という飼い主さん。

または

手作り食にチャレンジしてみたいんだけど、犬の食事を自宅で作るなんて
 栄養計算もできない素人には難しいのではないか…?

と躊躇してしまっている、手づくり食予備軍の飼い主さんに向けて書きますね。

 

—————————————————————

●完璧な食事を目指しすぎていませんか?

—————————————————————

真面目な飼い主さんであればあるほど、
実はこのループに陥りやすいのですが…。

 

「犬の食事を手作りするということは、犬の健康に対して
 自分が100%責任を持つということ!

 

 だから栄養バランスは”毎食”完璧じゃなくていはいけないし
 食事のバランスが”完璧”じゃないと、犬が病気になってしまうかも!!」

 

自己流の手作り食で、栄養バランスがちゃんと取れているか心配、という方は
こういう方向性で、犬の食事を考えていないでしょうか?

 

少しだけでいいので、時間を取ってご自身が当てはまるかどうか?を考えてみてください。

 

確かに食事は体を作る基本ですし、
大事なものです。

 

でも、健康って、
実際には「食事だけ」で成り立っているわけでもないんですよね。

 

これは、食事というものを突き詰めて「栄養」という視点に分解して学んで行くとよくわかります。

 

栄養の微量の過不足だけが原因で、今の日本に暮らしている限り、
それが病気の原因になったりしません。

 

(食料が足りなく、生死にかかわるレベルの飢餓状態に陥るなら話は別ですが
食料事情に恵まれた日本では、こういう状態は特殊な状態を除いて考えにくいです)

 

逆に、食事「だけ」で病気が劇的に回復する、というのも
可能性はゼロとは言いませんが、そこまでの影響力は、正直なところ、食事にはないでしょう。

 

言い換えると、食事の影響力には良くも悪くも「限界がある」ということです。

 

この「食事の影響力には限界がある」という客観的な見方ができると、
食事に対して少し、肩の力を「ほっ」と抜くことができないでしょうか?

 

もちろん食事は健康を考える上で大切です。

 

でも健康をすべて「食事」が担っているわけでもありません。

 

重要ですが、その影響力には限りがある、ということです。

 

ここまではOKでしょうか?

 

毎食毎食、完璧な栄誉バランスの食事でなくても
生き物は基本的に生きていけます。

 

昨日野菜が不足していたな、と感じたら、今日の食事にお浸しやサラダを
プラス1品、という風に、日常生活で工夫している方は多いと思います。

 

それでいて、健康上の問題がすぐに起きる、ということも基本在りません。

 

1日野菜不足な食事をしたからと言って、即倒れたり、生活習慣病を発症したりしません。

 

専門家によっては

 

「1週間くらいの長いスパンで考えて、その中で必要な栄養が十分取れていれば
 問題が無いですよ」

 

という人もいます。

 

私も基本的に、同じ考えです。

 

犬の手作り食も

 

「最近は肉類が続いたから、今日は魚にしてみようかな」

「野菜が最近少なかったから、今日は旬の青菜をちょっと多めに入れてみよう」

 

という感じで、だいたいでOKです。

 

手づくり食の量などは、本屋さんに行けば犬のレシピ本がたくさんあるので
そのうち、自分が作りやすいと感じる本を1冊選んで買ってみて
その通りに作ってみれば十分できます。

 

多くの方は「ペットフード」が完全栄養食品なので
あのバランスを手作り食で再現しないとだめ…と誤解しがちです。

 

だから「完璧なバランス」をつい求めてしまいます。

 

「ペットフード」は「もうそれしか食べない」という前提でデザインされた食品なので
日々、色々な食材を使って作った食事を口にする「手作り食」とはそもそも

 

●食品としての前提

 

が違います。

 

そこをごっちゃにすると、手作り食に

毎食完璧な栄養バランス

を求めてしまいますし、そもそもそういう食事を作るには細かな栄養計算も要る、
それは大変、素人には無理…となってしまいます。

 

でも実際には、私たちが日々、色々なものを食べて元気に過ごしているように
犬の手づくり食も、

 

偏りがなく、色々な物を口にすることで
 結果として栄養の偏りを回避している

 

というリスクヘッジになっています。

 

この部分を知らずに、手作り食を難しく考えている方もかなり多く
折角興味があるのに躊躇してしまう、というケースもあり
勿体ないですね。

 

そういう

「手作り食は難しい」

「完璧な栄養バランスでないとだめ」

「素人には無理」

という思い込みを無くしたい、という気持ちで
このメールを今日は書いている次第です。

●手作り食の入門書籍としてはこちらが分かりやすくておすすめです:
Dr.須崎の犬ごはんの悩み相談室

本日は以上です。

 

次号では、

栄養バランスについての不安が無くなると、犬の手作り食を作る上での
 自由度が増える!

という話をしていきますね。

楽しみにしていてください。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!