犬にとってベストな食事法をどう考える?


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

久しぶりの配信になりますが、
今回は、前回のメールで紹介したこの書籍についての反響が大きかったので
個人的な本の感想を書きますね。

●世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

犬も人も、健康を考える上で「食事」は大切です。

 

一方で、「食事」だけで健康をすべてコントロールできるか?と言われれば、当然そうではありません。

「食事は大事」

「でも、食事で出来ることには限界がある」

このような正しい認識を持った上で、犬の食事についても考える必要がある、と私自身は考えています。

 

この前提に立った上で、この書籍の感想を書きますね。

 

まず、この書籍に書かれていることはごく普通の、スタンダードな考え方が多いなあ、と感じました。

 

例えば、「β-カロテン」ですが、一般的には「体に良い物」と認識されています。

 

ところが「β-カロテンが発がんリスクを減らすかどうか?」を調べた大規模な調査で場合によっては「β-カロテン」は発がんリスクをあげる、ということが分かり世の中には結構な衝撃が走りました。

 

「場合によって」がミソで、これは摂取する人の生活環境や摂取量など色々な条件がつきますよ、ということです。

 

書籍ではこの「β-カロテン」についても取り上げられています。

 

シンプルにまとめると世の中で「体に良い!」ともてはやされているから、流行しているから、という理由で安易に飛びつくと、却って病気のリスクも高めてしまう場合があるから注意が必要ですよ、ということですね。

 

これは、犬の食生活を考える上でも、とても大切な姿勢だと私自身は考えています。

 

テレビで取り上げられていたから、流行っているから…。

 

そういう理由で、色々な健康情報を試してみたくなる気持はわかりますし、楽しいと感じる範囲で、そういうものにトライしてみるのは悪くありません。

 

しかしながら、時と場合によっては偏った健康情報は却って害になる場合もあるので注意が必要ですね。

 

そういう意味で、普段から

・犬の身体の仕組み

・犬の栄養学の基礎情報

を学んでおくのは大切です。

 

これらの情報はすごく地味ですが、世の中にあふれる健康情報について

 

「これは本当に、我が家の犬にとって必要で、利益があることなのか?」

 

を飼い主さんご自身で考え、判断し、犬の健康を守る上で必要な基本事項です。

 

大事な犬の健康管理のために、ぜひ犬の身体の基本情報を学んでみてくださいね。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬の手作り食、禁止事項が多すぎて重荷になっています…という方へ


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

犬の食事から健康を考える場合、

 

どういう食べ物にどのような栄養素が多く含まれ、それを健康上にどう生かすか?

 

という基礎的なことを知っていることは、犬の体調管理に役立ちます。

 

そういう基礎的なことを知った上で、犬の食事に関する様々な情報を見た場合、自分の犬に何が必要で、どういう食事法がベストか?という判断は付けやすいのですが、もしこういう

 

栄養学の基礎的な知識

 

を知らないまま、世の中にあふれる多種多様な健康情報に触れた場合、

 

「いろいろありすぎて、結局何がいいのかわからずに混乱する!」

 

という状況を招きます。

 

例えば、今回ご紹介するメールをくださったelleさんは、

 

「犬の食事について、これもダメ、あれもダメ、というダメダメ情報があまりに多くて、手作り食が重荷になっていた」

 

と感じていた方です。

 

「食材は生でなくてはだめ!」

 

「油脂も過熱してはいけない!」

 

などの非加熱を推奨する犬の食事法は多いですし、非加熱の食材には非加熱なりのメリットも、確かにあると思います。

 

一方で非加熱の食事には当然ですが「デメリット」もあります。

 

大切なのはこのメリットとデメリットをはかりにかけて、よりメリットの多い方を選択することでなおかつ、その方法が

 

「飼い主さんの負担にならない」

 

ということが、絶対条件だと私自身は考えています。

 

 

「○○でなくてはだめ!」

 

 

この一言が飼い主さんに与えるプレッシャーは大きいです。

 

 

でも、それって本当にその方法以外ではダメなのでしょうか?

以下、elleさんからのメールを、許可を得て掲載します。

 

 

————————————————————————

【 栄養学講座受講前はどんなことで悩んでいましたか? 】

犬のごはんについて色んな説があり、何がいいのかわからなくなっていた。
情報に振り回される事に疲れた。

————————————————————————

【 他にも講座があるにもかかわらず何が決めてになって、栄養学講座を受講いただきましたか? 】

諸橋さんの東洋医学やツボなどの講座を利用しており、いつもわかりやすかったから。

難しそうな栄養学も、諸橋さんの講座でわかりやすく理解出来るんじゃないかと思ったから。

————————————————————————

【 実際に受講してみていかがでしたか? 】

予想通り、わかりやすかった!

————————————————————————

【 栄養学を学んでみて良かったこと、嬉しい変化があればお書きください 】

色々食べることで必要な栄養をとれる事を知った。

手作り食でなおかつ、生食じゃないとダメ!オリーブオイルは加熱してはダメ!という事などの
色んな情報が犬の手作り食に対して重荷であったが、「このままでいいんだ~」という安心感が得られた。

————————————————————————

 

もし、今このメールをお読みの読者の方で、今回メールをくれたelleさん同様、

 

「犬の手作り食情報で、いろいろな”あれもダメ!””これもダメ!”という禁止事項に疲れ果ててしまって、もう手づくり食自体が重荷!!」

 

と感じていらっしゃる場合、一度、徹底的に犬の食事の栄養学を

 

●基礎から

 

学んでみることをお勧めします。

 

そもそも世の中には犬の食事に関する健康情報が多すぎです。

 

その情報の中を、自分自身の指針となる基礎情報や考え方を持たずに渡り歩くのはある意味、危険です。

 

場合によっては、間違った情報を実践してしまい、望んでいた結果と全然違った…ということも起こって来るかもしれません。

 

情報という大海を、航海技術も持たず、方向を示す羅針盤も、目的地への海図も持たず、ただやみくもに突き進んでいいのでしょうか?という話です。

 

もし、犬の栄養学を基礎から学ぶことに少しでも興味がある、という場合は、お手数ですが、明後日、

●2018年3月16日(金)23:59までに

下記URLをクリックしておいてください。

(この機能はメルマガをリアルタイムで購読されている方のみご利用いただけます。もし、現在「ぐり通信」を購読されていない方で、栄養学に関する情報配信を希望される場合は、こちらより新規にメルマガへご登録ください

 

クリックされた方にのみ、後日栄養学に関する情報をお届けします。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬の手作り食がワンパターンで悩んでいる方へ


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、昨日で受付を終了した

●犬のための栄養学講座:オンライン版

ですが、今期もたくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。

 

今回受講されたみなさんには、

 

「栄養とは?」

 

という部分を徹底的に学んでいただいた上で

 

「緻密な栄養計算無しでも、十分犬の体に良い食事は作れますよ!」

 

という部分を腹の底から納得していただくことが目的です。

 

栄養バランスで考え方ががんじがらめになっていると、
本来もっと気にしなくてはいけない、食事の他の要素に目が行かなくなるなど
デメリットも多いです。

 

なので、栄養について徹底的に学び、その思い込みを外すことが一つ目の目的です。

 

そして、その「思い込み」が外れたら、

 

「犬の食事メニューの組み立てや食事作りを楽しむ」

 

という2つ目の目的にぜひ進んで行っていただければと思います。

 

栄養についての基礎を理解し、犬に食べさせてはいけない食べ物などの情報も
きちんと学べば、
普通の人間向けの料理本を参考に、犬の食事もアレンジできるようになります。

 

手づくり食の悩みで良く聞かれるのが

 

「犬の食事については実はレパートリーが自分は少なくて、
 毎回マンネリ気味になってしまうので
 犬が飽きないか、心配です」

 

というのがあります。

 

あとは、これは家族の食事を一手に引き受ける食事担当の方であればわかると思いますが
マンネリ化したメニューというのは、作る側も

 

「なんだかなあ…」

 

と作ること自体に飽きてしまうケースも多いですよね。

 

私もたまに、似たようなメニューを続けて犬にも人間家族にも出してしまい
作っている自分自身が飽きてしまって嫌気がさす、ということがあるので
良くわかります。

 

では、犬の食事メニューがマンネリ化してしまい、ちょっとねえ…という場合
どのように考えて、どういう風に変えて行ったらよいのでしょうか?

 

これについて、次号よりメルマガ上でお話ししていこうと思いますので
ぜひ楽しみにしていてくださいね。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 

■追伸:

 

手づくり食を始めたばかりの頃は、本を参考に
レシピ通りにいろいろ作っていました。

 

どういう食材だったら犬に使っていいのか、等が分かりませんでしたので
本当に、おそるおそる、という感じでした(笑)

 

今では、犬に食べさせてはいけないもの以外はどんどん使いますし
レシピ本を広げて作ることは、まずありません。

 

慣れの部分が大きいですが、
我が家の犬に合わせた食材や量、調理法が長く続けていくうちに
身についてきたからです。

 

とはいえ、なにも参考にしないでは、やはりワンパターンになって
作る側も新鮮味がなく、飽きてしまいますから
私自身は、人間の料理本や料理番組を参考にすることが多いですね。

 

例えば、我が家の定番でもあるこのレシピですが…。

 

犬が「ラム肉」が好きなので、今度ラム肉を買ったらどういう食材と合わせようかな、というのは
普段からネット上で人間向けの料理レシピをチェックして、ヒントをもらうことが多いです。

 

ラム肉で検索すると、トマトと併せる煮込み料理が多くヒットします。

 

へー、どういう風に作っているんだろう、とさらに詳しく見ていくと
トマト缶とラム肉を一緒に煮込む料理が多いです。

 

赤ワインや玉ねぎなどは犬には使えませんのでそういう食材や調味料は除き、
ジャガイモとにんじんだったらいけるな、とか
セロリを加えたら良さそう、など
普段からちょくちょくそういうことを、情報収集しながら考えています。

 

それで、たまたまラム肉が手ごろな価格で売られているのを見つけたら
じゃあ今日はラムね、という感じです。

 

犬のための食事の知識は基本中の基本として大事です。

 

で、そこに「人間の料理のレシピの情報」を組み合わせる。

 

犬だから、人間だから、と区別するのではなく

 

「犬も人間も食事から栄養とエネルギーを得ているのは共通。

 

 (これは栄養学をしっかり学ぶと出てくる認識です)

 

 だったら、それぞれの身体に合わせつつ(犬は玉ねぎは使用しないなど)
 レシピや調理法などは、共通で使えるところは使ってしまおう」

 

という風に考えると、バリエーションが広がるのではないでしょうか?

 

犬の手作り食のレパートリーが少ないと悩んでいる方はぜひ、
ご自身の人間向けの食事メニューの中に何かヒントがないか?という視点で
考えてみることをお勧めします。

案外使える食材の組み合わせ、調理法が、つかえるケースもとても多いですよ。

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。